『ウォーキング・デッド』シーズン6のあらすじ、ネタバレまとめ

2010年からアメリカで放送開始し、世界中で大人気の海外ドラマ『ウォーキング・デッド/THE WALKING DEAD』!

2018年11月時点ではシーズン9が絶賛放送中です!

そこで、今回は『ウォーキング・デッド/THE WALKING DEAD』シーズン6のあらすじ、ネタバレについてまとめてみました!

⇒シーズン5のあらすじはこちら!

⇒シーズン7のあらすじはこちら!



▼第1話のあらすじ

第1話「導かれし屍たち」(First Time Again)

リックはピートの死体を外に捨てに行くことにする。モーガンが一緒についてくると言う。2人の後をピートの息子ロンが隠れて追いかけて行く。

ピートの死体を捨てにきた採掘場でおびただしい数のウォーカーを見つけたリック。リックはアレクサンドリアに、この数のウォーカーが到達することを防ぐため計画をたてて住人たちに話す。

しかし、外を怖がる住人は何度も説明を求めリックを苛立たせる。一応は計画の演習までこぎつけるが、その演習の最中にウォーカーをせき止めていたトラックと崖が崩れ落ちる。

リックは仕方なく今すぐに決行を住民たちに言い渡す。エイブラハムとサシャが車を運転しウォーカーを誘導する。ダリルはバイクで2人の援護をする。

計画は順調に進んでいたように思えたが、アレクサンドリアの方から車のクラクションが鳴り響きウォーカーの一部が音の方へと向かってしまう。

▼第2話のあらすじ

第2話「不意打ち」(JSS)

イーニッドは世界崩壊のとき、両親と逃げていたが車が故障し修理をしていて両親はウォーカーに殺されてしまう。一人で外を彷徨いアレクサンドリアの門の前にたどり着いた。

リックたちが外で危険な計画を実行に移していた頃、アレクサンドリアは襲撃を受けていた。見張りを火炎瓶で焼き殺すと入り口から次々に入ってくる。襲撃犯にアレクサンドリアの住民は次々と殺されていった。

キャロルは襲撃犯に変装して近づき殺していく。武器庫までたどり着くと銃を調達し、容赦なく撃ち殺し始めた。そんなキャロルとは真逆のモーガンは襲撃犯をわざと逃してしまう。

大勢の犠牲は出たもののコミュニティを何とか守ることが出来た。しかし襲撃が落ち着いた頃、カールはイーニッドが書き置きを残して外に逃げてしまったことを知る。外は襲撃の音のせいで大量のウォーカーで溢れていた。

▼第3話のあらすじ

第3話「逃げ場のない道」(Thank You)

アレクサンドリアから聞こえてきたクラクションのせいで散らばったウォーカーを元の計画通りに誘導するためリックはキャンピングカーを取りに向かう。

しかし、モーガンがわざと逃した襲撃犯にリックは襲われ全滅させるが、車が動かなくなってしまう。

グレンたちは住民を連れてアレクサンドリアに向かうが怪我人がいたため思うように進めず身を隠していた。グレンとミショーンはどこかを燃やしてウォーカーをそちらに引きつける作戦を思いつく。

グレンと道に詳しいニコラスが一緒に行くことになり、ミショーンは仲間を連れてアレクサンドリアを目指した。数人を失いながらもミショーンたちは無事アレクサンドリアにつくが火の手はどこからも上がらない。

グレンとニコラスはウォーカーに追い込まれ、ニコラスは諦めて自決してしまう。グレンはニコラスが覆いかぶさる形でウォーカーの大群の中に落ちてしまう。

▼第4話のあらすじ

第4話「師の教え」(Here’s Not Here)

息子を失い自暴自棄になっていた頃のモーガンは人間もウォーカーも関係なく、目につく全てを殺してまわっていた。しかし山小屋で一人暮らすイーストマンという男と出会う。

最初は彼も殺そうとしたモーガンだがイーストマンは強くて刃が立たなかった。イーストマンはモーガンを牢屋に入れると毎日食事を与える。

必死で逃げ出そうとするモーガンだったが、ある日最初から牢屋には鍵が掛かっていないとイーストマンに言われる。

再度、イーストマンに襲いかかるモーガンだがやはり勝てない。出ていくか残るかは自由に決めていいと言われたモーガンはイーストマンの所に残った。

モーガンはイーストマンに棒術を教わり、精神的に安定してきた時イーストマンが自分をかばってウォーカーに噛まれてしまう。モーガンは彼の墓を作ると、彼の教え「殺さずの誓い」を守り今日まで生きてきた。

