『ウォーキング・デッド』シーズン7のあらすじ、ネタバレまとめ

2010年からアメリカで放送開始し、世界中で大人気の海外ドラマ『ウォーキング・デッド/THE WALKING DEAD』!

2018年11月時点ではシーズン9が絶賛放送中です!

そこで、今回は『ウォーキング・デッド/THE WALKING DEAD』シーズン7のあらすじ、ネタバレについてまとめてみました!

⇒シーズン6のあらすじはこちら!

⇒シーズン8のあらすじはこちら!



▼第1話のあらすじ

第1話「惨き鉄槌」(The Day Will Come When You Won’t Be)

ニーガンはエイブラハムを選びバットを振りおろす。エイブラハムは気丈に最後まで振る舞った。それを為す術なく泣きながら見守るリックたち。

ニーガンは不敵な笑みを浮かべながら、バットについた血を泣いているロジータに見せる。怒ったダリルはニーガンを殴りつけ取り押さえられた。しかしダリルを殺さず、代わりにグレンを殴り殺す。

リックはニーガンに必ずお前を殺すと怒りを露わにする。しかしニーガンは不敵な笑みを浮かべながらリックを車に乗せ連れて行く。ニーガンはウォーカーの中にリックの斧を投げ入れとってこいと命令する。

リックは見事に大群のウォーカーの中から斧をとってきた。しかしそれでも屈しないリックにニーガンは息子カールの手を切り落とすようにリックに命令をする。やらなければ仲間が殺されるためリックは奇声を上げながら息子の腕を切り落とそうとする。

しかし、切り落とす前にニーガンが止め、リックはニーガンに服従することを誓わせられる。ニーガンたちが去ると仲間たちはマギーと死体を積みヒルトップに出発する。

▼第2話のあらすじ

第2話「王国」(The Well)

重症のキャロルを助けてくれたのはキングダムというコミュニティのグループだった。キャロルは治療を受けて無事に回復する。キングダムは王と呼ばれるエゼキエルがリーダーをしていた。

エゼキエルは元は虎の飼育係で役者もしていた人物だった。この世界になり人々を助け安心させるために王様役を演じていた。キャロルはエゼキエルとの面談では相変わらずか弱い女の役を演じた。

しかし、エゼキエルもまたキャロルの演技を見破っていた。モーガンはそのまま王国に居続けるが、キャロルは出ていくことにする。その頃、王国では家畜のブタの餌にウォーカーを与えていることをモーガンは知る。

その理由がそのブタ肉を救世主に納品するからだとモーガンは知り、ここでも救世主の存在に翻弄されることになると知る。

▼第3話のあらすじ

第3話「囚われて」(The Cell)

グレンたちが殴り殺された日、ダリルはそのまま捕虜としてニーガンに連れて行かれてしまっていた。囚人服を着せられ飢えと戦いながら精神的に追い詰められていくダリル。その拷問役をやるドワイト。

人を殺したことがないと語っていたドワイトがなぜ変わったのか、ダリルはその理由を知ることになる。ドワイトの妻シェリーはニーガンの妻の1人として従わせられていたのだ。

逃亡して捕まった2人は互いを助けるためにシェリーはニーガンの妻になり、ドワイトは部下になった。しかし、それを知ってもダリルはドワイトが憎かった。

独房の扉が開きっぱなしになり逃げるチャンスがあったダリルは、罠であることを伝えるシェリーの制止を振り払い外へ飛び出す。しかしシェリーの言う通りそれは罠で、ニーガンは待ち構えていた。

ダリルは仲間になるように強要されるが断わる。脅されてもまったく反応しない。ダリルはドワイトによって独房に戻されることになる。

▼第4話のあらすじ

第4話「独裁者の洗礼」(Service)

リックはアレクサンドリアの住民に、あの日の晩のこと、ニーガンのことを話す。渋々、住民たちも物資を貢ぐことに承諾する。ニーガンは予定より少し早くアレクサンドリアに訪れる。

奴隷にされているダリルも連れてこられるがリックと話すことは禁じられる。武器もすべて奪わるが銃の数が帳簿とあっていないことから、リックたちを脅しにかかる。

リックは教会に住人を集めてリーダーはニーガンなのだと伝えると銃の在り処を探る。リックたちは必死に消えた銃を探し回りスペンサーの部屋で発見しニーガンを納得させた。

ミショーンがとってきた獲物もライフルもニーガンに献上するリック。ニーガンが満足して仲間とダリルを連れて帰るとリックはミショーンにこんなのは生きているとは言えないと伝えられる。

