『ウォーキング・デッド』シーズン2のあらすじ、ネタバレまとめ

2010年からアメリカで放送開始し、世界中で大人気の海外ドラマ『ウォーキング・デッド/THE WALKING DEAD』!

2018年11月時点ではシーズン9が絶賛放送中です!

そこで、今回は『ウォーキング・デッド/THE WALKING DEAD』シーズン2のあらすじ、ネタバレについてまとめてみました!

⇒シーズン1のあらすじはこちら!

⇒シーズン3のあらすじはこちら!



▼第1話のあらすじ

第1話「長い旅路の始まり」(What Lies Ahead)

CDC消滅の後、リックたちは最初にシェーンが安全だと予想したフォートベニング基地に行くことにする。だが渋滞し乗り捨てられた車に道を阻まれ前に進めない。デールのキャンピングカーの調子も悪くしばらく停車することになる。

一台ずつ移動させながら道を確保し、物資の調達をし始める。あたりは静かだったが、ウォーカーの群れが押し寄せてくる。遅れて気付いたリックたちはその場に隠れて群れをやり過ごすことにする。

しかし、車の下に隠れていたキャロルの娘ソフィアが見つかり森へと逃げ込んでしまう。リックはすぐに後を追いソフィアを見つけるが、複数のウォーカーが迫っていたためソフィアを木の根元に隠して囮になる。

ウォーカーを倒した後、リックはソフィアが隠れた木に戻るが、ソフィアの姿はなかった。母キャロルの所にも戻っていない。

リックたちはソフィア捜索に乗り出す。ダリルが足跡から追跡をしてみるが森の奥で途切れてしまう。

翌朝、リックとシェーンはカールを連れ捜索を続けることにするが、捜索の途中、森の中で鹿を見かける。

カールゆっくりと鹿に近づき触ろうと手を伸ばした。その時、一発の銃声とともにカールは地面に倒れ込む。

▼第2話のあらすじ

第2話「命の代償」(Bloodletting)

リックとシェーンの目の前で銃声とともにカールが倒れた。撃ったのは鹿を狩ろうとしたオーティスと名乗る男だ。鹿を貫通してカールに銃弾が当たってしまったのだった。オーティスが近くに医者が住んでいるという。リックはカールを抱えて走る。

農場の家にたどり着くとハーシェルという初老の男がカールを診察してくれた。カールは生きてはいるものの必要な薬がないことから、高校に乗り捨てられた救急医療車に行く必要があるという。

弱気になるリックの代わりにシェーンは自分が行って取って来ると伝える。オースティンが案内してシェーンと二人で出掛けていった。

農場の娘マギーはカールが撃たれたとローリに伝え一緒に農場へと行く。リックはハーシェルが実は獣医で人間の医者ではないことを知る。不安がるリックとローリだがハーシェル以外にカールを救える可能性のある人は他にいない。

その頃、高校に着いたシェーンとオースティンは救急医療車にたどり着き物資の調達をしていた。しかし大量のウォーカーに追われることになる

▼第3話のあらすじ

第3話「最後の銃弾」(Save the Last One)

これ以上は待てないほど容体が悪化したカールはすぐにでも手術が必要な状態になっていた。薬と用具なしで危険な手術をするのか、このまま死なせてやるのか、リックとローリは決断を迫られていた。

その頃、シェーンはケガをして思うように走れなくなっていた。後方からはウォーカーの群れが迫り残りの銃弾も少なくなってしまう。

農場でローリはリックにカールをこのまま死なせてやりたいと言い始める。空腹も恐怖も感じずに済むからその方がいいと言う。しかし、ほんの少しの時間だけ意識が回復したカールは鹿を見た事を嬉しそうにローリに話す。

