『ゆるキャン△』登場人物・キャラクターのまとめ

あfろが原作を務め、『まんがタイムきららフォワード』にて2015年7月号から2019年4月号まで連載され、同年3月29日より漫画配信サイト『COMIC FUZ』に移籍して連載中の大人気漫画『ゆるキャン△』。

2021年1月時点でコミック最新11巻まで発売されており、シリーズ累計450万部を突破しています!

さらに、2018年1月にはTVアニメ『ゆるキャン△』が放送され、2021年1月からはファン待望のTVアニメ第2期が放送スタートしました!

今回は、そんな大人気作品『ゆるキャン△』の登場人物(キャラクター)についてまとめてみました!



▼登場人物・キャラクター

各務原なでしこ(かがみはら なでしこ)

CV.花守ゆみり

本作の主人公のひとり。高校1年生。無邪気で活発な明るい性格。富士山が好きで、怪談と夜道が苦手。静岡県から山梨に引っ越してきた転校生。家族は両親と美人な姉がいる。

引っ越してきた当日、自転車で富士山を見に行くが曇っていたために見れず、疲れてベンチで寝てしまい、夜になって帰れなくなったところでキャンプに来ていたリンと出会う。

リンに助けられ、二人でキャンプしながら一夜を過ごしたたことをきっかけに、キャンプに興味を持つようになった。そして、野外活動サークルに入部し、本格的にキャンプを始める。

千明とあおいとキャンプをした次の週にリンとキャンプをするなど、とてつもない体力の持ち主。千明いわく『ストロングスタイル』らしい。キャンプでは、鍋料理が得意で恵那からは『鍋しこちゃん』と呼ばれるほど。

こんなにも体力があるのは、中学生の頃、父親の影響で食べてばかりで太っていて、夏休みに食べてばかりしていたら桜が怒り、浜名湖の周りを自転車で走らせダイエットさせたおかげ。

アルバイトは年末年始の年賀状の配達や、桜の紹介で決まった身延駅周辺の蕎麦屋で働いている。ちなみに、稼いだお金でキャンドルランプと桜に送るハンディカイロを買っている。

リンの影響でソロキャンプに挑戦した際には、心配からリンと桜がこっそり見に来ていたが、本人は気付いていなかった。

志摩リン(しま りん)

CV.東山奈央

本作のもうひとりの主人公。高校1年生。なでしこに初めてあった時、小学生に見られるぐらい身長が低い。各務原なでしこを『なでしこ』と呼んでいる。

祖父からキャンプ道具を貰ったことをきっかけにキャンプを始めた。キャンプ経験は豊富で、一人で静かに過ごすソロキャンプに魅力を感じている。主に閑散とした冬キャンプをし、複数でのキャンプ経験がない。

学校で図書委員しており、キャンプ先で本を読むほど読書好き。アルバイトも『武田
書店』で働いている。犬が好き。

暗くなり帰れなくなったなでしこを助け、一緒にキャンプするようになる。なでしことの出会いをきっかけにラーメン以上の本格的なキャンプ飯にも手を出すようになり、運転免許を取得したばかりの原付のヤマハ・ビーノーで県境を越えた一人旅にも挑戦するようになる。

千明に『しまりん』というあだ名でゆるキャラのように呼ばれている。なでしこや千明から野外活動サークルのメンバーに誘われているが、リン曰く「ノリが苦手」で断っている。

なでしこと出会って初めて、誰かとのキャンプを経験し、その後もクリスマスキャンプをきっかけに、距離を置いていた野外活動サークルのメンバーと次第に埋まれつつある。

一人での静かな時間を好むが、友達想いでもあり、なでしこがソロキャンプに挑戦した際には、心配でこっそり見守っていた。

犬山あおい(いぬやま あおい)

CV.豊崎愛生

野外活動サークルの一員で、千明と二人で野クルを立ち上げた。高校一年生。太眉と八重歯、のんびりとした関西風の口調が特徴。千明に『イヌ子』と呼ばれている。見た目そっくりな妹がいる。

