【MARVEL(マーベル)】メリー・ジェーン・ワトソンの女優、経歴、出演作品の紹介

▼はじめに

今回はスパイダーマンに登場するヒロイン『メリー・ジェーン・ワトソン』の女優、経歴、出演作品についてご紹介します!

▼基本情報

本名:メリー・ジェーン・ワトソン(Mary Jane Watson)

▼メリー・ジェーン・ワトソンの女優(映画)

キルスティン・ダンスト(35歳)

日本語吹き替え:岡寛恵

▼メリー・ジェーン・ワトソンの経歴

・メリージェーンの親戚のおばさんが「ピーター・パーカー(スパイダーマン)」の叔母さんであるメイおばさんと友人であったため、交流を持つようになる

・ピーターと出会った当時は友人関係であり、メリージェーンは「ハリー・オズボーン」、ピーターは「グウェン・ステーシー」と付き合っていた

・グリーンゴブリン(ノーマン・オズボーン)との戦いでグウェンが亡くなり、それをきっかけにピーターとの関係が深まり、反対に父ノーマンの死で不安定な状態であったハリーとは疎遠になる

・そして、正式にピーターの恋人となり、プロポーズされて、二人は結婚する

・しかし、シビルウォーでピーターの正体が世間にばれ、敵に襲われてメイおばさんが重傷を負ってしまう

・メイおばさんを救うために、悪魔メイフィストと契約し、ピーターとの結婚が無かったことになってしまう

・現在は「トニー・スターク(アイアンマン)」の個人秘書として働いており、ピーターとは恋人同士に戻っている

トニースターク(アイアンマン)の秘書をしているメリージェーン

▼豆知識

・ピーターの子供を妊娠するが、流産してしまう

・別の世界線では子供が生きており、成長した後にスパイダーガールになる

・グラビアモデルだったため、ストーカーに拉致されたことがある

・ピーターが危険に晒されることに耐えきれず、一時期は別居していたことがある

ピーターとメリージェーンの子供(女の子)

▼メリー・ジェーン・ワトソンの出演作品

スパイダーマン(2002年)

スパイダーマン2(2004年)

スパイダーマン3(2007年)

コメントを残す