リックはローリにカールは感動したから鹿の話をしたのだと話すと、カールは生きたがっていると伝える。

その時、シェーンが薬を抱えて1人で戻ってきた。オースティンに援護するから先に行けと言われたと言う。薬のおかげでカールの手術は無事に成功し一命を取りとめた。

シェーンはオースティンが自ら犠牲になったように話したが、実際はシェーンがオースティンの足を撃ち、彼がウォーカーに食われている間に逃げて帰ってきたのだった。

▼第4話のあらすじ

第4話「白いバラ」(Cherokee Rose)

リックのグループが全員農場にやってくる。農場では犠牲となったオースティンを悼み葬儀が行われる。

リックは農場に皆でとどまり生活することを望んでいたが、ハーシェルはリックたちが来たことを迷惑に思っていた。ハーシェルからはカールが回復し、ソフィアが見つかったらすぐに出ていくように言われてしまう。

ダリルはその日もソフィアを捜し続け森の中を歩いていた。そこに一輪の白い花が咲いていることに気が付く。ダリルはキャロルに花を渡しながら母親を勇気づける祈りの花だと伝える。

薬をカールに使い切ったため町に物資調達に出掛けることにしたグレンとマギー。グレンはマギーのことが気になって仕方ない。そんなグレンの気持ちに気付いていたマギーは物資調達先でグレンと関係を持つ。

その頃、グレンは物資調達から戻り、ローリにこっそり頼まれていた妊娠検査薬を手渡していた。検査結果は陽性だった。

▼第5話のあらすじ

第5話「無限の生命力」(Chupacabra)

リックがまだ昏睡状態の頃、シェーンとローリは軍のヘリらしきものが頭上を飛んでいることに気が付き丘の上に登ってみる。

そこから見えたのは軍の爆撃を受けて真っ赤に燃え上がる街の姿だった。怯えるローリを支えるシェーンだが不安の色は隠せなかった。

農場ではリックたちが今日もソフィアの捜索に出かけようとしていた。しかし、出掛けた森でリックとシェーンは意見が対立し喧嘩してしまう。

シェーンはソフィアがもう生きているとは思えないことから捜索をやめるべきと言うが、リックはソフィアを守れなかったことに責任を感じていたため捜索をやめる気にはなれなかったのだ。

その頃、一人で捜索に出ていたダリルは森で崖から転落する事故に遭う。転落した拍子に持っていたクロスボウの矢が腹部に刺さり抜けなくなった。

意識が朦朧とする中で兄メルルの幻覚をみたダリルは自分を奮い立たせ、近づいてきたウォーカーを2体殺すともう一度崖を登り始める。なんとか登りきったダリルはボロボロになりながらも仲間の待つ農場までたどりつく。

その日の晩、マギーと納屋で待ち合わせをしたグレンは一足先に納屋に入るが、そこには大量のウォーカーが囲われていた。

▼第6話のあらすじ

第6話「明かされる秘密」(Secrets)

農場の秘密を知ったグレン。ハーシェルはウォーカーを病人だと思い込み、いつか救えると思っている。しかしウォーカーの怖さを知っているグレンは不安を隠せずにいた。

ローリはハーシェルから出ていくように言われたことで妊娠のことも含めて不安を募らせる。そしてグレンに中絶薬を町まで調達に行ってくれるように頼んだ。

グレンはマギーと町に出掛けたが、物資調達先の薬局でマギーがウォーカーに襲われる。グレンがマギーを助けウォーカーを退治する。

調達先から帰ったマギーはローリに激怒しながら中絶薬を投げつける。ローリは中絶薬を一度は飲むものの自ら吐き出してしまう。その薬の袋を見つけたリックはローリが黙っていたことに激怒するが、子供を生むことの不安を打ち明けるローリに確かなことは言えなかった。

そして、もう隠し事はしないでほしいというリックの訴えに、ローリはシェーンと関係を打ち明けるのだった。

▼第7話のあらすじ

第7話「死の定義」(Pretty Much Dead Already)

