『ウォーキング・デッド』シーズン4のあらすじ、ネタバレまとめ

2010年からアメリカで放送開始し、世界中で大人気の海外ドラマ『ウォーキング・デッド/THE WALKING DEAD』!

2018年11月時点ではシーズン9が絶賛放送中です!

そこで、今回は『ウォーキング・デッド/THE WALKING DEAD』シーズン4のあらすじ、ネタバレについてまとめてみました!

⇒シーズン3のあらすじはこちら!

⇒シーズン5のあらすじはこちら!



▼第1話のあらすじ

第1話「嵐の前の静けさ」(30 Days Without an Accident)

刑務所はウッドベリーの住民と外からやって来た者を受け入れ、大きなコミュニティへと成長しつつあった。リックがリーダーを辞めたため、ハーシェルたちは協議をして物事を決める委員会を作っていた。

ダリルたちは物資調達に出掛けて行った。新入りの軍医のサムやベスのボーイフレンドも一緒だ。下見も済ませていたので大丈夫と思われたが、突然、天井が崩れだし上からウォーカーが落ちてきた。

ボブの足が棚に挟まり逃げられなくなってしまう。必死に助けようとするダリル。なんとかボブは助かったが、ベスのボーイフレンドは助けられなかった。

森に出掛けたリックは痩せこけた女性に助けを求められる。夫のいる場所まで一緒にいき話をすることにしたが、彼女の夫はすでにウォーカー化していた。彼女はリックを夫の餌にするつもりだったが、あっさりリックにかわされてしまう。

女性は生きる気力を失い自ら自分を刺して自決する。リックはそのことをハーシェルに話した。その女性を救うことは出来なかったとハーシェルはリックを慰める。

▼第2話のあらすじ

第2話「新たな脅威」(Infected)

カールの友達のパトリックはインフルエンザで体調が悪くなり夜中に死んでしまう。転化したパトリックは眠っていた住民に襲いかかっていた。

翌朝、悲鳴が聞こえる。D棟が転化者で溢れパニックに陥っていた。リックたちはD棟に駆けつけ住民を助けるが、その時にはすでに大勢の犠牲が出ていた。

始まりは風邪をひいていたパトリックであることが分かるとハーシェルたちは、咳をしているものを隔離することにする。

タイリースの恋人カレンも咳をし始めたので隔離されることになった。外では銃声のせいで大量のウォーカーが押し寄せる。ウォーカーの力に耐えられず倒れかけたフェンスの対処を急ぐ。リックの機転でなんとかその場をしのぐがフェンスは明らかに傾いていた。

隔離されていたカレンに花を届けようとやってきたタイリース。しかしカレンは病室にはいない。床に何かを引きずったような血痕を見つけ後を追いかけていくタイリースはそこで信じられないものを見ることになる。

▼第3話のあらすじ

第3話「集団感染」(Isolation)

血痕を追いかけて扉を開けたタイリースは外で2体の焼死体をみつけることになる。そしてその片方がアクセサリーからカレンであることが分かった。

怒り狂うタイリースはリックを呼び出し無残な死体を見せると、元保安官として犯人を捜してくれと詰め寄る。犯人は死体を焼いて病気の感染を広めまいと考えたように思えた。

しかし、発症者はどんどん現れ、隔離される人間が増え始める。タイリースの妹サシャとグレンも発症してしまった。早急に抗生物質を手に入れる必要に迫られる。

そこでハーシェルは獣医の大学なら動物用が残っているのではないかと予測しダリルたちに行ってもらうことにした。

だが人員が足りないことから、ダリルはタイリースに一緒に来てほしいと頼んだ。最初は渋ったもののサシャが発症したことで妹のために行くことにする。

そして、ハーシェルが発症者の棟で世話を焼き始めるが、マギーは自分がやりたいと言い出す。ハーシェルはそれを強く拒否し、マギーは渋々フェンスの修復作業に取り掛かるのだった。

その頃、リックはカレン達の焼死体について調べて、犯人が誰なのか気が付く。

▼第4話のあらすじ

第4話「傷だらけの絆」(Indifference)

刑務所内で猛威を振るうインフルエンザを治療するため薬を探しに出たダリルたちは予定時間を過ぎても戻ってくる気配がなかった。

食料庫が残り少なくなっていたため、リックはキャロルと一緒に住宅街に物資調達に出掛ける。カレンたちを殺した犯人はキャロルだった。気付いているが何も言わないリックにキャロルは皆を守るためだったと自分の正当性を主張する。

