アニメ『火ノ丸相撲』第1話のあらすじ、感想、ネタバレまとめ

漫画家・川田(かわだ)原作、週刊少年ジャンプで絶賛連載中の相撲を題材とした人気漫画『火ノ丸相撲

2018年10月5日(金)よりアニメの放送が開始しました!

今回はそんなアニメ『火ノ丸相撲』第1話のあらすじ、感想、ネタバレについてまとめてみました!

⇒第2話のあらすじはこちら!




▼第1話のあらすじ

第1話「国宝・鬼丸国綱」

大相撲の横綱を目指す潮火ノ丸(うしおひのまる)は、進学のために相撲の名門・石神高校を見学する。

しかし、火ノ丸は誤って弱小の大太刀高校に来てしまう。そこで一人真面目に相撲に取り組む小関信也(おぜきしんや)に道場への案内を頼むが、道場はなんと不良のたまり場となっていた。神聖な稽古場を汚す不良達に怒る火ノ丸は、不良グループのリーダー・五條佑真(ごじょうゆうま)に決闘を申し込む!!

▼第1話の感想、ネタバレ

ジャンプで火ノ丸相撲を読んでいるので、「アニメはどうなの?」と思いながら観ました。とても期待して見ましたが、期待通りとても面白かったです。でも、祐真が15分間もパンチしているのに、あまり効いていないのは、さすがにありえないと思いました。ですが、火ノ丸のずば抜けた強さを見ることができて、とても面白かったです。

-40代 男性-

 

学生服にまわしというインパクト抜群の導入。不良たちに占拠された土俵を取り戻すための決闘といい、真面目で正義感のある潮の性格が上手く表現されていた。制限時間内、不良の佑真に一方的に殴られるもびくともせず、対照的に一撃で倒すことで潮の強さが引き立った。部長役の落合福嗣も違和感なく、「グラゼニ」の凡田役といいスポーツの声優枠確定か?

-男性-

 

最近では珍しいTHE・少年漫画のお手本のような熱いアニメで、息つく間もなく一気に夢中で見終わってしまいました!特に熱いのは迫力満点の相撲シーン。弱小相撲部に見学に来た主人公の火ノ丸が、相撲取りとしてのプライドのため、道場を占領するヤンキーを倒すところはまさに圧巻でした。反撃する際、音が消え、モノクロ画面になる演出では、火ノ丸の圧倒的な強さが感じられ、思わず鳥肌が立ちました!火ノ丸に倒されたヤンキーや、部員の増えた相撲部がどんな活躍をするのか、2話目が待ち遠しいです!

-女性-

 

相撲はあまり興味がなかったのですが、一通りアニメを見てみることにしました。まず、小関役の落合福嗣くんの声優の上手さに驚きです!?最後のエンドロールを見るまで気づきませんでした!話としては、体が小さいながらも横綱を目指す主人公が奮闘していておもしろいです。相撲界に入るには身長制限があるのにも関わらず、身長なんて関係ないんだというところを強さで見せつけてやる、というところがカッコイイです。

-20代 女性-

 

大太刀高校相撲部に入部した新入生潮火ノ丸。部長の小関信也が1人で作った土俵を壊した不良グループのたまり場になっていた相撲部部室でリーダーの五条祐真と勝負することになり、張り手一つで倒すとこが面白かった!レスリング部の国崎千比路との相撲とレスリングの対決も面白かったです!また冒頭、電車の中で痴漢行為をしていた人の手を押さえて電車から降りたら学ランの下はまわし姿だったのには笑えました。あと、小柄な火ノ丸の鍛えられた肉体は凄くカッコイイですね。

-男性-

 

ジャンプならでは熱い作品がついにアニメ化したかッ!という感じ…。主人公の火ノ丸が高校入学する前に大太刀高校に迷い込み、そこで相撲部部長と出会う。しかしそこの相撲部の練習場は不良のたまり場となっていたので、相撲で取り返すというジャンプならではのストーリー!第1話の見所は不良のボス佑真に散々猛攻を食らった後に火ノ丸が一撃で佑真を吹き飛ばすところですね!今後も期待です!

