【MARVEL(マーベル)】ピーター・パーカー(スパイダーマン)の俳優、経歴、能力、出演作品の紹介

▼はじめに

今回はアメコミの大人気ヒーローである『スパイダーマン(ピーター・パーカー)』の俳優、経歴、武器、出演作品についてご紹介します!

▼キャラクター

ヒーロー名:スパイダーマン(Spider-Man)

本名:ピーター・パーカー(Peter Parker)

身長:177.8cm

体重:81.6kg

▼俳優(映画)

スパイダーマン1~3

トビー・マグワイア(42歳)

日本語吹き替え:猪野学


アメイジング・スパイダーマン1~2

アンドリュー・ガーフィールド(34歳)

日本語吹き替え:前野智昭


スパイダーマン・ホームカミング

トム・ホランド(21歳)

日本語吹き替え:榎木淳弥

▼経歴

・ニューヨークのクイーンズ出身

・幼少期に飛行機事故で両親を亡くし、叔父と叔母に育てられる

・15歳の時、核廃棄物研究所の公開展示を訪れ、そこで放射線に汚染されたクモに噛まれ、超人的な身体能力とクモ特有の能力を得る

・ピーターは自分の能力を試すために、覆面を着けて懸賞金付きのプロレス試合に参加し、有名なプロレスラーを見事に倒して、一躍テレビスターになる

・ある時、ピーターはテレビ出演後に逃走する泥棒と遭遇するが、自分に責任はないと捕まえずに見逃してしまう

・しかし、その泥棒がピーターの叔父であるベンおじさんを殺害する

・この事件をきっかけに、ベンおじさんの『大いなる力には大いなる責任が伴う』という言葉を心に刻み、スパイダーマンとしてヒーロー活動を始める

・現在はパーカーインダストリーズの代表とスパイダーマンとしてのヒーロー活動で忙しい日々を送っている

泥棒を見逃すピーター(スパイダーマン)

▼豆知識

・飛行機事故で亡くなったピーターの両親はS.H.I.E.L.D.の諜報員だった

・一時期、実写版スパイダーマン2でヴィランとして登場する「ドクター・オクトパス」とメイおばさんが婚約していた

・能力を消すために自らの肉体に薬品を投与し、しかし失敗して6本腕になったことがある

・ピーターの最初の恋人である「ベティ・ブラント」は、タブロイド紙を発行する新聞社デイリービューグルの秘書である

・ファンタスティックフォーのメンバーである「ヒューマン・トーチ(ジョニー・ストーム)」とは、同じ高校に通っていた時期もあって仲が良い

ヒューマン・トーチとピーター(スパイダーマン)

▼能力

・あらゆる物体の表面に張りつくことができる

・超人的な腕力、スピード、反射神経を持つ

・危険を察知する“スパイダーセンス”を持つ

・手首のウェブシューターから強力なクモの糸を発射する

天井に張り付くスパイダーマン

▼出演作品

スパイダーマン(2002年)

スパイダーマン2(2004年)

スパイダーマン3(2007年)

アメイジングスパイダーマン(2012年)

アメイジングスパイダーマン2(2014年)

スパイダーマン・ホームカミング(2017年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です