リックはそんなミショーンに胸の内を吐露する。ミショーンはそんなリックの思いに理解を示した。

▼第5話のあらすじ

第5話「消せない憎しみ」(Go Getters)

マギーはヒルトップで目を覚ます。医師のおかげでお腹の子供は無事だった。滞在していたサシャにグレンの墓に案内してもらう。

しかし、そんなマギーにグレゴリーは救世主を全滅させていないことを責め立てられ出ていくように言う。

その頃、カールとイーニッドは一緒にヒルトップを目指して外を歩いていた。その晩、ヒルトップに救世主が嫌がらせをしてくる。門を開けウォーカーを中に入れてきたのだ。ヒルトップの住民を先導しマギーとサシャがジーザスと共にウォーカーを一掃する。

翌日、救世主が物資を取りにヒルトップにやってくる。グレゴリーはマギーたちを売ろうとしたがジーザスのおかげで失敗に終わる。そしてジーザスによりリーダー失格を言い渡される。

ジーザスはサシャに頼まれ救世主のアジトを見つけようとするが、そこでカールとでくわす。

▼第6話のあらすじ

第6話「浜辺の村」(Swear)

タラとヒースの長期物資調達ペアは最後の襲撃作戦からずっと外にいる。橋でウォーカーの群れに襲われた二人はタラが橋から転落して川に落ちてしまった。

タラは目覚めると浜辺に打ち上げられていた。近くに水が置かれていることに気が付きタラは置いていった子連れの女性の後を着ける。

たどり着いたのは女性と子供しかいないオーシャンサイドと言われるコミュニティだったが、よそ者のタラは拘束されてしまう。その後リーダーのナターシャに仲間になるよう勧められるが自分の仲間の元に帰ると伝える。

しかし、ナターシャはオーシャンサイドの場所を知ったタラを帰す気はなく、留まらないのなら殺すようにビアトリス達に襲わせた。しかしナターシャの孫シンディの助けがありタラはなんとか逃げ出すことに成功する。

▼第7話のあらすじ

第7話「法律と罰則」(Sing Me a Song)

ニーガンのアジトを突き止めるために救世主の物資調達のトラックに乗ったカールとジーザスは、目的の場所をつきとめトラックを降りることにする。ジーザスが先に飛び降り手本を見せるが、カールは降りる気はなくそのままアジトまで向かう。

ニーガンのアジトに着いたカールはいきなり襲撃を行ない救世主に取り押さえられる。しかしニーガンはカールの性格を気に入りアジト内を案内する。

そこでニーガンの妻たちと呼ばれる女の集団やルールを破ったものへの罰も見ることになる。囚われの身のダリルはカールの身を案じるが、ニーガンはカールをアレクサンドリアまで送り届けにいく。しかしリックが不在なためリックの帰りをそこで待ち始めた。

一方、その頃リックとアーロンは湖の真ん中にある家に物資があると考え、ウォーカーが沈む湖を渡ろうとしていた。

ミショーンは救世主の一人を拉致し、ニーガンのいるアジトへ案内させていた。しかしその規模を見て驚愕することになる。

▼第8話のあらすじ

第8話「生きる意義」(Hearts Still Beating)

ニーガンはリックを待つ間にカール達に手料理を作ったり、ジュディスを抱き上げたりして家族ごっこを楽しむ。その頃リックはアーロンと危険な物資調達をなんとか無事に終えアレクサンドリアに帰ろうとしていた。

ダリルは独房に逃げろと書かれた紙を見つけ、開いていた扉から脱走する。途中で出くわした救世主の男を容赦なく殺すとそのままバイクに乗りピルトップに向かった。

アレクサンドリアではニーガンに取り入ろうとしたスペンサーが殺され、キレたロジータが一発しかない弾でニーガンを狙い取り押さえられていた。

弾はニーガンに当たらなかったが、お手製の弾をみたニーガンはオリビアを撃ち殺し誰が作ったのか白状させた。

それにより弾を作ったユージーンは連行されることになった。帰って来たリックは物資を救世主にとられ、アーロンが暴行を受けるが助けることが出来ない。ニーガンのしたことを見たリックはニーガンを殺して自由になることを決める。

