アニメ『転生したらスライムだった件』第4話のあらすじ、感想、ネタバレまとめ

伏瀬原作、シリーズ累計650万部を突破した大人気Web小説をアニメ化した作品『転生したらスライムだった件

2018年10月1日よりアニメの放送が開始しました!

今回はそんなアニメ『転生したらスライムだった件』第4話のあらすじ、感想、ネタバレについてまとめてみました!

⇒第3話のあらすじはこちら!




▼第4話のあらすじ

第4話「ドワーフの王国にて」

リムルたちは衣食住を支えてくれる技術者を求めてドワーフの王国・武装国家ドワルゴンを訪れる。

ところが入国の際のトラブルでリムルたちは牢獄に捕らえられてしまう。

そこに鉱山でアーマーサウルスが暴れているという報告が入る!

▼第4話の感想、ネタバレ

ドワーフの王国に行く道中、ゴブリンやオオカミたちとの絆がさらに深まっていく様子がよかったです。特にテンペストウルフのランガは父親をリムルに殺されたにも関わらず恨みは無く、逆に忠誠を尽くすことを約束する姿はすてきだと思いました。エルフがキャバ嬢として働いている夜の蝶にリムルは行きますが、想像していた通りの美しいエルフが複数おり、エルフたちがリムルのぷよぷよ感を楽しんでいる姿、そしてリムルの喜んでいる姿が面白かったです。

-男性-

 

衣食住の指導をしてくれる者を探しにドワーフの王国へ行くリムル達。山や川を越えての旅は楽しそうで絆も深まったように感じます。ドワーフ王国へ到着するが早速、入口で因縁を付けられ、追い払ったら捕まってしまいます。簡単に物事が進まないのはどこの世界も同じなんだな~と切なくなります。ですがリムルの『大賢者』や『捕食者』など様々なスキルで問題を次々解決していくのは爽快だです。それにしてもゴブタは寝すぎです(笑)。何時になったら起きるのかな?綺麗なエルフにデレデレのリムルだが男は何に生まれ変わっても胸の大きい綺麗な女子が好きなのね…。

-女性-

 

第4話はリムルがドワーフの王国ドワルゴンに技術者を探しにいくとこから始まるんですけど、道中もなかなか面白くてテンペストウルフ達がリムル大好きすぎて可愛い!置いてかれたらシュンとしていて、こんなペットがいたら最高。あんまり深く考えてなかったけど、リムルはランガのお父さん殺しちゃったんだよね…。それなのにリムルを慕うランガ達をみるとこの世界では弱肉強食の考え方が一般的なんだって実感します。途中からリムルの目的がエルフに会うことになりつつあります(笑)。たしかに、私も異世界にいったらエルフ会いたいけどさ、リムルが求めてるのはエロフすぎる(笑)。リムルが身体の中にモノをため込める能力って便利だなぁ…ドラえもんの四次元ポケットみたい。それにリムル強いけど、生活していく上でリムルの能力がチートすぎる。アイテム保管できて、解析したモノをコピーできるし、私ならその能力だけで商売しちゃいそう。それをしないあたり、リムルは欲がないよね。そういう能力を仲間の為に使うんだから、ほんとに上に立つ人の器だよ。エルフのお姉ちゃんにパフパフされて天国な状態で次回に続くなんて、これからなんかあるっていうフラグとしか思えん。とりあえず、次の話は一波乱ありそう!

-20代 女性-

 

ドワルゴンの話をするゴブタの会話そっちのけでエルフを想像するリムル。スライムになっても男性的欲求は有るんですねw。しかも「門の前で絡まれた」にかぶせてくるリグル「トラブルなんて起こりませんよ」と、リムルも言ったように完全にフラグですね。それにしてもゴブリンの足だと2ヶ月かかる道のりを3日ってテンペストウルフになった餓狼族のスピードはとてつもなく早いですね。案の定、門の前で絡まれるリムル達。明らかに雑魚キャラ風の人間が登場しますが、リムルの威圧だけで追い払います。大賢者の能力もなかなかチートで、解析さえ成功させればあっという間に魔鉱塊のロングソードの複製も作れるとは…職人気質のドワーフもビックリです。ソード完成のお祝いで行ったお店で欲求を爆発させ、エルフにデレデレのリムル(笑)。その店先に最後映る足はいったい誰の物なのでしょう?気になる終わり方でした。

-40代 男性-

 

ドワーフの国に行くことになったリムル達ですが、国の検問を受ける前にいかにもかませ犬っぽい冒険者達がリムル達にいちゃもんをつけてきます。なんというお決まりな展開だと、逆に驚いてしまいました。問題なく冒険者達を黙らせた後、駆けつけてきた兵士にリムル達が連れていかれ、大怪我をしたらしいドワーフ達を助けるために回復ポーションをあげます。そして、このポーションにどの程度の価値があるのかを調べることになり、さらに腕のいい武器職人を紹介してもらいます。なかなか考えて行動しているなと感心しました。最後に足だけ出てくる人により、次がどんな話になっていくのか楽しみです。

-男性-

 

