【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン3のあらすじ、相関図のまとめ

ゲーム・オブ・スローンズ

第三章『戦乱の嵐 ー前編ー』

▼ゲームオブスローンズとは

架空の大陸ウェスタロスと七王国を舞台に、複数の名家が繰り広げる壮絶な覇権争いと人間ドラマを映画並みのスケールで描いた作品です!

米国では、テレビ版のアカデミー賞と言われるエミー賞や長い歴史を持つゴールデングローブ賞を受賞しています!

⇒シーズン1のあらすじはこちら!

⇒シーズン2のあらすじはこちら!

▼シーズン3のあらすじ

第1話「新たな時代」(Valar Dohaeris)

▼第1話のあらすじ

スタニス軍の侵攻を乗り切った報酬として、ティリオンは父タイウィンにキャスタリーロック城の後継者となる権利を要求するが、冷たく断られてしまう。

“壁”の北側でホワイトウォーカーに襲われたナイツウォッチの遠征隊は、諸国に警告を知らせるため”壁”に戻ることを決める。

一方、野人の集落に連行され、野人の王”マンス・レイダー”と対峙したジョンは、ホワイトウォーカーと戦うために、ナイツウォッチを裏切って仲間に入りたいと伝える。

その頃、ナロー・シーの向こう側では、軍隊を築くため奴隷市場のある街に赴いたデナーリスが何者かに襲われ、窮地のところを思わぬ人物に助けられる。


第2話「三つ目の鴉」(Dark Wings, Dark Words)

▼第2話のあらすじ

“壁”に向かっていたブラン達の元に夢に出てきた青年ジョジェンが現れ、彼に特殊な能力があることを告げる。

一方、ウィンターフェルを乗っ取ったシオンは見知らぬ城に幽閉され拷問を受ける。

サンサはマージェリーとその祖母オレナにお茶会に誘われる。そして、ジョフリーの真実の姿について聞かれ、つい本音を漏らしてしまう。

ハレンの巨城を抜け出したアリア達は北に向かう途中で“旗印なき兄弟団(ブラザーフッド)”と遭遇する。

ブライエニーと旅を続けるジェイミーは、王都に向かう道中でスターク家の旗手であるボルトン家の部下に見つかってしまう。


第3話「処罰の道」(Walk of Punishment)

▼第3話のあらすじ

祖父ホスターの葬儀のために、ロブがリヴァーラン城を訪れていた頃、王都ではタイウィンがベイリッシュ公に高巣城へ赴きライサ・アリンを抱き込むよう命じる。

そして、ベイリッシュ公に代わり大蔵大臣に任命されたティリオンは、帳簿を見て王家が多額の借金を抱えていることを知る。

一方、アスタポアの“処罰の道”で奴隷が非道な扱いを受けているのを目の当たりにしたデナーリスは、ドラゴン1頭と引き換えに”穢れなき軍団(アンサリード)”8000人をすべて買うと申し出る。

ボルトン家の部下に捕まったジェイミーは、乱暴されながら犯されそうになっているブライエニーを得意の方便で彼女を助けようとして、大きな代償を支払うことになる。


第4話「穢れなき軍団」(And Now His Watch Is Ended)

▼第4話のあらすじ

ブライエニーを助けようとして利き手を失ったジェイミーは、生きる気力を失いかけていた。

王都では、マージェリーが息子ジョフリーを巧く操っていることにサーセイが危機感を覚え、自分をラニスター家の後継者にするよう父タイウィンに懇願するが、冷たく断られてしまう。

シオンがボルトン家の落とし子ラムジーに壮絶な拷問をされていた頃、”壁”の北側ではクラスターの家に滞在していたナイツウォッチの一部メンバーが反乱を起こす。

ジョラーとサーバリスタンがドラゴンを引き換えに”穢れなき軍団”を手にすることに心配する中、デナーリスによる奴隷解放が始まる。


第5話「炎の口づけ」(Kissed by Fire)

▼第5話のあらすじ

親族にあたるカースターク公を反逆罪で処刑し、多くの味方を失ったロブは、ラニスター家の拠点であるキャスタリーロック城を攻めることを思いつき、中立を保っているフレイ家に協力を求めることに決める。

王都では、タイレル家がロラスとサンサを結婚させ、北部との繋がりを作ろうとしていることを知ったタイウィンが、先手を打ってティリオンがサンサと結婚し、サーセイがロラスと結婚することを命じる。

“壁”の北側では、野人たちの信頼を得るため、ジョンはナイツウォッチの誓いを破り、イグリットと結ばれる。


第6話「登壁」(The Climb)

▼第6話のあらすじ

フレイ家を味方につけようとするロブだったが、ウォルダー・フレイはかつてフレイ家の娘との婚約を破棄した彼に対し、正式な謝罪と彼の叔父エドミュア・タリーを娘の一人と結婚することを条件に突きつける。

