『とある魔術の禁書目録Ⅲ』第5話のあらすじ、感想、ネタバレまとめ

鎌池和馬(かまちかずま)原作、シリーズ累計3000万部を突破の大人気ライトノベルをアニメ化した作品『とある魔術の禁書目録Ⅲ

2008年10月にアニメ化し、その2年後(2010年10月)に第2期の放送がされました。

それから約8年の時を経て、ファン待望の第3期が2018年10月5日より放送開始しました!

今回はそんな『とある魔術の禁書目録Ⅲ』第5話のあらすじ、感想、ネタバレについてまとめてみました!

⇒第4話のあらすじはこちら!



▼第5話のあらすじ

第5話「未元物質(ダークマター)」

『アイテム』の追撃をかわし、親船暗殺の裏に隠された目的――『ピンセット』の奪取に成功した『スクール』。その戦利品は学園都市7人の『超能力者』のひとりにして『スクール』を統べる、垣根帝督の手におさまっていた。

一方、さらなる情報を追って、衛星へのクラッキングを阻止しようとしていたアクセラレータたちに、『ブロック』に潜入していた海原からの連絡が入る。

自分たちの行動が彼らの思惑にのせられたものだったことに気付いたアクセラレータたちは、海原と合流し、『ブロック』の真の標的が結標であることを突き止める。次に狙われるのは、彼女の弱点となる少年院に収容された仲間たち。

そして、急行した彼らの前に、海原のかつての仲間、アステカの魔術師・ショチトルが現れ…。

▼第5話の感想、ネタバレ

スクール、アイテム、ブロック、メンバー、ブロックといろいろ学園都市の暗部が登場して、それぞれが独自に動くために理解するのが難しく何回も見なければ分かりませんでした。こういう難しい設定も禁書の魅力の一つだと思うので楽しみたいと思います。 海原vsショチトル(メンバー)とか、結標vs手塩(ブロック)と、今回戦闘があり、結標の方は一応決着したみたいですが、海原とショチトルの方はまだ、いろいろと今後もあるような気がします。今後この続きは描かれるような気がするので期待して待ちたいです。 メンバーと戦いをする前に大体、「グループかそれともアイテムか?」、「私はメンバーだ」というやり取りがあるのですが、なんかこのやり取り好きです。

-40代 男性-

 

今回は海原光貴と結標淡希にスポットが当てられてました。二人の過去の因縁が現在の物語に絡んできます。結標はアニメ二期では白井黒子の強敵として登場しましたが、今回では人質に取られた少年院にいる仲間のために戦います。能力にトラウマを抱えながらも戦う強い少女の一面が見られ高感度があがりました。街では地下組織の抗争が派手に行われ、禁書目録らしくない物騒なことになっています。展開が早すぎてやや理解が追いつかない部分がありつつもやはり面白いと言えます。

-男性-

 

シーン場面構成のカット割りがぶつ切りすぎてまったく意味不明な展開でした。せっかくの戦闘シーンも決着がつくシーンをカットして敵の女性と戦っていた男性も、次の次あたりのシーンには土御門とアクセラレーターと一緒にけろっとしている始末。話の展開も分かりづらいし、ただただ敵さんがよくわからないことを説明してるだけで視聴者にわかりやすく伝える脚本では無いなと思えます。私は原作未読ですが、周りの原作既読の人達もあまりにも酷いと口を揃えて言っています。今後も視聴を続けるつもりですが、アニメの展開が今後改善されることを希望します。

-20代 男性-

 

アクセラレータと垣根帝督がそれぞれバトルをしたのですが、相手がしょぼすぎて2人とも物足りないようでした。早くこの2人に直接ぶつかりあって欲しいのですが、それは3期ラストとかくらいになるような気がします。今回は結標淡希と海原光貴にも見せ場があったのですが海原の能力はややこしくて良く分かりません。もう少し分かりやすくしてほしいと思いました。そしてラストに垣根帝督がアイテムの本拠地に襲撃に行ったのですが次回は麦野沈利とのレベル5同士の戦いが見れるのでしょうか。とても楽しみにしています。

-男性-

 

