【MARVEL(マーベル)】スカーレット・ウィッチ(ワンダ)の女優、経歴、能力、出演作品の紹介

▼はじめに

今回はアベンジャーズのメンバーである『スカーレット・ウィッチ(ワンダ)』の女優、経歴、武器、登場作品についてご紹介します!

▼基本情報

ヒーロー名:スカーレット・ウィッチ(Scarlet Witch)
本名:ワンダ・マキシモフ(Wanda Maximoff)
身長:170.1cm
体重:59.8kg

▼スカーレット・ウィッチの女優(映画)

エリザベス・オルソン(28歳)

※日本語吹き替え:行成とあ

▼スカーレット・ウィッチの経歴

・X-MENシリーズのヴィランであるマグニート(マックス・アイゼンハート)と妻マグダの間に双子で生まれる

・マグダはマグニートの元から逃げ、故郷で双子(ワンダとピエトロ)を出産する

・その後、マグダが亡くなり、双子は知人の夫婦に預けられる

・能力に目覚めたワンダは迫害され、マグニートによって保護されるが、当時は互いに血縁関係を知らなかった

・マグニートは双子をブラザーフッド(チーム)に加え、X-MENと幾度も対決する

・マグニートが拉致されてブラザーフッドが解散すると、双子はマグニートの元を離れた

・その後、アイアンマンに誘われて、双子揃ってアベンジャーズに加わる

▼豆知識

・ホークアイ、ヴィジョン、ワンダーマンと親密な関係になり、ヴィジョンと結婚する

・魔法を使ってヴィジョンとの子供を妊娠し、双子を出産する

・全世界のミュータント(能力者)の90%から能力を消滅させたことがある

・ワンダとフェニックスフォースの力には繋がりがある

・ウルヴァリンの力を得たローグによって殺されるが、仲間の協力で死を無かったことにする

▼スカーレット・ウィッチの能力

確率操作(ヘックス・パワー)
⇒物事が起こる確率を操作し、視界のターゲットを不幸にする力

現実改変
⇒現実そのものを思った通りに変える力

テレキネシス(念動力)
⇒離れた物を操作、推進、浮上させる力

エネルギー爆発
⇒エネルギーを爆発させ、物体にダメージを与える力

エネルギーバリア
⇒エネルギーでバリアを作り、物理的な攻撃から守る力

テレパシー
⇒人間のように意思を持つ存在の心を読む力

心理操作
⇒イメージを見せ、他者の心を誘導する力

テレポーテーション
⇒自分や他の人を遠距離に転移させる力

▼スカーレット・ウィッチの出演作品

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年公開)

キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー(2016年公開)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年公開)

コメントを残す