▼第5話のあらすじ

第5話「波打つ不安」(Now)

リックは襲撃のせいで車が使えなくなったため、誘導を諦めて走ってアレクサンドリアに帰って来た。ウォーカーが押し寄せ不安を隠せない住民たち。

ダリルとエイブラハム、サシャの行方も分からない。ロジータもエイブラハムを思って一人涙を流す。

マギーはグレンを探しに行こうとするが、地下からの出口にはウォーカーが回り込んでいて断念する。マギーはグレンと一緒に行けなかった理由を妊娠しているからだとアーロンに打ち明けていた。

リックはジェシーに会っていた。ジェシーが住民たちを鼓舞している姿を見たという。ジェシーとリックはキスを交わした。

ディアナは壁内にいたウォーカーを滅多刺しにするが、頭を潰さなかったためウォーカーは倒れず、リックが始末する。生きたいとディアナはリックに伝えて去っていく。

▼第6話のあらすじ

第6話「迷いの森」(Always Accountable)

作戦を終えたダリルたちは引き返そうとした時に襲撃を受ける。ダリルはサシャとエイブラハムの乗った車とはぐれてしまった。

ダリルは森の中で3人組の男女に出くわし拘束されてしまう。すきを見て荷物を奪って逃げ出すが、バックの中にインスリンが入っているのを見つけて引き返す。

バックを返して立ち去ろうとした時、3人を追ってきた男たちに襲撃を受ける。ダリルの機転で何とかその場は切り抜けるが、3人のうちの一人がウォーカーに襲われ死んでしまった。

残ったのはドワイトという男とその妻シェリー。彼らは仲間から離脱したくて逃げていると言う。ダリルがアレクサンドリアに誘うが二人はダリルから武器とバイクを取り上げ逃げてしまう。

その頃、サシャとエイブラハムはダリルが見つけてくれるのを建物の中で待っていた。エイブラハムはサシャが仮眠をとっている間にロケット弾を見つけて戻ってくる。ダリルは燃料タンク車を見つけて2人を迎えにくる。

▼第7話のあらすじ

第7話「生かされる命」(Heads Up)

自殺したニコラスの下敷きになっていたグレンは生きていた。なんとか脱出したグレンにイーニッドが水を分ける。グレンはイーニッドにアレクサンドリアであったことを聞く。

アレクサンドリアではモーガンが襲撃の時にとった行動についてリックが話をしていた。必死でイーストマンの教え「全ての命は尊い」を守ろうとするモーガンとの話は平行線で終わる。

ジェシーの息子ロンは、父ピートを殺したリックと、ガールフレンドのイーニッドを奪ったカールに復讐をしようと武器庫から銃を盗む。

ディアナの長男スペンサーが一人で外に車を取りに行こうとして失敗する。リックは足を引っ張るスペンサーに苛立ちを募らせる。そしてスペンサーのために危険を犯したタラにも注意をするが、逆にタラを怒らせる。

その時、風船が飛んでいるのをマギーが見つけ、グレンからの合図だと言って喜んでいた。しかしその時、襲撃で傾いていたコミュニティの外にある塔が倒れ壁が崩れてしまう。

▼第8話のあらすじ

第8話「雪崩」(Start to Finish)

壁が崩れ大量のウォーカーがなだれ込む。急いで家に避難するように呼びかけるリックにウォーカーが迫ってくる。そんなリックを助けようとしたディアナがウォーカーと一緒に倒れてしまう。

マギーは監視台に逃れるがウォーカーが監視台に群がる。リックたちはジェシーの家に駆け込むが、そこでディアナが噛まれていることに気が付く。

ガレージでロンはカールに襲いかかる。しかしその音でウォーカーが集まってきてしまったため二階に逃れる。

キャロルはモーガンが匿っている襲撃犯の男を殺そうとするがモーガンに気絶させられる。しかしモーガンも襲撃犯に襲われ気絶させられてしまう。ロジータやタラが駆けつけるが襲撃犯は医者のデニースを人質にすると外に出ていく。

