【MARVEL(マーベル)】アイアンマンの俳優、経歴、スーツ、登場作品の紹介

▼はじめに

今回はアベンジャーズのメンバーであるアイアンマンの俳優、経歴、スーツ、登場作品についてご紹介します!

▼基本情報

ヒーロー名:アイアンマン(Iron Man)
本名:トニー・スターク (Tony Stark)
生年月日:1970年5月29日
身長:185.4cm、スーツ着用時は195.5cm
体重:86.1kg、スーツ着用時は192.7kg

▼アイアンマンの俳優(映画)

ロバート・ダウニー・Jr(52歳)

※日本語吹き替え:藤原啓治

▼アイアンマンの経歴

・1970年、アメリカに生まれる

・父親はアメリカの巨大軍需企業「スタークインダストリーズ」CEOハワード・スターク

・15歳でMIT(マサチューセッツ工科大学)に入り、主席で卒業する

・1990年、20歳の誕生日に両親が事故で他界し、親の会社を受け継ぐ

・新兵器の実用テストのために、ベトナムのジャングルを訪れていたが、そこで誤って地雷を踏んでしまい、現地ゲリラに捕らえられてしまう

・心臓近くに突き刺さった破片により、余命が少ない中、ゲリラの首領は、手術をする代わりに新兵器の開発を強制する。

・同じく捕虜として捕まっていた物理学者のインセンと共に、兵器開発のふりをしながら、自身の心臓のペースメーカーとなる
アークリアクターとパワードスーツを作り上げる

・そのパワードスーツでゲリラたちを一蹴し、母国へ帰還する

・アイアンマンを自社のボディーガードとして公表し、ヒーロー活動を始める

・アベンジャーズのメンバーになる

▼豆知識

・初期、「市民を怖がらせてしまうから」という理由で全身を金色に塗装していた

・会社の経営とヒーロー活動の両立に苦しみ、アルコール依存症になる

・スーツの着脱に痛みを伴うため、取り外しに苦労していた

・実写映画の俳優はトム・クルーズが第一候補だった

・キャプテン・アメリカに格闘技のトレーニングをしてもらい、スーツ無しでも少し戦える

・S.H.I.E.L.D.長官、国防長官になったことがある

▼アイアンマンのスーツ

ハルクバスター

▼アイアンマンの登場作品

アイアンマン(2008年公開)

アイアンマン2(2010年公開)

アベンジャーズ(2012年公開)

アイアンマン3(2013年公開)

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年公開)

キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー(2016年公開)

スパイダーマン・ホームカミング(2017年公開)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年公開)

コメントを残す