『ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO 3期)』第2話のあらすじ、感想、ネタバレまとめ

川原礫(かわはられき)原作、シリーズ累計2000万部を突破の大人気ライトノベルをアニメ化した作品『ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO 3期)

2012年7月にアニメ化し、その2年後(2014年7月)に第2期の放送がされました。

それから約4年の時を経て、ファン待望の第3期が2018年10月6日より放送開始しました!

今回はそんな『ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO 3期)』第2のあらすじ、感想、ネタバレについてまとめてみました!

⇒第1話のあらすじはこちら!

⇒第3話のあらすじはこちら!




▼第2話のあらすじ

第2話「悪魔の樹」

現実世界で絶命の危機にあったキリトが目を覚ますと、そこはファンタジーゲームを彷彿とさせる謎の世界の中だった。記憶が曖昧なままログアウトを試すも、現実世界に戻ることはできない。

キリトが途方に暮れながら散策していると、やがて巨大な樹の下にたどり着く。そこで一人の少年と出会う。その少年の名は、ユージオといった。

キリトはこの世界について話を聞き出そうとするが、ログアウトの方法はわからない。そして、ユージオはかつて自分の幼馴染だったアリスという少女のことについて語りはじめる…。

▼第2話の感想、ネタバレ

1話の最後に注射を打たれたキリトが2話では急にソウル・トランスレーター内でキリトが目覚める状況に疑問です。現在、キリトの置かれている状況がわかるようにもっと説明してほしかったです。です。内容としてはユージオと出逢い、悪魔の樹を切ろうとするキリトの場面とユージオをバカにするジンクの天職が剣士というところにしびれました。

-男性-

 

前回の続きでキリトが倒れた現実世界からのスタートからではなく、1話前半にいたアンダーワールドから物語は始まります。しかも、純粋に1話前半の世界ではなく、キリトもユージオも青年に成長しれおり、しかもキリトは現実世界の記憶を保ったままという…。話が進むにつれ展開が分かってくると思うので期待して待ちたいと思いますが、現時点ではさっぱり分かりませんでした。今後、アンダーワールドの世界が続くのか、はたまた現実世界を行ったり来たりするのかは知りませんが、今後の展開に要注目したいです。

-40代 男性-

 

キリトがアンダーワールドで目覚めたシーンからの始まりでした。仮想空間の権化ともいえるキリトが、現実の世界なのか、仮想空間なのか判断のつかないアンダーワールド。現実の記憶は持ち込めないはずなのに、現実の記憶をもったままのキリト。仮想空間であるはずなのに、今までのSAO、ALO、GGOのNPCとは全く違うゲーム内のキャラクター達。仮想空間が進化していることを感じさせられた話でした。次の話も早く見たいです。

-男性-

 

現実世界で刺されてしまったキリト。どうやら1話で話題にしていたアンダーワールドにログインさせられてしまったようですね。これが現実世界で危機に陥っている彼の治療にどう役立つのか?もしかしてずっとこのまま仮想世界で生きていくしかないのか?そして、アンダーワールドでは何が起こっており、それを運営している菊岡達は何がしたいのか?次から次へと疑問が湧きあがってきて、続きが待ち遠しくなりますね。アンダーワールドでの冒険も気になりますが、現実世界が今どうなっているかが描かれる時も楽しみです。

-30代 男性-

 

今回はVRMMORPG内でのシーンのみです。前回、死銃事件の生き残りメンバーから襲撃を受けたキリトでしたが、そこには触れずいきなりVRMMORPGの世界から始まるの?と話の展開が読めませんでした。まあ、キリト本人が一番理解出来てなかったようですけど。VRMMORPGの世界観はそのままなんですが、ユージオの記憶はどうも変。そう、世界観は同じでもキリトは最初からいなかったようになってるんですよね。ユージオもなんとなく変な違和感を抱いてるようですが…。以前のSAO同様にログアウトは出来ませんし、現実世界のキリトがどうなってるのかサッパリわからない状態。現時点では何をどうすれば良いのか見当もつきませんけど、キリトがどう打破していくのか楽しみです。

-男性-

 

前回からとても楽しみにしていたアリシゼーション第2話。GGOにも登場した注射器で刺されてしまったキリトですが、結果から言うと生きていましたね?というのも、どうやら新しい実験のバーチャル世界にいるらしく、現実世界でのキリトがどうなっているのかはまだ不明な状態です。バーチャル世界では青年になっており、幼少期から数年は経過している様子でした。幼少期を一緒に過ごしたはずのユージオはキリトの事を全く覚えていない様子でしたが、これからどうなっていくのでしょうか?次回が楽しみです。

-20代 女性-

 

2話の見所はここが仮想世界か異世界か現実か。そして新しく出てくる単語。そこが見所です。キリトとユージオの出会いや、セルカの登場。なぞも多いですが、特に面白いのはキリトとユージオの優しいやりとりです。ユージオ役の島崎信長さんは本当に合っていると思います。今回の2話で注目すべきは最後に出てきた裸の女性と塔です。今後、重要な存在になってくるので期待大です。

-女性-

 

