【MARVEL(マーベル)】ホークアイの俳優、経歴、武器(弓矢)、登場作品の紹介

今回はアベンジャーズのメンバーである『ホークアイ』の俳優、経歴、武器(弓矢)、登場作品についてご紹介します!



▼基本情報

ヒーロー名:ホークアイ(Hawkeye)

本名:クリント・バートン(Clint Barton)

身長:182.8cm、体重:83.9kg

家族:妻ローラ・バートン、娘リラ・バートン、長男クーパー・バートン、次男ナサニエル・バートン

▼ホークアイの俳優(映画)

ジェレミー・レナー(46歳)

日本語吹き替え:宮迫博之

▼ホークアイの経歴(原作)

・アメリカのアイオワ州で生まれる

・幼くして両親を亡くし、孤児院で育つ

・孤児院を抜け出し、サーカス団に入る

・サーカス団で弓の達人になるために鍛えられる

・アイアンマンの活動がきっかけでヒーローを志す

・ヒーローとして最初の活動で泥棒に間違いられ、逃走中にソ連のスパイであったブラックウィドウと出会い、恋に落ちる

・アイアンマンのテクノロジーを盗もうとするブラックウィドウに協力し、逃走中にブラックウィドウが行方不明になる

・その後、アベンジャーズに協力して信頼を得て、メンバーの一員になる

▼豆知識

・コミックでは始めヴィランとして登場

・超人化や身体強化をしていないヒーロー

▼ホークアイの経歴(映画)

・映画『アベンジャーズ』にてS.H.I.E.L.Dのエージェントとして登場する

・ロキのセプターによって心を操られ、アベンジャーズに敵対する

・ブラックウィドウのおかげで洗脳を解き、アベンジャーズの一員として活動を始める

・映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』にて、実は結婚しており、子供がいることが判明する

・映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』では、ソコヴィア協定への署名を拒否したキャプテンアメリカに協力したことで、逮捕されて刑務所に収監される

・映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』にて、インフィニティストーンを全て揃えたサノスの指パッチンによって家族を失ったことが判明する

・そのショックから、アベンジャーズの活動から離れ、暗殺者として活動を始める

・家族を取り戻すため、アベンジャーズに戻り、ブラックウィドウと共に過去の惑星ヴォーミアにタイムトラベルする

・インフィニティストーンを全て揃えたアベンジャーズは消えた人々を生き返らせ、ホークアイも家族を取り戻す

▼ホークアイの武器(矢)

※弓矢は様々なトリックアロー(仕掛け付きの矢)を利用している。

▼ホークアイの出演作品

『アベンジャーズ』(2012年公開)

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年公開)

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年公開)

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年公開)



コメントを残す