『ヨンドゥ』の俳優、経歴、武器(矢)、出演作品の紹介

今回は、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに登場する『ヨンドゥ』の俳優、経歴、武器(矢)、出演作品についてご紹介します!



▼基本情報

本名:ヨンドゥ・ウドンタ(Yondu Udonta)

最初のラヴェジャーズに参加していた古参の一人。クイルの育ての親で、エゴの依頼でクイルを地球から誘拐した張本人でもある。

だが、エゴの企みを知り、クイルをエゴに引き渡さずに自ら育てていた。

現在は本隊を離れ、海賊船エクレクターの船長として、自らの一派を率いている。

金になることなら何にでも首を突っ込む荒くれ者の集団のため、部下に反乱を起こされることもある。

 

▼ヨンドゥの俳優(映画)

俳優:マイケル・ルーカー

日本語吹き替え:立木文彦

▼ヨンドゥの経歴(原作コミック)

・原始的な種族であるザトアン部族のハンターであった

・彼の故郷は、バドゥーンよって植民地化された最初の惑星だった

・ある時、地球の宇宙飛行士である「ヴァンス・アストロ」が船でヨンデュの惑星を偵察するために上陸する

・そして、成人になるための儀式として試練の最中であったヨンドゥは、物理学的調査をしていたアストロと遭遇する

・ヨンドゥは外界人との接触を避けようとするが、セントラリア人の散らばった部族を根絶するためにバドゥーンという種族が惑星へ攻撃を仕掛けてくる。

・二人は協力してアストロの調査船で、星系の中で最も近い惑星にむけて脱出するが、追いつかれてバドゥンの捕虜となってしまう。

・後に二人は脱出し、木星植民地にチャーリー27とチームを作り、マルティネックスの協力を得て冥王星にコロニーを形成する

・そして、バドゥンと戦うために『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をつくる

・別の世界線(正史世界)では、幼い孤児の「ピーター・クイル(スターロード)」を自身のチームである『ラベジャーズ』に引き入れる

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』としてバドゥンと戦うヨンドゥ達

▼豆知識

・ヨンドゥはハンターであったため、弓と矢の専門家である

・4オクターブの範囲で口笛を吹くことができ、弓を操っている

・セントラリア人として、他の生物に感情移入するのを制限する「第六の感覚」を持っている

▼ヨンドゥの武器(矢)

ヤカの矢

ヤカの矢

特定の高オクターブの口笛に反応して自由自在に方向を変え、あらゆる装甲を貫く特殊な武器。

※速度はコントロールできない。

▼ヨンドゥの出演作品

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年公開)

ガーディアン・オブ・ギャラクシー/リミックス(2017年公開)



コメントを残す