王都では、ロラスと結婚できると考えていたサンサは、ティリオンと結婚させられることになったと知り、ショックを受ける。

ブラザーフッドと共に行動していたアリア達は森の中でメリサンドルと遭遇し、ロバート王の落とし子であるジェンドリーを金と引き換えに差し出す。

一方、”壁”の北側ではジョンと野人たちがワイヤーとピッケルを用いて決死の覚悟で“壁”越えを試みていた。


第7話「女剣士と熊」(The Bear and the Maiden Fair)

▼第7話のあらすじ

王都では、サンサとの結婚が決まったティリオンがシェイの気持ちを察し、胸を痛めていた。

そして、ジョフリーは自分が何も知らされず、タイウィンの独断で国の重要事項を決められていることに不満を抱く。

ジェンドリーを連れ王都に到着したメリサンドルは、彼に実の父親は故ロバート王だと告げる。

リヴァーラン城を目指すアリアは、ジェンドリーを差し出したブラザーフッドのもとから逃げ出すが、城まであと少しのところでハウンドに見つかってしまう。

ボルトン公と取引し、ブライエニーを残して王都へ向けて出発したジェイミーだが、責任を感じてハレンの巨城に引き返す。

一方、ナロー・シーの向こう側では、デナーリスが”穢れなき軍団”を率いて、道中の街ユンカイでも奴隷解放を行おうとしていた。


第8話「次子‐セカンド・サンズ‐」(Second Sons)

▼第8話のあらすじ

ナロー・シーの向こう側では、ユンカイの街が雇った“次子(セカンド・サンズ)”と呼ばれる傭兵軍団を指揮する3人の男達にデナーリスが出会う。

紅の女祭司メリサンドルは、王の血が持つ力を信じないダヴォスの前でジェンドリーの体にヒルを置いて血を吸わせ、その力を証明してみせる。

その頃、王都ではティリオンとサンサの結婚式が盛大に執り行われていた。ジョフリーは叔父ティリオンに嫌がらせをするため、二人に”床入りの儀”を行うよう命令する。

一方、”壁”の向こう側では、小屋にたどり着いたサムとジリの前にホワイトウォーカーが現れる。


第9話「キャスタミアの雨」(The Rains of Castamere)

▼第9話のあらすじ

ナロー・シーの向こう側では、”セカンド・サンズ”を裏切ったダーリオ・ナハリスの作戦により、ユンカイの街を陥落させることに成功する。

“壁”に向かっている道中のブラン達は、雷に怯えて大声を出し始めたホーダーを落ち着かせるために、ブランを彼の意識の中に入り込ませて、静かにさせることに成功する。

そして、ブランは自分の“狼潜り(ウォーグ)”の能力を使い、未だにナイツウォッチであることを見抜かれて野人と戦っていたジョンのピンチを救う。

一方、アリアとハウンドが双子城に着くと、城の中ではエドミュアとウォルダーの娘ロズリンの結婚を祝う宴の真っ最中だった。

そして、宴の途中でラニスター家の歌の演奏が始まったことにキャトリンが不審に思ったとき、スターク家にとって最悪の事態が始まる。


第10話「次なる戦いへ」(Mhysa)

▼第10話のあらすじ

ハウンドと共に双子城に到着したアリアは、兄ロブや母キャトリンの変わり果てた姿を目にし、そのまま城を後にする。

王都にロブの死の知らせが届くとジョフリーは歓喜し、自分の婚礼でサンサの前にロブの首を出そうと言い出し、ますます手がつけられなくなる。

ドラゴンストーン城では、ロブの死が血の魔術によるものだと信じるスタニスにこれ以上、邪悪なことさせないためにダヴォスはジェンドリーを逃がす。

そして、ジェイミーはついに王都へ帰還し、サーセイとの再会を果たす。

一方、ナロー・シーの向こう側、奴隷の解放が成されたユンカイの街では、デナーリスに解放された元奴隷たちが彼女を“ミサ(母)”と呼び、歓喜して担ぎ上げていた。


▼シーズン3の放送期間

2013年3月31日~2013年6月9日

▼各家の相関図

スターク家の家系図

スターク家の相関図

ラニスター家の相関図

バラシオン家の相関図

ターガリエン家の相関図

タイレル家の相関図

グレイジョイ家の相関図

ボルトン家の相関図

アリン家の相関図

タリー家の相関図

フレイ家の相関図

マーテル家の相関図

【ゲーム・オブ・スローンズ】各家の家紋、標語のまとめ

▼ゲーム・オブ・スローンズの地図

全体の地図

ウェスタロス大陸

狭い海(ナロー・シー)の向こう側

⇒ゲーム・オブ・スローンズのキャスト(俳優&女優)のまとめ