『俺ガイル』登場人物(キャラクター)まとめ

渡航が原作を務め、タイトルの長さから「俺ガイル」の通称で知られる大人気ライトノベル『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』。

千葉県にある市立高校を舞台に、ぼっちでひねくれた性格の主人公が、ひょんなことから人助けをする奉仕部に入部し、様々な依頼や出会いを通して成長していく姿を描いた作品です!

なんと2014年、2015年には「このライトノベルがすごい!」の作品部門で第1位を2年連続で受賞しています!

そして、2013年4月にはTVアニメ化し、2015年4月に第2期が放送、2020年7月に第3期が放送されました!

今回は、そんな大人気作品『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』の登場人物(キャラクター)についてまとめてみました!



▼登場人物

比企谷 八幡(ひきがや はちまん)

CV.江口拓也

本作の主人公。総武高校2年F組の男子生徒。ひょんなことから生活指導担当の静先生に目をつけられ、悩みを抱えている生徒を助ける部活『奉仕部』に入部させられる。

学校では基本的にぼっちで、『人間関係には必ずどこかに裏があるのでは』と思ってしまうひねくれた性格をしている。

目と性格が腐っているとよく言われており、死んだ魚の目をしているらしい。また、スクールカーストが下層でぼっちな自分に対して完全に開き直っている。

他人から期待をされ、それを裏切ってしまった時、自分を責めてしまうほどのひねくれ者で、これまでの人生の中で起きたことにより多くのトラウマを抱えている。

常に物事を斜めから捉えて見てしまうのに加え、他人の言葉の裏を読む癖があり、この癖のことを雪乃からは「自意識の化け物」と評されている。

成績は文系で学年上位を取るほど優秀な一方で、数学は学年でも下位であり、得意不得意がはっきりとしている。

妹の小町を溺愛しており、小町に好意を寄せている大師に対してはめちゃくちゃ塩対応を取っている。

雪乃とは考え方が正反対なためぶつかることも多いが、人付き合いが苦手なところにはシンパシーを感じており、同じぼっちでも周囲の目を気にせずよう自分を貫く彼女に尊敬の念を持っている。

雪ノ下 雪乃(ゆきのした ゆきの)

CV.早見沙織

本作のヒロインの一人。八幡と同じ総武高校の2年生で、普通科よりも偏差値が高い国際教養科である2年J組に所属。奉仕部の部長を務めている。

基本的に一人でなんでもできてしまう完璧超人で、成績も優秀なうえ容姿も優れており、まさに才色兼備な女子生徒。

多くの男子から好意を寄せられる一方で、女子からは嫉妬を集めてしまうため、過去には嫌がらせを受けたこともあり、友達を作ろうとしてこなかった。

ほぼ全てのことを無難にこなせるゆえに、1つのことに集中して取り組んだ経験が無く、それが唯一の欠点となっています。

クラスが異なるため、八幡とは特に接点はなかったが、八幡が静先生によって奉仕部へ連行されたことから、二人の交流が始まる。

由比ヶ浜 結衣(ゆいがはま ゆい)

CV.東山奈央

本作のヒロインの一人。八幡と同じ総武高校2年F組の女子生徒。葉山や三浦と同じスクールカースト上位のグループに所属するリア充。見た目も華やかで、かつ巨乳なため男子からの人気も高い。

非常にアホで成績は悪いが、コミュニケーション能力に優れており、その明るい性格から交遊関係は広い。

その反面、クラス内で八方美人のような振る舞いをしてしまい、流されてしまうことに悩んでいた。

そんなある日、高校入学初日、車にひかれそうになった愛犬サブレを助けてもらったお礼として、八幡に手作りクッキーを渡すために奉仕部を訪れる。

そして、奉仕部で雪乃と八幡がお互いの考えをぶつけ合う姿に感動し、奉仕部に頻繁に出入りするようになり、後に入部する。

雪乃とは気が合うのか仲良くなり、彼女の家でお泊まり会をしたり、「ゆきのん」というあだ名で呼ぶほど親しくなっている。

八幡に好意を持っているが、なかなか想いを伝えることができず、八幡に迫る女性に嫉妬することもしばしば。ちなみに、八幡のことは「ヒッキー」というあだ名で呼んでいる。

「やっはろー」という挨拶が印象的。

平塚 静(ひらつか しずか)

CV.柚木涼香

総武高校の教師。生活指導を担当しつつ、奉仕部の顧問を務めている。美人だが男運が悪いため独身のアラサーで、結婚できないことを気にしている。

基本的には生徒の自立性を重視し、奉仕部の活動にも干渉し過ぎることはないが、必要な時には八幡や雪乃に大人なアドバイスを送っている。

口調はあまり良くないがとても生徒の面倒見はよく、生徒からも信頼をされており、相談も持ちかけられることが多い。

八幡が奉仕部に入る原因となった人物で、社会不適合者と自分が感じた人物を奉仕部に入部させるといった自分の中での決まりがあるもよう。

自立性を大事にする考えを持っていますが、熱血系の漫画やアニメを見ているので時には拳で語ることも好んでいる。

比企谷 小町(ひきがや こまち)

CV.悠木碧

八幡の妹。高校受験を控えた中学3年生。兄を反面教師にコミュニケーション能力は高く、要領もいい。座右の銘は「使えるものは兄でも使う」で座右の銘の言葉通り兄を頻繁に利用している。