リックは物資調達先で2人の男女に出会う。リックにコミュニティに入れてほしいと言う。好意的で特に怪しい様子もない2人に物資調達を手伝ってもらい2時間後に出会った場所で合流することにした。

その頃、途中で車が使えなくなったダリルたちは徒歩で獣医大学までやってきた。大勢のウォーカーに追われながらなんとか薬を手に入れ急いで帰ることにする。

待ち合わせをしたカップルは戻ってこなかった。女性の方はウォーカーに襲われた死体を見かける。男性の方も戻らないためリックとキャロルは帰り支度を始める。

そこでリックはキャロルに新しい仲間を探せと追放を言い渡す。キャロルは涙を流しながらそれを受け入れた。

▼第5話のあらすじ

第5話「遠のく希望」(Internment)

リックは一人で刑務所に戻ってきた。それを見たマギーがキャロルのことを尋ねると、リックはキャロルがカレン殺しの犯人だったと話し、追放したことを伝える。マギーはその判断に納得している。

隔離病棟ではとうとう死者が出始める。周りに気づかれないように処理をするハーシェルだったが数が増えて対処できなくなる。

一方、外では押し寄せるウォーカーにフェンスを倒されないために、マギーとリックが補強を急いでいたが、刑務所内から銃声が聞こえてくる。リックはマギーに中に行って手助けするように言う。

マギーはウォーカー化した住民を撃ち殺し隔離病棟はなんとか落ち着きを取り戻した。外ではカールを駆り出しフェンスを補強しようとするが間に合わず、ウォーカーが中に雪崩こんできた。

リックはカールと協力し侵入したウォーカーを一体残らず倒すことに成功する。ちょうど同じ頃、ダリルたちが薬を調達して帰って来た。これにより集団感染の脅威はなんとか落ち着きを取り戻す。

▼第6話のあらすじ

第6話「葬られた過去」(Live Bait)

ウッドベリーの総督は住民たちを撃ち殺した後、一人で町を彷徨っていた。そんな時に末期がんで寝たきりの父親と暮らすリリーとタラの姉妹、リリーの幼い娘メーガンに出会う。

彼女たちは家に閉じこもりほとんど外に出ていなかった。一晩だけのつもりがリリーの幼い娘メーガンに死んだ娘を重ねた総督はリリー一家の面倒を見てやるようになる。

末期がんだった父親が亡くなり、転化したため総督は酸素ボンベで殴り殺す。その姿をみたメーガンは総督を恐れるようになる。

総督が家を出ることにするとリリーから連れて行ってほしいと頼まれ総督は承諾する。目的地もなく車を走らせる総督たちだったが途中で車が故障し徒歩で移動することになった。

ウォーカーの群れに出くわし荷物を捨てて走り出すが、総督はメーガンと落とし穴に落ちてしまう。総督は下に溜まっていたウォーカーと戦いながらメーガンを守る。その時以外な人物が総督の前に現れた。

▼第7話のあらすじ

第7話「蘇る過去」(Dead Weight)

総督は穴に落ちたところを元側近のマルチネスに助けられる。マルチネスは新しい仲間をもちリーダーになっていた。リリーたちを引き連れ、ブライアンと名乗っている総督をみて察したマルチネスは総督たちを自分のキャンプに誘った。

リリーは元看護師の経験を活かし働き始め、総督はマルチネスとその仲間を連れて物資調達に行く。物資調達中に出くわしたウォーカーをあっさり撃退する総督の姿を見たマルチネスの仲間は総督のことを認め始める。

しかし、総督は密かにこれでは愛するメーガンたちを守れないと感じていた。翌日マルチネスと総督たちは共に食事をすると和やかな雰囲気で過ごした。

だがその後、マルチネスと2人になった総督は突然マルチネスを襲い、ウォーカーがいる穴に生きたまま落とし殺す。

次にリーダーになった者も総督に殺されて、最終的には総督がそのキャンプのリーダーの座に収まる。そして、総督はリリーたちに安全な場所を与えるため、リックたちがいるあの刑務所を奪い取ることに決めた。

▼第8話のあらすじ

第8話「最期の決戦」(Too Far Gone)

総督はリリーやメーガンのためにリックのいる刑務所を奪い取る計画をたてる。外に出ていたミショーンとハーシェルを人質に取ると、仲間たちにリックたちは悪人だと教え込み、安心して暮らせる場所を確保すると説得し襲撃の準備に入る。

刑務所にいたリックたちが仲間を引き連れた総督の姿に気が付く。ハーシェルとミショーンを人質にとられているリックは総督と交渉をしようとする。しかし総督は刑務所を奪い取ることしが頭にない。