ドワルゴンではとんとん拍子に話が進みましたね。カイジンが手伝ってくれれば安心です。それにしてもリムルというより生前の三上くんはエルフ好きのオタクだったんでしょうか?エルフに囲まれてご満悦ですねえw。問題は妙なフラグが立ったことでしょうか。残念ながら会いたくはない英雄とか勇者とかの類とひと悶着あるのかもしれません。ヴェルドラを呑み込んでしまっているし、その辺りで何かあってもおかしくはないかも。いずれにせよ、ならず者相手でも必要以上に相手を痛めつけないリムルの心がけは良いと思います。最近のアニメはやたら簡単に相手を殺してしまうので…。

-男性-

 

4話になってやっと、異世界で人間が出てくるというファンタジー作品はよく考えたら珍しいなと思った。アニメのOPから、将来的にはリムルも人間に擬態できるようになると思うのですが、それが叶うのは何話になるのだろう?と先行きが不安だったが、4話の終わりに人間らしき影に見られているような演出があったので、5話以降で展開が進みそうで楽しみです。ドワーフのカイジンは職人気質な登場をしたのに、作業が終わったお祝いの宴をエルフのお店ですることに違和感がありました。

-男性-

 

主人公リムルが万能過ぎて驚きました。かつて得た擬態の姿がさらに強化されており、威嚇ひとつでチンピラ冒険者たちを追い払いつつ、他の関係ない人も失神させてしまいます。それから事故に遭ったドワーフに大量のポーションを与えたり、体内の魔鉱石を加工して渡したり、剣をコピーしたり…青くて丸い姿も相まってお前はドラえもんか!という感じでした。でも、話がさくさく進んで行くので面白かったです。あとエルフなのですが、リムルがとても会うのを楽しみにしていたので、絶対こちらの美的感覚から外れたエルフだと思ったのですが、そんなことはなく普通に可愛くて驚きました。

-男性-

 

配下にしたランガの心情を慮っている姿が、後輩に慕われていた前世でのシーンと相まって、いいなと思いました。異世界の人間から見たゴブリンとスライムの舐めっぷりと、その後にあっさりとやられてしまうところを見ると、典型的だなと感じます。そのせいで投獄されつつもピンチに協力し、身柄は自由なのにちゃんと牢獄に居続ける辺り、リムルのお人よしっぷりが最大限に発揮されており、いつか騙されそうだと思いました。いい剣すらもリムルと大賢者にかかればすぐに量産できてしまうのは職人泣かせでチートだと思います。エルフに囲まれているリムルが羨ましくてたまりません。

-20代 女性-

 

ここまでスライム、ゴブリンと来て、今回はドワーフの登場です。王道ファンタジーなどでは下級モンスターとして扱われる彼らですけど、ああして集まってワイワイやっているのを見ると何だか微笑ましくなりますね。人間に対して酷い悪さをするという事もないですし。この調子でリムル独自の平和な村を作り上げていってほしいところです。でもOPを見るとバリバリ戦闘になっていますから、この先もしかしたら人間に侵攻される展開があるのかもしれません。酷い事態にならないよう、リムルには上手く立ち回ってほしいです。

-30代 男性-

 

生産スキル便利すぎですね。デスマーチよりあっという間…しかも自動。ロングソード20振りをすぐコピーできるのはさすがに鍛冶の方が可哀相なのでは?無茶な注文みたいなのでよさげですが。そして早々に名前だけですが出てくる魔族。ゴブリンに優しくする魔族ってどんなだろ?リムルの中でエルフの地位がとことん上がってますね。そして人間がやっかいな絡み方をしそうですね。あまり人間は仲間になりにくいのかも。嵐牙の足は移動手段として重宝されそうですね。

-男性-

 

ゴブリンが歩いていくと2ヵ月はかかる距離を風のように走る嵐牙狼族だとたった3日で着いてしまうという速さに驚きました。リムルは3話で牙狼族に馬鹿にされるくらい弱く見えていたし、一緒にいるのはホブ・ゴブリンだけなので、ランガたちがいるとはいえ他の魔物に遭遇したり、絡まれたりする描写が一度もないのはちょっと不自然だなと感じました。でも、ドワーフの王国の入口で絡まれた時に、雑魚たちの攻撃が落書きのように書かれた描写は、攻撃が弱すぎて全く効いていないことを明確に表現できていて、つい笑ってしまいました。威圧の効果を冷静に分析して報告する「大賢者」とリムルの掛け合いも面白かったです。

-女性-

 

リムルはスライムなのに頼もしく、優しいのでかっこよく見えてきてしまうから不思議です。今回もスキル「威圧」で、あっさり絡んできた人間を撃退してしまいましたね。しかもパワーアップしてましたし、大賢者が被害状況まで解析していたのは面白かったです。たくさん貯め込んだ鉱石やら、回復薬がどんどん役に立っていますね。全く無くなる様子がないので、どれだけ貯めているのか気になります。次はどんなスキルで相手をやっつけるのか楽しみだし、そろそろ新しいスキルの習得希望です。

-40代 女性-