最後に出てきた『ドラゴン』というキーワードが気になりますね。禁書目録でドラゴンと聞くと、もうずっと前に上条さんが千切れた右腕から竜を生やしたのを思い出します。あまり細かい事は覚えていませんが、やっぱりイマジンブレイカーを持っている上条さんも学園都市にとって超重要人物なんですかね? アレイスターから見て上条さんはどういう認識・存在なのかが気になります。そこに今回の事件で主役を張ったグループの4人がどんな風に関わってくるのかも楽しみですね。

-30代 男性-

 

前話の続きで暗部組織のグループ、アイテム、スクールが中心にピンセットという重大秘密が隠されているものを巡って熾烈な争いを行っていましたが、やはり、スクールの垣根が強いなという印象があり、グループに所属する学園都市最強のアクセラレータがどのように垣根と戦っていくのかが楽しみに思いつつ、自分の力で能力を使えなくなったアクセラレーターの実力はどうなのか少し不安になりました。また、かつて海原と仲間だった魔術師が出てきたり、三期は本当にいままで出てこなかったキャラクターが解禁され、毎週楽しみです。

-男性-

 

前回から引き続きの暗部編です。自分も変な頭してるのに、初春がラストオーダーを「アホ毛ちゃん」と呼ぶシーンが印象に残りました。原作だと文字だけなので麦野や垣根帝督の能力がイメージしづらかったのですが、やはりアニメなのでどのような能力なのかわかりやすかったです。次回からは展開的に垣根帝督がアイテムに対して優位に立ち回り、アクセラレータとも戦うシーンが出てくるはずなのでとても楽しみです。原作を読んでいた頃から暗部編が好きだったのでOVAでなく本編で取り上げてくれるのがとても嬉しいです。

-男性-

 

「アホ毛ちゃーん」の一言でかくれんぼから出てくるラストオーダー、クセの強い話方もあいまって可愛いですね~と思った冒頭です!今回も銃撃・強襲・戦闘シーンがあって緊張感をもって視聴できました。といいますか、今回は戦闘シーンが見所ですね、空間移動能力レベル5の戦い方は想像の遥か上すぎてついていくのがやっとです。特殊能力の弱点を見つけるには理論と理屈が合致しないとなかなか見出せないものですね。キャラの能力や物語の説明の逃すとついていけないので集中して次回も視聴します。

-30代 男性-

 

第5話を鑑賞して、グループ、スクール、ブロック、メンバー、アイテムなどの闇組織の戦いが大きな見所だと感じました。グループの一方通行、スクールの垣根提督、アイテムの麦野沈利など、それぞれの組織に魅力なキャラクターがいて、このレベル5、三人の戦いが今からとても楽しみです。そして、第5話では自分の好きなキャラクター座標移動の結標淡希が過去のトラウマを克服する描写が描かれており、キャラクターの内面を掘り下げた内容に大きく心を揺さぶられました。

-20代 男性-

 

私はこのアニメの原作を読んでないからアニメを見ただけでは何が何だかよくわからないのです。たしか、このアニメは上条さんが主人公でしたよう気がするのですが彼が全く出てきません。それに軍人と一緒にいた女子学生が爆発で吹き飛んどったけどあの人はなんなのかという説明もないまま話が進んだり、敵がこちらが聞いていないことをぺらぺら喋りだすとかよく分からないです。尺がたりなくて詰め込み混みすぎのアニメになっているのだけは分かります。

-男性-

 

アクセラレータのチームや垣根提督のチームがほかのチームに狙われて…という入り乱れた回でした。最初はレベル5相手に戦えてる感が出ていましたが、さすがレベル5!あっさり形成逆転して勝ってしまいますね。相変わらずアクセラレータはすごいです。弾丸を自分に撃つことで、ベクトル変換させて相手に飛ばしますから…。垣根提督は羽根生えてるくらいしか分からないのですが、戦闘向きの能力なんでしょうね…。次回も楽しみですねー。

-男性-

 

早速、最新6話をさっき観てしまいました…。フレンダあのセリフが最後でしたか…垣根にケンカ売らなかったら…。とそんなわけでアイテム壊滅寸前でハラハラしてました。結果は知ってましたけどね。描写はけっこうエグかったので。この話はゴチャゴチャしてる感があって特に辛いです。けどアクセラレータの主役回みたいなもんですからね。でもパワーアップ的な描写にみえなく。けど学園都市1・2・4の闘いは熱いです。麦野の扱いざつですが。いいとこないですやん。ハラハラ感が満載の5話終盤でした。

-男性-