『とある魔術の禁書目録Ⅲ』第1話のあらすじ、感想、ネタバレまとめ

鎌池和馬(かまちかずま)原作、シリーズ累計3000万部を突破の大人気ライトノベルをアニメ化した作品『とある魔術の禁書目録Ⅲ

2008年10月にアニメ化し、その2年後(2010年10月)に第2期の放送がされました。

それから約8年の時を経て、ファン待望の第3期が2018年10月5日より放送開始しました!

今回はそんな『とある魔術の禁書目録Ⅲ』第1話のあらすじ、感想、ネタバレについてまとめてみました!

⇒第2話のあらすじはこちら!




▼第1話のあらすじ

第1話「混乱」

夏の終わりに起こった、何者かによる学園都市への大規模な襲撃。外部の宗教組織による犯行と発表されたこの事件に端を発し、欧米のローマ正教圏では、学園都市に対する反発が高まっていた。

各地で頻発し、過激さを増していくデモ活動。そんな状況をあおるかのように、学園都市では迎撃兵器ショーが開催され、両者の緊張はいや増していた。

緊迫した世界情勢の中、学園都市のとある高校でも激しい戦いが繰り広げられていた。『クラスの三バカ』上条・土御門・青髪ピアスによるバニーガール最強論――男たちの真実を求める戦いに、鉄壁の女・吹寄を巻き込んで白熱する論戦は、罰当番の宣告によって終わりを告げる。

しかし、そんな平和な日常風景の裏側で、事態は着々と動いており..。

▼第1話の感想、ネタバレ

久々のとあるシリーズアニメ化でしたが、以前と同じ作画、雰囲気、ノリのままだったので安心して視聴できました。1話ということで、上条とその周囲のキャラクターとの関係性を改めておさらい&ノルマのラッキースケベもあり、とても楽しかったです。わりかし表面上はのほほんとしていた学園都市ですが、宗教団体から攻撃を受けていて、前回より緊迫感があったのも良かったです。

-30代 女性-

 

何だか魔術側と学園都市側の間にただならぬ緊張が漂っています。とりあえずは御坂などいつものメンバーが顔見せに登場しますが、いきなり土御門が正体をさらすという急展開には驚きました。それだけ両者の緊張のレベルが高いという事なのでしょう。そして当麻もなんと急ぎフランスへ。果たしてローマ正教の猛者に対して、彼のイマジンブレーカーはどこまで役にたつのか、楽しみです。

-男性-

 

とあるシリーズは二期の放送から結構時間が経っていますが、三期の冒頭を見るとあぁーとあるが帰ってきたんだなーと思いました。主人公の不幸な感じが懐かしく、また見たくなってしまいました。とうとう科学サイドと魔術サイドが激突するのではないかと思うとドキドキが止まらないです。ワールドワイドに主人公が飛び回り、活躍に期待です。

-男性-

 

久しぶりに始まったせいもあって、前作からいるキャラクターの紹介で1話が終わった感じです。インデックスは相変わらず可愛くて、よかったです。でも早速、上条さんに置いてかれて登場シーンがないと思うと悲しいです。最後には土御門にどっか連れていかれました。めちゃくちゃ早い飛行機でどこへ連れていかれたのかわからないですが、次が楽しみです。

-女性-

 

1話からついてなさアピールの上条さん。お約束のインデックス噛みつき。インデックスは話が進むにつれ出番とか影が薄くなりますよね。ちゃんと最後出番あるんでしょうか?1話から話が難しくなりかけてましたね。どうしても超電磁砲(レールガン)と比べると、禁書は分かりづらい。3期の難しさが最初からでてる気がします。

-男性-

 

第1話は懐かしのキャラクターが出てきた時点で私は嬉しかったです。インデックスがお腹を空かしていたところとか懐かしを感じがしました。当麻と御坂美琴の絡みも相変わらずとても面白いです。インデックスにクレープを奢ってくれたおばあちゃんがいきなり銃で撃たれたところはびっくりしました。そこで怒る当麻と相変わらずいい奴だなと思いました。

-男性-

 