▼第9話のあらすじ

第9話「戦いの礎」(Rock in the Road)

ヒルトップに訪れたリックは協力して戦うことを提案するがグレゴリーは一切耳を貸さない。しかし、ヒルトップの住民たちは一緒に戦う意志を見せる。

ジーザスに案内されてリックはエゼキエルが治めるキングダムに行く。エゼキエルは戦うことは拒否するも逃げてきたダリルを匿うことは承諾する。

リックは帰り際に脅迫してでも戦わせろとダリルに伝えていた。アレクサンドリアへ戻る途中でダイナマイトを使った罠が仕掛けてあることに気が付く。

リックたちは押し寄せるウォーカーを撃退しながらダイナマイトを手に入れる。救世主から奪った無線によりダリルの逃亡に彼らが気づいことを知る。

リックはアレクサンドリアにダリルを捜しにきた救世主をかわすと、行方がわからなくなったゲイブリエルを捜し湖にたどり着くが他のグループの待ち伏せを受ける。

▼第10話のあらすじ

第10話「瓦礫の牙城」(New Best Friends)

キングダムは住民に内緒で救世主に物資を渡していた。救世主は誰も殺さないというが物資供給の場でキングダムの守衛リーダー・リチャードに因縁をつけ怒らせる。キングダムの守衛たちは武器を全て没収されてしまう。

リチャードはダリルを誘って救世主を待ち伏せして殺す計画を手伝ってもらおうとする。しかし、襲撃の罪をキャロルに着せるつもりだと知ったダリルが力ずくでリチャードを止める。

リックはゴミ山で清掃人というグループに捕まる。ゲイブリエルも彼らに拘束されていた。リーダーのジェイディスは物資はもともと自分たちのものだから返してもらったという。

その後、リックが救世主を倒す協力を要請するが、最終的にジェイディスはリックの強さを認め了承することになる。

ダリルはキャロルの家を訪ねた。再会を喜ぶ二人だったが、もう人を殺すことが苦痛でしかないというキャロルにダリルは救世主にグレンたちが殺されたことを言えなかった。

▼第11話のあらすじ

第11話「自我を失い」(Hostiles and Calamities)

ニーガンに救世主のアジトである聖域に連れてこられたユージーンは恐怖で怯えていた。ニーガンはユージーンの頭の良さを気に入り仲間として迎えると言う。

一方、逃げ出した妻シェリーを追ってきたドワイトははぐれた時に落ち合う場所と決めていた民家にやってくる。しかしシェリーの姿はなく置き手紙だけがあった。手紙にはドワイトの本心がわからないこと、もう耐えられないことが書かれていた。

ドワイトはシェリーへのプレゼントを置いてその場を離れる。聖域に帰ったドワイトはシェリーが死んだと嘘をつき、カーソン医師にダリルの逃亡補助など全ての罪をきせニーガンの手で処刑させる。その処刑を見ることを強要されるユージーン。

ニーガンの妻の1人が自殺を考えていることから毒薬を作って欲しいと頼まれ、作ったユージーンだったが、妻たちの目的が自殺ではなくニーガン殺害であることが分かり渡すのをやめる。

ニーガンがユージーンの部屋に来て「お前は誰だ?」と尋ねるとユージーンは「ニーガンだ」と答える。

▼第12話のあらすじ

第12話「覚悟」(Say Yes)

リックとミショーンは数日間アレクサンドリアを離れ物資調達に行くことにする。目的は清掃人に渡す武器を見つけるためだった。たまたま見つけた遊園地で武器を持ったウォーカーがたくさんいるのを見つけ喜ぶリックとミショーン。

建物の上から観察をしていたが屋根が抜けて2人共下に落ちてしまう。しかしケガはなく、その建物内でたくさんの食料を見つける。

アレクサンドリアではなかなか前に進まない救世主の殲滅戦に業を煮やしたロジータがゲイブリエルに胸の内を吐露していた。ゲイブリエルはロジータを諭すが、ロジータはそのままヒルトップへ出発していく。