農場のキャンプで皆が朝食をとっている。家の中からマギーがグレンを睨みつけ顔を横にふる。しかしグレンは仲間たちに「納屋にウォーカーがいる」と話し始めるのだった。

リックたちはウォーカーを確認しに納屋に向かう。リックも不安と驚きを隠せないがここはハーシェルの農場なので勝手なことは出来ない。彼と話すと皆をなだめる。

納屋の事を話したことでマギーは父親にグレンが追い出されるかもと心配し、グレンはマギーがウォーカーの危険にさらされることを心配していた。

リックはハーシェルと話に行くが、逆に出ていく期限を切られてしまう。ローリの妊娠の話をしてもまったく聞く耳をもたなかった。

シェーンは行動に出る。怒りまかせにウォーカーの胸や腹に銃弾を撃ち込む。それでも動き続けるウォーカーをハーシェルに見せ「これでも人間だと言うのか」と言い放つ。続けて納屋を解き放ち、出てきたウォーカーを次々に撃ち殺し始める。

アンドレアたちも一緒に撃ち始めるが、納屋から最後の一体が現れたことで全員の手が止まる。出てきたのはソフィアの屍だった。泣き崩れるキャロル。リックがソフィアの頭部を撃ち抜いた。

▼第8話のあらすじ

第8話「希望という幻想」(Nebraska)

ソフィアの屍がリックの銃弾に倒れる。泣き崩れるキャロルをダリルが抱きとめる。ハーシェルの次女ベスは母親のウォーカーに歩み寄った。しかし頭に弾が当たっていなかったためベスを襲う。

なんとか引き離してウォーカーを殺すもののベスのショックは激しく寝込んでしまった。

そして絶望したハーシェルもリックたちに出て行けと言い残して、廃墟となった町の酒場へ出掛けてくる。リックはグレンとハーシェルを迎えに出掛ける。

帰り遅い夫を心配したローリはダリルにリックを捜しにいくように頼むが断られてしまう。仕方なく自分で捜しに行くが事故を起こしてしまう。

その頃、酒場ではリックがハーシェルを説得するが、希望がないと悲観し酒を煽り続ける。ハーシェルはようやくウォーカーが病人ではないことが分かったようだ。

そこに2人のよそ者の男がやってくる。男はリックたちの農場の場所を聞き出そうとしたがリックにより撃ち殺される。

▼第9話のあらすじ

第9話「繰り返されるウソ」(Triggerfinger)

町の酒場で2人の男を殺したリック。それを見ていたハーシェルも黙ってうなずく。しかし酒場の外には仲間がいたようで取り囲まれてしまう。そして撃ち合いが始まった。

銃声のせいで集まってきウォーカーに追われ襲撃者達は逃げ出す。リックたちも脱出しようとしたが、ケガで動けない襲撃者を見つけて見捨てられず車に乗せてしまう。

その頃、農場でローリがいないことに気がついたシェーンはローリを捜しに出掛け、1人で町を目指して歩くローリをみつけるとリックが戻ったとウソをついて農場に連れ戻す。

しかし、農場に戻ってもリックは戻っていないことからローリのシェーンへの不信感は大きくなっていった。

一方、ケガをした若者を連れたリックたちも農場に戻ってくる。若者はランダルと名乗った。ハーシェルはランダルのケガの治療をするが、ランダルのケガが治ったら帰すというリックにシェーンは危険を訴える。

▼第10話のあらすじ

第10話「決闘」(18 Miles Out)

ランダルを開放するために農場から離れた公共施設にやってくるリックとシェーン。しかしランダルはマギーと同級生だったことを知り、農場の場所をランダルは分かっていたことを知る。

この場で殺そうと考えるシェーンと、一旦農場に連れて帰ろうとするリックで意見が割れ、とうとう取っ組み合いの戦いに発展した。

ベスは自殺を考えるようになりガラスを自分の手首に当てる。しかし痛みと恐怖で我に返り思いとどまった。

その頃、本気でリックを殺そうとするシェーンだったが、リックは機転で乗り切り、シェーンは大勢のウォーカーに追われてバスの中に逃げ込んでいた。

そんなシェーンを放置して一度はランダルを連れ車でその場を離れたリックだったが、やっぱり見捨てることが出来ずシェーンを助けてしまう。

ローリとのことも知っていることを話し、理解を示したリックは、昔のシェーンに戻るように彼を諭すのだった。

▼第11話のあらすじ

第11話「生かすか殺すか」(Judge, Jury, Executioner)