リックの案でシーツにウォーカーの腐肉を塗り、武器庫まで移動することにする。最後を悟ったディアナは息子スペンサーや住民のことをリックに頼み2階に一人残った。

▼第9話のあらすじ

第9話「決死の一夜」(No Way Out)

ウォーカーの中を手をつないで移動するリックたちだったが、泣き出したサムのせいでジェシーも一緒にウォーカーに襲われてしまう。リックはカールを守るためジェシーの手を切り落とし、それを見ていたロンに銃で狙われる。

しかし、ミショーンが後ろからロンを刺し殺しリックを守る。刺されたはずみで発射されたロンの弾はカールの右目にあたりカールが倒れてしまう。

デニースを人質にした襲撃犯はウォーカーを突破できず噛まれてしまう。デニースは診療所に逃げ込んだ。そこにカールを連れたリックとミショーンがやってくる。

リックは一人で外に出てウォーカーを殺し始める。ミショーンやアレクサンドリアの住民もそれに続く。グレンはマギーを助けようとしてピンチに陥るが、帰って来たエイブラハムたちに助けられる。

ダリルはガソリンを池に流し入れ火を放つ。ウォーカーは炎に向かって方向転換していく。全員で残りのウォーカーを殺し、明け方にはリックたちはウォーカーを全滅されていた。

▼第10話のあらすじ

第10話「ジーザスと名乗る男」(The Next World)

アレクサンドリアは平和な日々を取り戻す。カールも無事に目を覚まし回復していた。物資調達に出たリックとダリルは物資が山積みになったトラックを見つけ喜んでいた。

そこにジーザスと名乗る男が現れ見つけたトラックを盗まれてしまった。追いかけたリックたちはジーザスを捕らえるが、もみ合っているうちに物資は池に沈んでしまう。リックとダリルは悩んだ末、ジーザスをアレクサンドリアに連れて帰った。

スペンサーが一人で森に入っていくのを見ていたミショーンは気になってついていく。スペンサーはディアナのウォーカーを捜していた。ディアナを見つけたスペンサーは自分の手でとどめをさし埋葬する。

その夜、一日の出来事を報告し合っているうちに、いい雰囲気になったミショーンとリックは成り行きで関係を持つ。しかし明け方、目を覚ますとジーザスが部屋の中にいた。

▼第11話のあらすじ

第11話「未知なる世界」(Knots Untie)

ジーザスは自分のいるヒルトップというコミュニティとの取引をリックに持ちかける。アレクサンドリアの食糧難を解消するためにリックたちはヒルトップに行ってみる。

確かに物資は豊富そうだったが、リーダーのグレゴリーは交渉相手にリックではなくマギーを指名した上、小馬鹿にした態度をとる。

そこに救世主と呼ばれるグループに物資を納品しに行ったヒルトップの住人が帰ってくる。住人たちは物資が少ないと難癖をつけられ仲間を殺され人質までとられて帰って来た。

人質を取り戻したければグレゴリーの首を持ってこいと言われていた。弟を人質にされたイーサンはグレゴリーを刺し殺そうとする。

リックはそれを止めイーサンを殺す。グレゴリーは自分の置かれている状況を理解し結局アレクサンドリアとの交渉に応じる。物資を半分もらったリックたちは救世主を襲撃する準備に取り掛かることにする。

▼第12話のあらすじ

第12話「殺めるべき者」(Not Tomorrow Yet)

リックはヒルトップとの交渉の結果を住民に説明する。モーガンが反対するが、他の住民に反対するものはなく決行することになる。

キャロルはモーガンの影響で心境に少し変化を持つようになっていた。人を殺すことに苦痛を感じるようになったのだ。しかし襲撃には参加するつもりでいる。

グレゴリーの顔に似たウォーカーの頭を救世主に渡しヒルトップの人質を解放させた後、リックたちは襲撃に取り掛かる。闇に紛れ見張りを殺すと、中に侵入し寝込みを襲って次々に殺していく。

途中で銃撃戦になるが、それでもリックたちは勝利した。朝になりヒースとタラはそのまま長期の物資調達に出掛けて行った。

ダリルは森で奪われた自分のバイクを見つけ乗っていた男にどこで見つけたのか問いただす。その時、女が無線でキャロルとマギーを人質にとっていることを伝えてくる。

▼第13話のあらすじ

第13話「張り詰めた糸」(The Same Boat)