リックとミショーンは危険になりながらも何とか切り抜け武器と食料を手に入れた。しかし清掃人のジェイディスに足りないと言われ、もっと探すことにする。

▼第13話のあらすじ

第13話「決懐した良心」(Bury Me Here)

エゼキエルたちはいつものように救世主への納品に向かうが、途中で周囲の様子がおかしいことから襲撃を恐れて慎重に行動したため約束の時間に遅れてしまった。

しかも納品するはずのメロンが一つ足りないことも指摘され、揉めた挙げ句にベンジャミンという青年が撃たれてしまう。キャロルの家に連れ込むが治療できずにベンジャミンは死んでしまう。

ベンジャミンと親しくしていたモーガンは動揺しメロンの犯人探しをする。その結果守衛のリーダー・リチャードだったと分かる。リチャードも罪を認め、自分が殺されてその結果キングダムを救世主と戦わせる策だったことを話す。

その翌日、足りなかったメロンを救世主に納品したモーガンたちだったが、その場でモーガンは全てリチャードがやったことだとばらしリチャードを殺す。そしてモーガンはキャロルのもとに出向いてニーガンに殺された仲間の名前を教えた。

▼第14話のあらすじ

第14話「密かな断行」(The Other Side)

ヒルトップではマギー、サシャ、ジーザスが中心になり戦った経験のない住民たちに武器作りや戦い方を教えていた。サシャはジーザスに頼んだ救世主のアジトの見取り図を見ながら襲撃計画を立てていた。

そんなサシャの元にロジータがやってくる。ロジータはサシャにニーガン襲撃の手助けを求めた。その時、救世主たちがヒルトップにやってくる。

2人は救世主に見つからないようにヒルトップを出るとニーガンの襲撃に聖域に向かう。ヒルトップでは救世主が医師を連れていく。グレゴリーは住民の信頼を失うとニーガンの右腕サイモンに懇願するが押し切られてしまう。

ロジータとサシャは聖域についたものの、ユージーンを見かけたため助け出そうとする。しかしユージーンはここにいたら怖くないと救出を断った。

その後、サシャだけ中に侵入し金網を閉じられてしまう。サシャは死ぬのは自分だけでいいとロジータに伝えると建物内に侵入していった。ロジータは逃げるしかなかった。

▼第15話のあらすじ

第15話「余地なき選択」(Something They Need)

タラはリックにオーシャンサイドという女だけのコミュニティの存在を明かす。救世主に襲われて男が全員殺された彼女たちに協力を求めてリックたちはオーシャンサイドに向かう。

タラがナターシャに協力を求めるがナターシャは拒否する。その後リックたちは手はず通りにオーシャンサイドを制圧し一緒に戦おうと説くがナターシャに拒否される。

最終的にオーシャンサイドの住民は戦いに参加はしないものの、武器はすべて借りることが出来た。

一方、襲撃に失敗したサシャは捕らえられていた。ニーガンに仲間に慣れと言われ、ユージーンにも説得されるが最終的に自殺を選択する。

しかし、道具がないことからユージーンになんでもいいから渡してくれるように懇願した。ユージーンはニーガンの妻の頼みで作った毒薬をサシャに渡した。

▼第16話のあらすじ

第16話「意志を継ぐ者たち」(The First Day of the Rest of Your Life)

アレクサンドリアに帰って来たリックたちをドワイトが待っていた。ロジータが聖域から連れてきたのだ。信用出来ないと怒るタラとダリル。

しかし、妻が失踪した今、ニーガンを殺すことだけがドワイトの目的になっていた。リックはドワイトを利用することにする。ドワイトの情報で次の日ニーガンがやってくることを知ったリックは作戦を決行することにした。清掃人も呼び寄せ、爆弾の準備もする。

ニーガンはサシャを連れて部下たちとアレクサンドリアに向かう。アレクサンドリアでニーガンと向かい合うリックだったが清掃人に裏切られ危機的状況に陥る。

棺に入れられたサシャが服毒自殺をしていたことから、棺を開けたニーガンがウォーカー化したサシャに襲われる。

その隙をついて清掃人を殺したカールにより銃撃戦に発展する。しかしリックたちは制圧されてしまいニーガンによってカールが処刑されそうになる。

その時、ヒルトップとキングダムが加勢に入り、リックはニーガンを撃退することに成功する。