まず、キリトがどうなったか気になっていたのですが、アンダーワールドで目覚めるところから始まったので、どういうことなんだ?と第1話に続き、わからないところからのスタートでした。そして、キリトとユージオはお互いの記憶を忘れた状態で出会うのですが、アリスがいないままだったので、これからアリスを助けに行くという展開になっていくのかな?と思いました。そして、村に入ったキリトがソードスキルを使うのを見て、この世界でもキリトは戦えそうだなと思いました。この世界で、キリトがどの様に生きていくのか先が予想できず、次回を楽しみに待つことにします。

-男性-

 

7年間も悪魔の樹に切り込みを入れる金髪の少年「ユージオ」。先代から300年続いているとなると歴史はかなり長いですね。手伝おうとしたキリトは無謀です(笑)。肩にも腰にも力が入り過ぎ、スキルを使っても全然ダメですね。一日1,000回も叩き込みするとはかなりの重労働ですね。「仕事がはがどらなくても良い」ユージオさんの名言です。村に帰ると一人の青年がユージオに絡んできて、どこの村にも生意気な奴はいるんでしょうが、キリトが最後にいいとこみせてくれてスッキリです。

-30代 男性-

 

キリトがラフィン・コフィンの生き残りに刺された後、再び目を覚ましたのはアンダーワールドの世界。再びユージオと出会いますが、お互い幼少期の記憶がなく、少し寂しい感じがします…。もともとキリトはアンダーワールドにいなかったことになっており、アリスは連れ去られたまんまでどうなったかは全くの不明。アインクラッドでのスキルを使うことができる世界ってのは大きな意味を持っていそうな気がします!今後のキリトとユージオの絡みがますます楽しみになってきました!

-男性-

 

ジョニー・ブラックに刺されたはずのキリトがなぜ仮想世界の森で倒れていたのか疑問が残る始まり方。そこで出会ったユージオは青年になっており、キリトもユージオもお互いのことを覚えていない。登場人物は同じでも1話の出来事との繋がりがない世界なのでしょうか?しかも、ないはずの現実世界での記憶がキリトに残っている。キリトはアンダーワールドでどの様に振る舞って行くのか気になります。そして、2話の最後にベットで横になっていた青髪の少女の正体も気になる所です。

-40代 男性-

 

新キャラのユージオが本格的に登場し、物語のカギを担うであろうアリスにも言及があり、本格的に物語が動き出した感があります。SAOならではの異世界感満載の作画にも目を奪われました。これだけの作画が1年続くのかちょっと心配になるほどの完成度でした。強敵とのバトルシーンがこの作画で見れると思うと、今からワクワクですね。問題は、2話にして早速アスナちゃんが空気化してるではありませんか。アスナファンとしては歯がゆい限り。原作読者によると、しばらくアスナの出番なしとのこと。アスナ成分が少ないところが玉にキズですな。

-20代 男性-

 

2話ではキリトが目を覚ましたら1話で出てきた仮想世界にいて、キリトは1話で経験していたアンダーワールドの事を覚えておらず、リアルの記憶しかありません。アンダーワールドの登場人物たちもキリトのことを覚えておらず、キリトもなんか来たことがあるなみたいな感じだったので、はやく思い出して欲しいです!アンダーワールドでソードスキルが使えることがわかり、この世界でもキリトの活躍が見れるのではないかと期待しています!

-男性-

 

目が覚めると森の中。キリトは自分の服装がゲームっぽい事に気付き、分析を始めますが覚えの無い記憶があったりと早くも謎めいた感じになっています。ユージオと出会い少しだけ、こちらの世界の事が分かったけど、謎が多すぎますね。とりあえずユージオの村にある協会へ泊まることにしましたが、村の前で難癖つけられ剣の腕前を披露しました。次回は元の世界に帰るために物語が動き出しそうなので、来週も楽しめそうです。

-女性-

 

現実で敵の凶刃に倒れたキリトは一体どうなったのか気になっていたのですが、なんと第1話冒頭にいた仮想世界「アンダーワールド」で目覚めます。それは夢なのか、倒れている間に入れられたのか分かりませんが、キリトは早速アンダーワールドで幼少期を共に過ごしたユージオと出会います。お互い相手のことを思い出せないのが可哀想ですが、ユージオの記憶にはキリトがいたこと自体がなかったことにされているようで、もしかしたらキリトが会ったユージオとは別世界のユージオなのかもしれません。色々悩むキリトですが、問題は死んでも大丈夫なのかどうかということで、SAO初期のデスゲームの時とは別の緊張感があってたまらない気分になりました。何も分からない仮想世界で何をすれば良いのか分からないのにどう目的を果たすのか、非常にわくわくさせられる冒険の始まりで次回が楽しみです。

-男性-

 

第1話でキリトが入っていた仮想世界でキリトは目覚め、そのままその世界を抜け出せなくなります。今回は1話で登場したヒロインが登場せず、友人の男の子ユージオだけが登場します。ユージオは長い年月をかけて大樹を切るという謎のお仕事をしているのが印象的でした。ここから本格的に物語がスタートという感じです。捕らわれの身のヒロインを助けるため、今後どんな冒険が展開していくのか、実に楽しみです。早くキリトの十八番である剣技がみたいものです。

-男性-