キャロルとマギーは建物の中に拘束されていた。仕切っていたのはポーラという女だった。ポーラを入れて4人組だったが、ポーラは無線で襲撃を受けたことを伝え仲間を呼び寄せる。

キャロルはマギーが妊娠していることを伝え同情を引き、か弱い女の演技をする。マギーは別室で尋問を受ける。

ポーラは再度リックと話をするが、リックの周りの音が静かだったことから、ここに近づいていると気づき先手を打とうと動き出す。キャロルは2人だけになると拘束を解きマギーを助ける。

キャロルは殺しに抵抗を感じながらもポーラを串刺しにし、マギーを襲った女も撃ち殺した。ポーラが呼んだ仲間もガソリンをまいた部屋に閉じ込め火を放ちまとめて殺す。

その後、入り口まで迎えに来ていたグレンと再会を果たすマギー。ダリルもキャロルを気遣うがキャロルの精神状態はボロボロになっていた。

▼第14話のあらすじ

第14話「強く在るために」(Twice as Far)

デニースはダリルとロジータに薬の調達に付き合ってほしいと頼む。デニースは外に出たことがないためダリルは止めるがデニースは行くと言って聞かない。

仕方なくデニースが見かけたという薬局に一緒に行くことにする。薬局には大量の薬が残されていた。物資を調達し終わり線路沿いを歩いていく3人だったが、デニースが危険な行為を行ったためダリルとロジータは非難する。

しかし、デニースがその理由を言おうとした時、デニースの頭を矢が貫く。撃ったのはダリルが森で助けたドワイトという男だった。

ドワイトは顔面の半分が焼けただれていた。ユージーンを人質にとられていたため抵抗できなかったが、隠れてドワイトたちを見張っていたエイブラハムとユージーンのおかげでなんとか危機を脱することが出来た。

その頃、アレクサンドリアではキャロルが置き手紙を残して出ていってしまう。もう誰も殺したくないと手紙には書いてあった。

▼第15話のあらすじ

第15話「巡る因果」(East)

キャロルは一人で車に乗ってアレクサンドリアを去る。途中で男たちに行く手を阻まれ殺してしまう。男たちは救世主だった。しかし一人だけ生き残っていた男がキャロルのあとをつける。

ダリルとロジータはドワイトを追うために森に入った。止めにきたミショーンとグレンの静止を振り切る。ドワイトを生かしたことをダリルは後悔していた。

しかし、ダリルと別れたグレンとミショーンは待ち伏せしていたドワイトに捕まってしまう。リックとモーガンはキャロルを捜しに車で出掛ける。モーガンは襲撃犯を匿っていたことをリックに話す。

襲撃犯がデニースを救い、デニースがカールを救ったと言い自分の行いを正当化する。リックはモーガンにキャロル捜しを託して一足先にアレクサンドリアに戻る。

一方、森ではダリルが捕まったグレンを助けようとしてドワイトに撃たれてしまう。アレクサンドリアではマギーがイーニッドに髪を切ってもらっていたが、激しい腹痛を感じて苦しみ始める。

▼第16話のあらすじ

第16話「悪魔の口笛」(Last Day on Earth)

苦しむマギーをヒルトップに連れていくことにしたリックたちは、アレクサンドリアをゲイブリエルに任せて出発する。しかし行く道を救世主に塞がれ通ることが出来ない。

キャロルは撃たれて苦しんでいるところをモーガンに助けられるが、振り切ってまたいなくなる。

救世主の男に見つかったキャロルは殺されそうになるが駆けつけたモーガンが男を撃ち殺し助ける。キャロルが重症なためモーガンは通りかかった馬に乗る男たちの助けを借りることにする。

追い詰められたリックはユージーンを囮に使い、自分たちはマギーを担いで森を抜けようとする。しかし救世主に囚われてしまった。

尋常ではない救世主の数に愕然とするリックたち。そのうえミショーン、グレン、ダリル、ロジータ、ユージーンも捕まっていた。全員がひざまずかされ、有刺鉄線を巻いたバットを持った男が現れる。

その男は救世主のリーダーのニーガンだった。ニーガンは仲間を殺した報復に1人殺すと伝え、バットを振り下ろす。