『ロケット』の俳優、経歴、武器、出演作品の紹介

今回はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーである『ロケット』の俳優、経歴、武器、出演作品についてご紹介します!



▼基本情報

本名:ロケット・ラクーン(Rocket Raccoon)

相棒のグルートと共に活動している賞金稼ぎ。遺伝子操作によって人間並みの知能を得ており、メカの扱いを得意とする。

見た目にコンプレックスを持っており、『アライグマ』と呼ばれることを嫌っている。

クイルに賭けられた賞金を狙ってグルートと共に襲撃したことをきっかけに、クイルやガモーラ、ドラックスと出会う。

クイル達とオーブをサノスの配下(ネビュラとロナン)から守った後、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を結成する。

▼ロケットの俳優(映画)

俳優:ブラッドリー・クーパー

日本語吹き替え:加藤浩次

▼ロケットの経歴(原作コミック)

・ロケットは宇宙壁によって外部と隔絶された領域、キーストーン・クアッドラントに存在する流刑惑星「ハーフワールド」の出身

・エイリアンが研究のために作った精神病患者を収容する惑星だった

・しかし、予算が底をつき、エイリアン患者の世話をロボットに任せて、研究から手を引いた

・エイリアンが去った後、患者たちにコンパニオンが必要だと判断したロボットにより、地球の動物を遺伝改造して人間並みの知能を与えられ、生まれたのがロケットだった

・ロケットは宇宙船「ラックン・ルイン」号の船長であり、彼と一等航海士のウォル・ラス(セイウチ)はキーストーン・クアッドラントに襲いかかる脅威からコロニーを守る守護者であった

・この頃、「ハーフワールド」の聖典を盗もうとしたジャドソンジェイクス(モグラの悪者)を偶然迷い込んできたハルクと一緒に防いだことがある

・その後、ロケットと動物及びロボットたちは冒険のために「ハーフワールド」を離れ、宇宙へと旅立った

・そして、クリーで逮捕されていたロケットは、スターロードが率いる囚人部隊にグルートと共に入り、クリーに侵攻しようとするエイリアン「ファランクス」と戦う

・戦いの後、スターロードに誘われ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバーになる

ハルクと一緒に戦うロケット

▼豆知識

・実は強迫性障害である

・スターロード不在の時は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を指揮する

・カプコンの対戦格闘ゲームでMARVEL側の追加キャラクターの1人に選ばれた

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを指揮するロケット

▼ロケットの武器

レーザーキャノン

折り畳み式のレーザーキャノン。普段は背中に装備している。

▼ロケットの出演作品

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年公開)

ガーディアン・オブ・ギャラクシー/リミックス(2017年公開)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年公開)

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年公開)



コメントを残す