そして、総督はハーシェルの首をミショーンの刀で切りつけた、一気に銃撃戦がはじまる。そこにウォーカーに噛まれてしまったメーガンを抱きかかえたリリーがやってきた。総督はメーガンにとどめをさすと戦いに戻っていく。

フェンスを突き破り中に侵入してきた襲撃犯と戦いながら散り散りに逃げ始める刑務所の住民たち。リックは総督と激しい殴り合いをするが、最後にはミショーンに刀で体を貫かれ致命傷を負う。

リックもカールと刑務所から脱出するが、ジュディスは見つからなかった。

▼第9話のあらすじ

第9話「そして、独りに」(After)

襲撃により刑務所を捨ててバラバラに逃げたリックたち。リックはカールと二人で住宅街の家で休む。重症を負ったリックが眠っている間にカールは一人で物資調達に出掛ける。

一方、リックたちに気が付きながらも一人で刑務所をでたミショーンは以前のようにウォーカーを2体引き連れて歩き始める。ミショーンは自分の過去を振り返り、その気持ちを周りのウォーカーにぶつけた。

カールは民家で食べ物を見つける。ウォーカーと戦い危険に陥りながらも、なんとか自分の身を守った。リックはずっと眠っていて目を覚まさない。心配になったカールは銃口を向けるがリックは生きていた。

ようやく目を覚ましたリックはカールに刑務所とジュディスを守れなかったことを謝罪する。カールもそれを受け入れる。そんな2人のいる民家を誰かが訪ねてくる。警戒するリックだったが、来たのはミショーンだった。

▼第10話のあらすじ

第10話「生存者たち」(Inmates)

ダリルとベスは二人で逃げていた。悲観的なダリルに対しベスはまだ仲間の生存を信じていた。しかし足跡を追っていった先にあったのは無残な残骸と小さな靴だけだった。

タイリースはリジーとミカとジュディスを連れて一人で奮闘していたが、そこにキャロルが合流する。ウォーカーに噛まれた元刑務所の住民から終着駅にコミュニティがあるという話を聞く。

マギーとサシャとボブは一緒にいた。グレンを探すマギー。グレンが乗ったバスの中を確認してみるが彼を見つけられない。

一方、グレンはまだ刑務所にいた。建物の中で気を失っていたグレンはマギーを捜すため外に出る。途中で襲撃犯の仲間タラを助けて行動を共にする。タラはグレンの妻捜しを手伝うことにするが病み上がりのグレンはウォーカーと戦っているうちに気絶してしまう。

▼第11話のあらすじ

第11話「危険なよそ者」(Claimed)

気絶したグレンを抱え途方に暮れるタラの前にトラックが止まる。中にはエイブラハムとロジータ、ユージーンの3人組が乗っていた。タラと気を失ったグレンはその荷台に乗せてもらう。

彼らは科学者ユージーンをワシントンDCに送り届ける途中だと話した。彼を送り届ければこのウォーカー騒ぎが収まると話す。

ミショーンとカールは物資調達に向かう。リックはまだ体力が回復していないため民家でもう少し休むことにした。しかしリックのいる民家に他のグループがやってくる。隠れるリックだが見つかってしまし、男を殺して窓から脱出する。

ちょうど物資調達から戻ったカールたちとその場を離れることにする。トラックの荷台で目を覚ましたグレンは妻を捜しに向かおうとするが、エイブラハムは仲間になるように強要する。

グレンとエイブラハムは殴り合いになるが、近づいてきたウォーカーに驚いたユージーンが銃を乱射したことで車が故障してしまった。

▼第12話のあらすじ

第12話「本音の杯」(Still)

ダリルとベスは外を彷徨い続け、ウォーカーに追われて車のトランクで一夜を過ごす。二人は必要な物を手早く集めると、罠をはり火をおこし蛇を焼いて食べる。

悲観的になって仲間を捜そうとしないダリルに苛立ちを募らせるベスはお酒を飲みたいと言い始める。

移動を続けていくとゴルフ場を見つける。クラブハウスまでたどり着くとそこで酒瓶を見つけるベス。しかし初めての酒にはふさわしくないとダリルは違う酒の在り処にベスを案内する。

前にミショーンときたことのある場所で密造酒を作っている民家だった。二人で酒を飲んでゲームを始めるベス。二人は会話を通して互いの理解を深めていった。

最後に二人は密造酒を作っていた民家に火を放つ。ここがつらい幼少期を過ごしたダリルの家に似ているという理由からだった。ベスはダリルに過去との決別をしてほしかったのだ。