農場にもどったリックたちはランダルから仲間が30人近くいることや、その残忍なやり方を知ることになる。リックたちは、やはりランダルを殺すことに決める。

その頃、ダリルの銃を勝手に盗み、森に一人で出掛けたカールは沼にはまったウォーカーを見つける。遊び半分でウォーカーに近づき銃口をむけるが、カールに反応しウォーカーが動き出したため慌てて逃げ帰る。

ランダルの処刑に激しく反対するデールは、ひとりずつ説得して回るが、ランダルが仲間と合流した時のことを考え誰も説得には応じなかった。それでもデールは全員を集めて再度説得をするが、結局ランダルの処刑は決行されることになる。

ダリルとシェーン、リックで納屋に行き、ひざまずかせたランダルを射殺しようした時、そこにカールが立っていることに気が付く。カールはリックに撃ってと言い放った。それによりリックは息子の変化に気づくことになった。

結局、その日の処刑は取りやめになる。夜になって農場内を見回っていたデールがウォーカーに襲われる。デールは生きていたが腹を裂かれて苦しんでいたためダリルの手で葬られた。

▼第12話のあらすじ

第12話「深い森の中で」(Better Angels)

デールが死んだことで青年ランダルは処刑されずに解放される方向に進む。デールは人道的な行いをずっと解いていたからだ。しかしシェーンの考えは皆とは違った。

密かにランダルを森に連れ出したシェーンは首の骨をへし折って殺す。そして自分が襲われたように見せかけランダルが逃げたと皆に伝えた。手分けしてランダルを捜索し始める仲間たちだったが、ダリルとグレンは足跡の痕跡からシェーンのウソを読みとっていた。

シェーンはランダルを捜すフリをしてリックを農場から離れた所まで誘導する。ランダルにシェーンがやられたことを最初から信じていないリックはシェーンの考えにもう気付いていた。

不満をぶちまけ殺し合いになる2人。リックはシェーンのすきつき彼をナイフで刺し殺す。悲しみと怒りと様々な感情が押し寄せて泣き始めるリック。しかしその時カールがそこに立っていることに気がつく。

カールはリックに銃口をむける。リックは動揺してカールに説明しようとした。しかしカールが撃ったのはリックの後ろにいた転化したシェーンだった。

カールが撃った銃声によりウォーカーの群れが農場に向けて方向転換してくる。誰もまだそれに気がついていない。

▼第13話のあらすじ

第13話「壊れゆく人格」(Beside the Dying Fire)

農場に戻ったダリルたちはシェーンがランダルを殺したことを仲間たちに伝えていた。しかしその頃、外ではカールの銃声により一気に農場に近づいてきていたウォーカーの大群に追われリックとカールが走っていた。

リックはカールとウォーカーを納屋におびき寄せると火を放ちウォーカーを殺そうとするが、数が多すぎて状況が悪くなる。家の中にいた仲間も異変に気が付く。

大量のウォーカー達に農場はパニックになった。それぞれが諦めて個々に脱出しはじめるが、ローリは姿の見えないカールを心配し捜し続けるが見つけられずにいた。

すぐ側までやってきたウォーカーから逃れるようにローリも脱出するが、アンドレアがウォーカーと倒れてしまう。

家までたどり着いたリックもハーシェルとカールを連れて脱出する。ソフィアを見失った道路まで出てみるとそこで仲間たちと合流することが出来た。

その後、リックは自分たちがみんな感染していることを黙っていたことや、シェーンを殺したことで仲間に責められると、感情的になったリックは絶対的なリーダーになることを告げる。