ひねくれた性格の兄をかなり気にかけており、兄の彼女候補をチェックするなどブラコンな一面を持つ。

ちなみに、志望校は兄が通っている総武高校で、成績はそこまで良いわけではないため、受験勉強を頑張っている。

戸塚 彩加(とつか さいか)

CV.小松未可子

八幡のクラスメイトで、総武高校2年F組の男子生徒。テニス部の部長を務めている。見た目は完全に美少女だが、性別は男。

その外見と優しく穏やかな性格なため、可愛いと言われることが多いが、本人は男らしい振る舞いに憧れている。

村木座 義輝(ざいもくざ よしてる)

CV.檜山修之

八幡のクラスメイトで、総武高校2年F組の男子生徒。太った体型とメガネが特徴。オタクかつ中二病であり、季節関係なしにコートとグローブを身に付けている。

川崎 沙希(かわさき さき)

CV.小清水亜美

八幡のクラスメイトで、総武高校2年F組の女子生徒。長い髪の毛をポニーテールでまとめていて、かつ長身でスタイル抜群。

家族思いの優しい性格をしている反面、言葉遣いがとても悪く、クラス内では一人でいることが多い。

一色 いろは(いっしき いろは)

CV.佐倉綾音

本作のヒロインの一人。総武高校の1年生で、葉山や戸部が所属するサッカー部のマネージャーを務めている。あざと可愛い小悪魔的な女の子。

ニックネームは「いろはす」で、小悪魔的な行動で男子から人気を集めているが、八幡には看破されている。

生徒会役員選挙の際、自らの意志に反して生徒会長の候補者にされてしまい、選挙で落選するために奉仕部へ依頼する。

しかし、紆余曲折があって八幡に乗せられる形で生徒会長になる。その後は、事あるごとに奉仕部を訪れ、生徒会長権限で奉仕部を巻き込んでいる。

当初、サッカー部のエースで人気の高い葉山に恋心を抱いていたが、告白して振られている。

葉山 隼人(はやま はやと)

CV.近藤隆

八幡のクラスメイトで、総武高校2年F組の男子生徒。サッカー部のエース兼部長を務めている。イケメンで成績も優秀、さらには性格も良いというリア充。三浦や結衣と同じスクールカースト上位のグループに所属している。ちなみに、父親が弁護士で母親が医者である。

三浦 優美子(みうら ゆみこ)

CV.井上麻里奈

八幡のクラスメイトで、総武高校2年F組の女子生徒。三浦や結衣と同じスクールカースト上位のグループに所属している。美人だがギャルで、葉山以外の男子にはキツイ口調のため、男子生徒から「獄炎の女王」と呼ばれ恐れられています。また、雪乃に対して対抗心を抱いており、口論の末に泣かされることもしばしば。

海老名 姫奈(えびな ひな)

CV.ささきのぞみ

八幡のクラスメイトで、総武高校2年F組の女子生徒。肩までの黒髪に赤いフレームの眼鏡が特徴。葉山や三浦と同じスクールカースト上位のグループに所属している。かなりの腐女子だが、全くそのことは隠していない珍しい人物。

戸部 翔(とべ かける)

CV.堀井茶渡

八幡のクラスメイトで、総武高校2年F組の男子生徒。性格は明るくムードメーカー的な存在で、茶髪にカチューシャが特徴。葉山や三浦と同じスクールカースト上位のグループに所属している葉山とは同じサッカー部ということもあり、共に行動することが多い。海老名に好意を持っている。

城廻 めぐり(しろめぐり めぐり)

CV.浅倉杏美

総武高校3年生。生徒会長を務めている。能力自体はそこまで高くないが、人は惹き付ける独特な雰囲気がある人物。外見は肩よりも少し長めの髪は三つ編みが特徴。

折本 かおり(おりもと かおり)

CV.戸松遥

中学時代の八幡のクラスメイト。中学時代に八幡から告白をされた際、翌日クラス内でバレるという出来心があり、本人が告白されたことをバラしていた。八幡が人間不信に陥るきっかけを作った人物。

雪ノ下 陽乃(ゆきのした はるの)

雪乃の姉。総武高校のOGで、現在は千葉の国立大学の大学生。雪乃と同様に成績優秀なうえ容姿も優れている。また、雪乃とは対照的にコミュニケーション能力も高い。

鶴見 留美(つるみ るみ)

CV.諸星すみれ

八幡や葉山が夏休みに千葉村キャンプを訪れた際に出会った小学生。友達からはぶられていたところを八幡たちに見られ、その後、あるイベントで相変わらず一人で浮いていた留美は再び八幡と再会し、八幡の案で、劇の主役に抜擢されることになる。

川崎 大志(かわさき たいし)

CV.村瀬歩

川崎沙希の弟。小町と同じ塾に通っている中学3年生。小町に好意を寄せている。

川崎 京華(かわさき きょうか)

CV.浅倉杏美

川崎沙希と大志の妹です。保育園に通っている保育園児で、沙希が面倒よく世話をしている。

 


 

いかがでしたか?

今回は「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」の登場人物をまとめさせていただきました。この記事を読んで興味が出たら是非読んでみてください!