猪突猛進な野クルメンバーの中で、肝心な時に皆を気遣う影のリーダー的存在。一方で、彼女自身が謎のホラを吹いて周りを混乱させることもあり、嘘を言っているときは、目が泳ぐ。

野外活動サークルの活動資金を稼ぐために、スーパーマーケット『ゼブラ』でレジ打ちのバイトをしている。ちなみに、スーパーマーケットの隣の酒屋では、千明がアルバイトしている。

大垣千明(おおがき ちあき)

CV.原紗友里

野外活動サークルの一員で、あおいと二人で野クルを立ち上げた。高校一年生。明るく快活な性格で行動力も抜群。一方で、涙もろく人情味あふれる一面もある。眼鏡にロングヘアのツインテールが特徴。

幼少期に家族でキャンプで楽しんだのをきっかけに、高校生になってから友達と一緒にキャンプをするため、あおいと共に野外活動サークルを作った。

実際には、なでしこが野外活動サークルに入部してから本格的にキャンプを始めた。野クルの活動資金を稼ぐため、酒屋でアルバイトしている。

稼いだお金で高価な道具を買おうとしたら鼻血が出たことがあるり、安価な道具や廃材をキャンプで使用できるか試行錯誤をあおいやなでしこと挑戦している。

サークルから部に昇格すると広い部室がもらえるため、リンや恵那を野外活動サークルに誘っている。

当初、リンからは苦手意識を持たれていたが、物語が進むと同時にリンとの距離は縮まりつあり、リンがソロキャンプを好むことも理解したうえで無理強いしないようにするようになった。

斉藤恵那(さいとう えな)

CV.高橋李依

リンの学校の友達。帰宅部。高校一年生。マイペースな自由人だが、さりげない気配りもでき、コミュ力が高い。休日の朝は遅く起きて、寒いのが苦手。『ちくわ』という名前のチワワを飼っている。

野クルの部員ではないが、野クルと参加したキャンプを経て、キャンプ欲が高まっている。自宅からキャンプ先のリンとメッセージを交わすことが多い。

人付き合いが苦手なリンにさりげないアドバイスをすることもあり、リンからは「お節介焼き」と言われている。

クリスマスキャンプで千明に野クルに誘われるが、帰宅部はやめられないと断っている。伊豆キャンプの後、千明の依頼でヘアカットとちくわ用のドックテントを披露した。

アルバイトは年末年始の年賀状の仕分け作業や、なでしこの家の近所のコンビニエンスストアで働いている。ちなみに、アルバイトで稼いだお金は犬のキャンプ用品に使っている。

土岐綾乃(とき あやの)

CV.黒沢ともよ

なでしこの幼馴染。浜松に在住している高校1年生。なでしこが引っ越した後も交流は続いており、なでしこからは『あやちゃん』と呼ばれている。やや気だるげな感じで話すのが特徴。アルバイトはコンビニで働いている。

年始になでしこの祖母の家でリンと出会い、原付で山梨県に遊びに行くという約束して別れ、後に3人は大井川でキャンプをしている。

リンと二人で原付のツーリングに同行するが、リンのように原付の長旅に慣れておらず、満身創痍で原付から降りた途端に転倒している。愛車はホンダのエイプ風の原付きに乗っている。

鳥羽美波(とば みなみ)

CV.伊藤静

野外活動サークルの顧問。本栖高校に赴任してきた新任の美人教師。担当教科は歴史。通称「鳥羽先生」。優しそうな印象を持たれているが、大の酒好きで酒癖が悪い。

千明がアルバイトしている酒屋で毎日缶ビール6本セットを購入する常連客でもあり、店員から陰で『グビ姉』というあだ名をつけられている。

妹と共にアウトドアを嗜んでおり、妹とキャンプをしていた際に、リンやなでしこと知り合いになる。泥酔している時と学校にいる時のギャップになかなか気づかれなかったが、野クルの顧問を引き受けた際に気づかれる。

