『ブラック・ウィドウ』の女優、経歴、武器、登場作品の紹介

今回は、アベンジャーズのメンバーである『ブラック・ウィドウ』の女優、経歴、武器、登場作品についてご紹介します!



▼基本情報

ヒーロー名:ブラック・ウィドウ(Black Widow)
本名:ナターシャ・ロマノフ (Natasha Romanova)

『S.H.I.E.L.D』の優秀なエージェントにして、『アベンジャーズ』のメンバー。

元KGBのスパイで、諜報や戦闘など様々な技能を身に付けている。

▼ブラックウィドウの女優(映画)

女優:スカーレット・ヨハンソン

日本語吹き替え:米倉涼子

▼ブラック・ウィドウの経歴(原作コミック)

・ロシアのスターリングラードで生まれる

・格闘技や狙撃といったスパイの訓練を受ける

・ソ連のスパイとしてスタークインダストリーに潜入する

・アメリカ政府の防衛を請け負うスタークから情報を奪おうとし、アイアンマンと戦闘になる

・戦闘の後、ホークアイと出会い、アイアンマンを倒すために共闘する

・共闘に伴い、ホークアイと恋に落ち始め、ソ連への忠誠心が揺らいでいく

・KGBに捕まり、マインドコントロールを受け、アベンジャーズと戦うことになる

・先にアベンジャーズのメンバーになっていたホークアイへの愛情から、洗脳が解ける

・その後、ヒーローとなり、ホークアイの誘いでアメリカに亡命する

・アベンジャーズに協力して活動するようになり、後に正規メンバーとなる

▼豆知識

・最初はヴィラン(敵)として登場

・一流のバレリーナである

・バイオテクノロジーによって若い身体を保てるように改造されている

・「Black widow spider」という毒蜘蛛が存在し、ブラックウィドウのシンボルに描かれることがある

・ホークアイ、ウィンターソルジャーと恋人関係にあった

ブラックウィドウとウィンターソルジャー

▼ブラック・ウィドウの経歴(映画)

・映画『アイアンマン』にて、S.H.I.E.L.Dのエージェントとして登場する

・フューリーの指示でトニースタークに接触するため、スターク社に潜入する

・映画『アベンジャーズ』にて、アベンジャーズの一員として活動を始める

・映画『キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー』では、インサイト計画を通して、ヒドラの残党がS.H.I.E.L.D.内部に潜入していることを知り、スティーブ(キャプテン・アメリカ)と共に計画の阻止に奮闘する

・映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では、ブルース(ハルク)に思いを寄せていることが判明する

・映画『シビル・ウォー』では、ソコヴィア協定への署名に一度は賛成するが、最終的にキャプテンに協力し、追われる身となる

・映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、マインド・ストーンを狙う”サノスの子”からヴィジョンとワンダをキャプテンと共に助ける

・その後、サノスとのワカンダでの決戦に参加する

・『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、惑星ガーデンにおけるサノスの討伐に参加している

・タイム泥棒作戦では、ホークアイと共に2014年の惑星ヴォーミアにタイムトラベルした。

・そして、ソウル・ストーンを手に入れるために、自ら崖の下に飛び込み、命を落としてしまった。

▼ブラック・ウィドウの武器(映画)

Widow’s Bite(ウィドウズ バイト)

※3万ボルトの電撃を放つ武器

Widow’s line(ウィドウズ ライン)

⇒フック付きロープ

Widow’s Kiss(ウィドウズ キス)

⇒スプレー状の気絶ガス。

Widow’s sticks(ウィドウズ スティック)

⇒高圧の電流が流れる棒

Widow’s pistol (ウィドウズ ピストル)

⇒小型の2丁拳銃

▼ブラックウィドウの登場作品

アイアンマン2(2010年公開)

アベンジャーズ(2012年公開)

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014年公開)

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年公開)

キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー(2016年公開)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年公開)

キャプテン・マーベル(2019年公開)

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年公開)



コメントを残す