『デッドプール2』のあらすじ、登場人物、感想、ネタバレまとめ!

本日、6月1日公開の『デッドプール2』をさっそく観て来ました!

前回以上にふざけまくってましたねw

笑い過ぎてちょっとお腹痛いですw

今回は、『デッドプール2』のあらすじ、登場人物、感想、ネタバレをまとめてみましたので、まだ観てない人は必読ですよ!

※ネタバレを含みますので、ご注意ください。

▼デッドプール2のあらすじ

前作から2年の時が経ち。次々と悪党を成敗するヒーロー活動を続けながら、恋人ヴァネッサと幸せな日々を送っていたデッドプールことウェイド。

そんなある日、敵との戦いに巻き込まれ、ヴァネッサが亡くなってしまい、自暴自棄になったウェイドは自殺を図るが失敗し、X-MENのメンバーで友人でもあるコロッサスによってX-MEN本部『恵まれし子らの学園』で保護される。

コロッサスの誘いでX-MENの見習いになったウェイドは、孤児のため施設で育てられたミュータントの少年ラッセルと出会う。

そして、ラッセルは未来からやってきた謎の男ケーブルに命を狙われる。ウェイドはケーブルからラッセルを守るため、特殊能力を持つメンバーを集めて、『Xフォース』を結成する。

▼デッドプール2の登場人物

デッドプール/ウェイド・ウィルソン

本作の主人公。元特殊部隊の隊員で、人体実験によって不死身に近い再生能力を得たアンチヒーロー。ヒーローとして活動しながら、恋人のヴァネッサとラブラブな生活を送っている。

ケーブル

未来からやってきたサイボーグの戦士。未来で殺人鬼となるミュータントの少年ラッセルを抹殺するため、タイムトラベルしてきた。

ドミノ

特殊能力を持つメンバーを集めたチーム『Xフォース』のメンバーとなる女性。「運が良い」という能力を持っている。

ヴァネッサ

ウェイドの恋人。

ラッセル・コリンズ/ファイアーフィスト

ミュータントの児童養護施設で育った少年。施設では理事長や職員から虐待を受けており、強い恨みを抱いている。

コロッサス

『X-MEN』のメンバーで、鋼鉄の身体と怪力の能力を持つミュータント。ウェイドの友人でもある。

ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド

『X-MEN』のメンバーで、原子力エネルギーを放出する能力を持つミュータント。レズビアンでユキオとは恋人同士。

ユキオ

『X-MEN』のメンバーで、帯電能力を持つミュータント。ネガソニックとは恋人同士。

ジャガーノート

最強クラスのヴィラン。驚異的な怪力と防御力の持ち主で、その突進は誰にも止められない程の破壊力を誇る。

ウィーゼル

傭兵が仕事を求めてやってくる酒場の店主。ウェイドの親友。

ドーピンダー

デッドプールのサイドキック(助手)を自称するインド系のタクシードライバー。

ブラインド・アル

ウェイドの元ルームメイトであった盲目のお婆さん。

▼デッドプール2の感想、ネタバレ

(1)X-MENシリーズとの関係が深い!

前作以上にX-MENネタが豊富でした(笑)

私はX-MENシリーズを観ているので、驚きや面白さを感じましたが、観たことがない人はさっぱり分からないと思います。

ウルヴァリンの死、セレブロ、プロフェッサーの車椅子、X-ジェット、ジャガーノートのヘルメットなど、X-MENネタがたくさん散りばめられていました!

(2)エロシーンがない…

前作に引き続きR15の指定があったので、ちょっとはエロシーンがあるのかと思いきや!

…まったく無かったです。

単純に人がたくさん死んでグロいシーンが多いから、R15指定なんですね。はい。

(3)ケーブルとの戦闘は必見!

4月に公開された『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』での最強最悪の敵サノス役で知られる「ジョシュ・ブローリン」。

『デットプール2』ではケーブルという未来からきた戦士の役で、ド派手なアクション戦闘シーンを繰り広げます!

特にデットプールとの戦闘では未来のハイテク技術を用いた戦い方が観れるので必見です!

 

まだ観ていない方はぜひ観てください!

コメントを残す