【MARVEL(マーベル)】グリーンゴブリンの俳優、経歴、武器、出演作品の紹介

▼はじめに

今回はスパイダーマンにヴィランとして登場する『グリーンゴブリン』の俳優、経歴、武器、出演作品についてご紹介します!

▼キャラクター

ヴィラン名:グリーンゴブリン(Green Goblin)

本名:ノーマン・オズボーン(初代)、ハリー・オズボーン(二代目)

▼俳優(映画)

スパイダーマン(2002年公開)

ウィレム・デフォー(62歳)

日本語吹き替え:山路和弘


アメイジング・スパイダーマン2(2014年公開)

デイン・デハーン(31歳)

日本語吹き替え:石田彰

▼経歴

・グリーンゴブリンこと「ノーマン・オズボーン」は巨大軍需企業オズコープの社長である

・ビジネスパートナーであったシュトロム教授を窃盗の罪を着せて、会社を完全に自分のものにする

・ノーマンはシュトロム教授が残した肉体を強化させる血清のメモを発見し、ゴブリンフォーミュラという薬を作り出す

・しかし、ゴブリンフォーミュラは研究の途中で爆発し、巻き込まれたノーマンは強力な肉体を得るが、副作用で正気を失ってしまう

・ノーマンは手に入れた力で最強の犯罪者になれると考え、自ら開発したコスチュームと装備を身に着けてグリーンゴブリンとなる

・そして、犯罪者に恐れられているスパイダーマンを倒せば尊敬を得られると考え、幾度も戦いを挑む

・ある日、スパイダーマンの正体が息子ハリーの親友である「ピーター・パーカー」だと知ると、彼の恋人であったグウェンを誘拐し、橋から突き落として殺害する

・これに激怒したスパイダーマンとの戦いの果てに、自身のグライダーに貫かれて死亡する

・実は血清によって生き残っており、再びスパイダーマン達の前に立ちはだかる

自分のグライダーに貫かれるグリーンゴブリン(ノーマン)

 

▼豆知識

・グリーンゴブリンは4代目まで存在する

・一時期、S.H.I.E.L.D.の長官になって組織をH.A.M.M.E.R.に改変し、驚異的な権力を持ち、ヒーロー達を追い詰めたことがある

▼武器

グライダー

 

空中を自在に移動でき、武器としてマシンガンを装備している

パンプキンボム

かぼちゃの形をした手榴弾

レイザーバット

こうもりの形をした手裏剣

▼出演作品

スパイダーマン(2002年)

アメイジング・スパイダーマン2(2014年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です