アニメ『ゴブリンスレイヤー』第2話のあらすじ、感想、ネタバレまとめ

蝸牛くも原作、シリーズ累計200万部を突破した大人気ライトノベルをアニメ化した作品『ゴブリンスレイヤー

2018年10月6日よりTVアニメの放送が開始しました!

今回はそんなアニメ『ゴブリンスレイヤー』第2話のあらすじ、感想、ネタバレについてまとめてみました!

⇒第3話のあらすじはこちら!

⇒登場人物のまとめはこちら!




▼第2話のあらすじ

第2話「小鬼を殺すもの」

鎧を着た銀等級の冒険者ゴブリンスレイヤー。手段も選ばず、ただひたすらにゴブリンのみを退治し続けている彼は、辺境の街のギルドを利用する冒険者の多くから敬遠されていた。

ゴブリンスレイヤーに助けられて以来、一緒にゴブリン退治をしている女神官は、彼と行動を共にしていくうちに、ゴブリンスレイヤーの持つ信念や悩みを徐々に理解していく。

▼第2話の感想、ネタバレ

 

ゴブリンは殲滅させなければならない。この考え方は賛否両論あるでしょうね。ゴブリンに大切な人を奪われたのなら賛成するでしょうし、ゴブリンに危害を加えられた経験がないなら否定するでしょう。個人的には殲滅に賛同はするけれど、その責任は負いたくありません。戦うなら知らない遠い場所で、勝手に戦ってくれと思います。ゴブリンを殲滅するなんて言われたら否定します。止めます。だからこそ、何も言わず何も知らせず淡々と実行してほしい。そういう意味ではゴブリンスレイヤーは自分の行動は正義ではないとわきまえていますね。

-20代 女性-

 

ゴブリンスレイヤーと共にゴブリンを殺す事になった女神官でしたが、ゴブリンスレイヤーのゴブリンの殺し方がどんどん過激になっていくので少し怖かったです。後半にゴブリンスレイヤーの過去がわかって、だからゴブリンのみを狙って倒すのかと思いました。最終的にどういう終わり方になるのか気になる話でした。他のアニメのゴブリンは可愛らしいキャラデザのものもあるのですが、このアニメのゴブリンは非常に残虐で恐ろしいので毎回恐怖しています。

-30代 女性-

 

ゴブリンスレイヤーと牛飼娘の過去、そして現在の彼らの普段の生活が分かる第2話でしたね。銀等級なれど相手がゴブリンの低ランクの仕事しかしない為に周囲の冒険者からは蔑まれ敬遠されている彼ですが、ギルド職員の中には彼の仕事ぶりを評価してくれる人もいてくれて救われる思いでした。牛飼娘の親戚曰く「たがが外れている」彼ですが、だからこそ帰りを待っていてくれる牛飼い娘の存在が支えになっているのではと思います。

-30代 女性-

 

1話と比較すると日常回といっても良いような話。それでいてゴブリンスレイヤーの原点ともいうべき回想や語りの部分があったので、バックボーンがわかったことによって今後の物語をより楽しめそうだと思いました。また、元ネタのキャラクターのAAを知っていると、なんとなくそのキャラクターに近いデザインになっているのがわかって面白かったです。最後に出てきたエルフが可愛かったので3話も楽しみです。

-30代 女性-

 

第2話では主人公のゴブリンスレイヤーが現在寝泊まりしている牧場を中心に描かれていてのどかさを感じました。また、ゴブリンスレイヤーの過去も明らかになって物語が一層味わい深くなります。ゴブリンスレイヤーがゴブリンを殺すシーンは、大迫力で興奮が止まりませんでした。また、ゴブリンスレイヤーの幼馴染の牛飼娘やパーティーメンバーの女神官など、みんな可愛い。

-女性-

 

1話で登場した女神官とゴブリンスレイヤーがペアを組み、ゴブリン退治に挑む第2話です。なぜゴブリンスレイヤーがゴブリンを専門に狩り続けるのか、その理由がほのかにモノローグで語られます。こういう理由はもっと後半に明かされることが多いので、展開を急いでいるのかな、と感じました。容赦なくゴブリンを狩るスレイヤーと祈りをささげる女神官の姿が印象的です。

-女性-

 

ゴブリンスレイヤーの過去が少しだけ見えて面白かった。幼馴染の牛飼娘の家に居るけど、何か事情が有るようで生きていくのは大変な世界なんだって事が分かります。冒険者達も色々な人がいるけど、ゴブリンスレイヤーの確固たる信念がカッコイイです。そして、女神官とパーティーを組んでゴブリンを確実に仕留めていくのもカッコイイ。女神官さんは色々不満を言うけど、ちゃんと言うことを聞いて勉強している姿が健気で強くなる事を期待します。

-女性-

 

1話目が衝撃展開だったこともあり、2話はややスローダウンした印象。一番の見どころは、ゴブリンスレイヤーが披露したゴブリンの習性とそれをいかしたゴブリン退治。狩人が獲物を狩るような雰囲気。知的かつ戦略的であり、魔法の力やパワーアップでごり押しするそこらのアニメとは一線をかす内容でした。ゴブリンスレイヤーの過去の一端が明らかになりましたが、その話は予想の範疇。1話で攻めた分、ここは手堅く来たなと感じました。

-20代 男性-

 