-男性-

 

格闘技としての相撲というものをあまり考えたことはなかったのですが、確かに足腰の強さや鉄砲の威力は相当なものなのでしょう。小兵の潮とはいえ、あの体を見たら、ちょっと戦いたくはない相手です。間違いとはいえ、縁は大事。潮が相撲馬鹿という小関がいるし、潮が五條に勝ったことで、相撲場も使えるようになったし、ここからがまさにスタートですね。

-男性-

 

スポーツ物の中でも珍しい、相撲がテーマのアニメということで見てみました。 開始早々の痴漢を助けたのにふんどし姿で誤解されるシーンがツボで、興味が出てきます。 しかし、相撲がテーマだとキャラは似たり寄ったりの太った見た目ばかりになるのではないか?と思っていたのですが、個性豊かなヤンキー集団が出ることで安心。 彼らがこの先相撲を始める展開になることを期待してしまいます。 主人公も最近のアニメにしてはちょっと珍しい、真っ直ぐで正義感の強い熱血漢で好感が持てました。

-20代 男性-

 

最初は相撲のアニメって聞くと渋いようなイメージでした。でも実際に観ると印象が違って、子供とかも好きそうなアニメです。主人公は体格も小さく、相撲ができるようには見えない部分もあり、大丈夫なのかなと思いましたが、強くて不良の先輩にも勝ってスゴいです。話し方が学生っぽくないのは少し気になった部分です。

-20代 女性-

 

今何かと世間を賑わしている話題の『相撲』を題材とした珍しいアニメなので興味津々で見ました。潮火ノ丸とは一度聞いただけで日本人の心に響く名前です。いかにも勢いよく吹き上げ火の玉のごとく輝く真っ直ぐな気持ちの青年が、何物にも目もくれず相撲道に突き進むための相応しい名前ですね。名門校と間違えて不良生がたむろする学校にたどり着くとは(笑)。今度の話の展開が楽しみです。

-男性-

 

冒頭、痴漢を捕まえるのは偉いと思うけど、ふんどしに学ランは逮捕されるわ。それで迷子になっちゃって違う高校で相撲部員に巡り合うとか運命ですよね。弱いけど、真面目に基礎練やってるし、土俵も自分で作ってしまうなんて相撲に愛を感じます。稽古場を不良に乗っ取られているなんて少年漫画っぽいですよね。しかも、不良のリーダーが自分を負かした男に惚れ込んじゃうのも青春って感じで良いな。

-女性-

 

原作漫画を読んだことがあるがアニメも面白かった。声も違和感無く見れたので良かった。主人公が強くて仲間のために体を張る姿は見ていて感動する。相撲という競技をアニメにするのは難しいと思っていたが、良い意味で裏切られました。原作漫画比べるとストーリーの展開が早いのが気になりますが、声や作画は良さそうなので様子見ですね。

-男性-

 

相撲好きの私にとっては期待のタイトル。原作も読んでいます。1話は火ノ丸が部長と交流を深め、ヤンキーの佑真をボコる展開。王道展開ですが、火ノ丸の強さがしっかりと描写されててよかったと思います。力士は強いんですよ、足の裏ついたら負けですからね。簡単な打撃では倒れないんです。え、曙?うん、アニメの話しに戻ろうか。肝心の相撲はあまり描かれなかったので、作画については保留扱いですね。

-20代 男性-

 

主人公登場の様子などしっかり火ノ丸相撲だったので安心しました。独りで相撲部を守ってきた部長との出会いはとても印象的で、相撲部を守るために不良と戦う姿はかっこよかった。原作と違い、石神高校と間違えて大太刀高校に見学に来てしまうのは意外だったが、展開を早くするための変更なのかなと思った。であれば他校のライバル達が登場するのも原作よりも早くなるはずなので期待が高まる。

-男性-

 

痴漢騒ぎから、学校を間違えて別の学校にいってしまう主人公の火ノ丸。小さいのに身体をかなり鍛えており、相撲が好きなんだなっていうのが伝わってくる。神聖な土俵を取り戻すために不良のボスと戦うことになるが、不良に何度も殴らせたうえで、たった一撃で倒すのはかっこよかった。この不良はたぶん更生して仲間になるんだろうな。なんか、顔もハンサムタイプだったし。

-男性-

 

主人公の火ノ丸は体格的には力士に恵まれたものを持ってはいません。それを自分で自覚しながらも、たゆまぬ努力で確かな強さを勝ち取ります。高校に入学して早々、学校の不良共に絡まれます。そして、相撲部の命である土俵を壊されたことをきっかけに不良のボスと一騎打ちをすることに。火ノ丸の正義心と腕っぷしがとても格好良く、面白かったです!

-男性-