▼第13話のあらすじ

第13話「孤独と温もり」(Alone)

ボブはリックたちに出会うまでは一人で外を彷徨っていた。しかしグレンとダリルに出会い刑務所で生活できるようになった。また森を彷徨ってはいるが今は一人ではない。その事がボブは嬉しかった。

マギーは先を急ぐ気持ちを抑えられずにいた。終着駅にコミュニティがあるという看板を見つけるとグレンが自分を捜しにきっと終着駅にくると確信する。罠である可能性もあるとサシャは言うが聞く耳を持たない。

ダリルはベスに追跡の方法とボーガンの扱いを教えるが、つまずいて足を痛めてしまう。墓地で見つけた民家に入ってみることにするが、そこは整理されていて誰かがいた形跡があった。

食料を見つけるが半分は残しておくというダリルの言葉に嬉しそうなベス。善人はやっぱりいると言う。

しかし、ウォーカーの侵入により外に逃げ出したベスはダリルの目の前で何者かにさらわれてしまった。ダリルはベスをさらった車を追いかける。

▼第14話のあらすじ

第14話「正気は狂気」(The Grove)

キャロルはリジーとミカとタイリースで民家に滞在していた。優しすぎて戦えないミカとウォーカーを特別な生き物と思っているリジーの心配をしていた。

翌日、キャロルがキッチンから外を見るとリジーがウォーカーと鬼ごっこをしているのを見る。慌てて外に飛び出しウォーカーを殺すキャロルだったが、リジーは涙ながらにキャロルを攻め立てた。

タイリースとミカがこの民家で暮らすことを提案したためキャロルもその気になっていた。しかし、見回りを終えて家に帰ってみるとリジーがミカを殺していた。大丈夫、もうすぐ戻ってくるからと平然と話すリジー。

愕然する二人の目の前で今度はジュディスを手に掛けようとする。なんとか諭してやめさせるとタイリースがリジーを見張る。キャロルはリジーが他人と暮らすことは出来ないと悟り射殺する。

その夜タイリースはカレン殺害の犯人がきっとリジーだと言い始める。しかしそれをキャロルは否定すると殺したのは自分であると認める。驚愕するタイリースだったがキャロルを許すと伝えるのだった。

▼第15話のあらすじ

第15話「トンネルの彼方へ」(Us)

ベスをさらった車を走って追いかけ続けたダリルは疲れ果て地べたに座り込む。そこにジョーと名乗る男のグループがやってくる。

いかにもガラが悪い連中だったがリーダーのジョーに気に入られたダリルはグループに入れてもらう。ジョーは仲間を殺されたため、殺した男を捜しているとダリルに話す。

線路沿いを歩いていたグレンは看板にウォーカーの血で書かれたマギーからのメッセージを見つける。しかしタラは足にケガをしている上、進行方向にはウォーカーの唸り声が聞こえる真っ暗なトンネルがあった。

エイブラハムは、グレンたちとここで別れることを決める。すぐに車を見つけて修理をしたエイブラハムたちはユージーンの運転で道を走る。

しかし、ユージーンはDCではなくグレンたちが出てくるトンネルの出口の方に回り込む。その頃、グレンとタラはトンネルの中でウォーカーに食い殺されそうになっていた。

そこに銃声が鳴り響き、グレンとタラの周囲にいたウォーカーが全滅する。そこにいたのはマギーと合流したエイブラハムたちだった。ようやく再会を果たした夫婦は二度と離れないと誓う。

▼第16話のあらすじ

第16話「終着駅」(A)

グレンたちは終着駅に着き、そこにいた人たちに歓迎される。リックたちも終着駅の一歩手前まで来ていた。そこでジョーたちのグループに追いつかれる。リックが民家で殺した男のグループだ。

その中にダリルを見つけ驚くリック。ダリルの方もジョーが捜す男がリックと知らず驚いていた。ダリルはジョーにリックを許すように話すが、ジョーはダリルも一緒に暴行を加え始める。

一人の男がカールをレイプしようとしたためキレたリックはジョーの喉を噛みちぎった。それに驚くジョーの仲間をダリルとミショーンが仕留めカールも助かる。

翌日、終着駅に到着するリックだったがすぐに様子がおかしいことに気が付く。中にいる者たちがリックの仲間の所持品を持っていたからだ。リックたちは襲われ、そのまま拘束された。

閉じ込められたトレーラーの中には、昨日、終着駅に着いたグレン達もいた。再会を喜びながらも状況を確認するリックは、終着駅のグループと戦う姿勢をみせる。