禁書の三期、最初は二期同じようにいままでのストーリーを簡単にまとめ短く解説してくれました。まあでも一期から見ていないと分からない部分が多いので、一期から見るとより楽しく見れると思います。特に上条ち美琴の関わりが面白いですよ。

-女性-

 

冒頭(オープニング曲前)にアニメの情報を主人公(上条当麻)は説明口調で話すのですが、情報量が多過ぎて理解するのに時間がかかりました。ストーリー自体も登場人物の個性・設定が難しいのでしばらく継続視聴するつもりです。 主人公がご飯を買って帰るのを忘れて怒られるシーンは共感してほっこりしました。主人公に起こる様々な災難は可哀想になるくらいです。

-30代 男性-

 

魔術と科学の複雑な世界観なども禁書の魅力だと思いますが、やはり登場キャラクターが多いことやその中でかわいいキャラクターがたくさんいることが魅力だと思うので、冒頭からインデックスのシャワーシーンから始まった時は“キター“と思ってしまいました。これも禁書の魅力だと思います。あと、Ⅱが終わって何年ぶりか分かりませんが大変懐かしさがこみあげてきました。第一話は久しぶりのあいさつをかねて主要キャラクターのお披露目回だったと思います。次回以降もまだ出ていないキャラクターが大変いるので楽しみです。

-40代 男性-

 

上条さんが新しい不幸に巻き込まれる。以上、禁書一話の感想です。いや、だって本当にそれくらいしか語ることなかったんです。美琴とか懐かしいキャラの声を聴いて「禁書がまたアニメでみれるのかー」と懐かしい気分に浸ってはいましたが、それ以上の感想がないのが正直なところです。派手な戦闘シーンもないし、ストーリーも本当に導入部。顔見せの一話といった感じでした。

-20代 男性-

 

なつかしいの一言です。第1話はキャラ紹介ですね。とあるシリーズはたくさんのキャラクターが登場します。そして、すべてのキャラが個性豊か。たくさんのキャラクターが動きまわり、考えて行動して、やがて複雑にからみあう。 この人とこの人は繋がっていたのか。仲良くみえたけど敵だったのか。回が進むごとに発見があるのも特徴的です。基本的にとあるシリーズでは善人に見える人ほど危ない思想の持ち主で、悪人に見える人ほど実は優しかったりするんですよね。

-20代 女性-

 

二期から約8年も待っての新作です。いきなりインデックスのお風呂の歌からはじまりました。ヒロインインデックス同様に演じる井口裕香さんのお声も大変可愛らしいです。久しぶりの続編では、作品に登場する主要キャラが次々と登場します。ファンとしては懐かしくてたまりません。最高の再スタートがきれたと想います。これから始まる大きな戦いにむけて物語が動き出すのが分かるドキドキする回でした。

-男性-

 

このシリーズは面白くて好きなので楽しみで期待していました。まずは、相変わらず可愛いインデックスの少し舌っ足らずな感じの可愛い声が久しぶりに聴けて、可愛い動きが見れて良かったと思います。また、幼児体型の先生など、今までに登場した他のお馴染みのキャラクターもたくさん登場して、新しい展開が始まったので面白かったです。

-男性-

 

二期が放送されてから、とある魔術の禁書目録Ⅲが放送されるまで8年もの間があり、その間まだかまだかと放送を楽しみにしていました!相変わらず上条さんは不幸です(笑)。そインデックスは変わらず可愛い。そして、親船先生の母であり学園都市統括理事の親船もなかに、現在起きている欧米のローマ正教圏のデモを止めるために上条さんの力が必要と言われ、土御門と当麻は急遽フランスに行くことになった。フランスに行った上条さんはどうなるのか?これからどのように話が展開していくか?続きが凄く気になります。

-男性-

 

約8年ぶりとなる本作。序盤は今までの流れの説明、前半部分は印象としては”お約束”を思い出させるような内容でした。インデックス鼻歌や噛みつきそして主人公・上条当麻の「不幸だー!」のセリフとラッキースケベ。後半は徐々にシリアスな展開へと向かっていきましたが、正直昔の話すぎて展開が全く思い出せなかったです。

-男性-