当初、部活の顧問をすることを『時間がとられる』という理由で消極的だったが、現在は受け入れ、野クルのキャンプや初詣に同行している。キャンプに関する知識もあり、顧問として時に厳しく指導している。愛車はSUVタイプの軽自動車。

クリスマスキャンプに同行した時に、リンとなでしこに妹が彼氏だと思われていたことを知る。

各務原桜(かがみはら さくら)

CV.井上麻里奈

なでしこの姉。大学生。美人ではあるものの気怠そうにしているせいか、表情がわかりにくい。面倒見がよく、なでしこをキャンプ地まで送迎したり、車中泊に付き合っている。

ちょっと抜けたところがあるなでしこを、姉として叱ることもあるが、基本的には優しい気持ちで見守っている。

ちなみに、なでしこがソロキャンプに挑戦した際には、心配でこっそり見守っていた。また、アルバイトが見つからず、困っていたなでしこに蕎麦屋を紹介している。

車での一人旅が好きで一ヶ月に一回は行くもよう。『原付の旅』のDVDを全巻持っている。愛車は日産ラシーン風の車に乗っている。

犬山あかり(いぬやま あかり)

CV.松田利冴

あおいの妹。あおいを幼くしたような見た目で、同じように関西なまりで話す。相応の無邪気さもあるが、謎のホラを吹いて周りを困らせるのはしっかり姉譲りで、あおいと同じで嘘を言っているときには目が泳ぐ。

千明からは『チビ犬子』と呼ばれており、遠慮せずに話したりじゃれ合ったりする親しい仲。

野外活動サークルの伊豆キャンプにカピバラ温泉が見たくて同行した。

各務原静花(かがみはら しずか)

CV.山本希望

なでしこと桜の母親。眼鏡をかけて、穏やかな性格。なでしこのお見舞いに来た千明のつくるほうとうを家族4人で食べる。コンビニエンスストアでアルバイトしている恵那にリンと桜がなでしこのソロキャンプが心配でこっそり見に来ていたことを教えた。

各務原修一郎(かがみはら しゅういちろう)

CV.大畑伸太郎

なでしこと桜の父親。会社員。口ひげを生やし、食べるのが好きで太っている。年始に静岡県浜松市に来たリンにいつもなでしこが世話になっているからと言って、鰻を奢るためになでしこにお金を持たす。

志摩咲(しま さき)

CV.水橋かおり

リンの母親。リンと顔はそっくりで、髪はウェーブのセミロング。リンが原付でソロキャンプに行くのを心配していたが、最近は慣れてきてお土産を頼むようになった。リンの祖父には、娘としてはもう少し落ち着いてほしいと語っている。昔はバイクに乗り、リンの祖父と父親の三人でツーリングに行っていたことがある。

志摩渉(しま わたる)

CV.櫻井孝宏

リンの父親。眼鏡をかけて優しい性格。職場まで原付で通勤している。リンの原付の点検作業のために代車として三輪バイクをレンタルを手配したり、原付でのルートについてアドバイスしている。伊豆キャンプ前日に仕事から帰宅した直後に原付の部品を取り付けるのを手伝う。

リンの祖父

CV.大塚明夫

リンの祖父。とてもダンディなおじいちゃん。全国各地をバイクで旅しながらキャンプをしている生粋のキャンパー。

リンが中学生の時に、以前使っていたキャンプ道具を彼女に譲り、リンがキャンプを始めるきっかけとなった。

声を演じている大塚明夫は、アニメでナレーションも担当しており、キャンプ道具の使い方について詳しく解説している。

ちくわ

CV.原紗友里

恵那が飼っているチワワ。ササミソーセジが好物。クリスマスキャンプでは恵那と一緒に来て、楽しい時間を過ごした。しかし、チワワは寒さに厳しいため、夜には帰宅した。