牧場の回りにゴブリンの足跡が無いかどうか毎朝丹念にチェックするゴブリンスレイヤー、几帳面で5年間もよく続けてるな~。村に向かうまでの会話シーン、ゴブリンに対する考えや敵意が伺える気がします。ただやっぱりゴブリンという雑魚キャラしか討伐しないといった考えはどうしてそうなったのか気になります。次回はゴブリン討伐を受注した他のパーティーがどうなってしまうのか、もちろん視聴します。

-30代 男性-

 

初めは過去の回想シーンで最初に出ていた男の子がゴブリンスレイヤーと同一人物だったと知った時は驚きました。子供の時代と現在の姿はあまりにも違い過ぎるので過去になにがあったかと思ってしまいました。詳しくは今後語られると思うので楽しみです。1話では気弱だった女神官が、2話では自分の意見をしっかり言えている姿を見て成長したなと思ってしまいました。また、最後に新たなキャラクターが出てきたので、来週そのことが語られると思うので次回が楽しみです。

-40代 男性-

 

ゴブリンスレイヤーがなぜゴブリンスレイヤーとしてゴブリンだけを標的にして活動しているのかが垣間見えた回でした。かつてゴブリンに自分の故郷を襲われ、姉を玩具にされたあげく殺され、その光景を息をひそめて見ていたという体験はほんと可哀想。他に食事中でも顔を見せないその素顔は気になる、どうして素顔を出さないのでしょうかね。

-40代 男性-

 

第2話では、主人公の幼馴染が出てきて、なぜ主人公がゴブリンだけを狩るのかが少しわかる話でした。ゴブリンによって親しい人たちが目の前で殺されていけば、主人公がゴブリンだけに異常に固執することも理解できますが、幼馴染たちのことを考えるとやりきれなくも思います。そして、第2話の中で主人公がゴブリンの集落を攻めながら、自分もゴブリンだというセリフが一番心に残るシーンでした。最後に新たなキャラクターも出てきて、これから物語が動き出しそうなので、次の話も楽しみです。

-男性-

 

主人公のことが語られましたね。最初は気付かなくて、ゴブリンスレイヤーのことなんだとしばらくして気付きました。ゴブリンはしっかり弱いもの扱いされていて、他の冒険者たちには見向きもされていなかったですが、2話でもしっかりゴブリンの怖いところや気をつける点がしっかり語られていました。

-男性-

 

子供の頃ゴブリンに村を襲撃され、目の前で姉が惨殺されたという過去が明かされ、なぜ主人公は戦いに身をおきながら勇者や英雄を目指すでもなく、執拗なまでにゴブリン退治にこだわり「ゴブリンスレイヤー」とまで呼ばれるようになったのかを垣間見ることができました。ただそこには自分の帰りを待っていてくれる幼馴染がいて、体と心を磨り減らせて戦いに明け暮れる主人公の未来に一筋の光明が見えた気がしました。

-男性-

 

ゴブリンスレイヤーの日常が描かれ、第1話のようなグロい描写はない。待ち続ける幼馴染の娘は彼に恋心を持っているのだろうか。ゴブリンスレイヤーのゴブリン退治に対する信念や悩みを聞き、疑問を持ちながらも理解し、女神官も一緒にゴブリンを退治していく。だが、女神官は自分が手に入れた能力をそれに使ってよいのか悩む。今回は戦うことの意義、内面性にクローズアップしている。

-男性-

 

実力がありながらも他の冒険者に敬遠され、鎧で顔などを隠している姿が異様に感じました。また、ゴブリンをひたすら倒してく理由もまだはっきりしておらず、幼馴染やギルドの受付のお姉さんと関係性も過去に色々とあったようだったから今後の展開にも注目だと思いました。そして、登場する人物も名前でなく、職業名などで呼ばれることも多いので、キャラクターの関係性などを覚えるのが大変。

-男性-

 

第2話ではゴブリンのみを倒す主人公について、街の印象やほかの冒険者からの誹謗中傷などがあるという変わり者であるというところが印象的でした。
主人公の過去について、幼馴染との関わりや昔の主人公の様子などの描写もあり、ゴブリンとの戦闘シーンでは主人公がゴブリンを狩るとるときの心情などの描写もあり、主人公への興味が深まりました。

-男性-

 

ゴブリンスレイヤーの幼少期時代が語られ、現在は牛飼娘の家に下宿しているとわかります。彼がなぜ執拗にゴブリンのみを狩る仕事をするのかがわかるシリアスな会でした。ゴブリンスレイヤーがゴブリンに対してはどこまでも冷酷。冷徹を極めて戦う姿に悲しい男の生きざまをみました。新ヒロインの牛飼娘がとても可愛いです。

-男性-

 

ゴブリンスレイヤーがゴブリンスレイヤーになったきっかけと彼の日常の物語でした。廃砦にひたすら火矢を打ち込んでいる様はかっこよかったもののとても冒険者とは思えませんでした。そんな彼も知らない人が伝聞だけで判断すると英雄のようになるのは何か皮肉を感じます。彼の帰りをひたすら待つ牛飼娘は健気で可愛かったです。

-男性-

 

今回からは牛飼娘が登場しますが、初っぱなから裸で寝ているのは衝撃的。ゴブリンスレイヤーはきっと鎧を着て寝ているのでしょうが他の人たちはどうなのか気になります。もしかしたら裸で寝るのが普通なのかもしれません。今回はゴブリンスレイヤーをより掘り下げる回なのですが、他の冒険者たちからの評判はよくないです。でもそういうところから活躍するところにカタルシスがあるものでこれからが楽しみです。今回はあまり爽快感がなかったのですが、最後の方で後で仲間になるエルフたちが登場したので次回が非常に楽しみでなりません。

-男性-