『ウォーマシン(ローディ)』の俳優、経歴、武器、出演作品の紹介

今回は、アイアンマン(トニー・スターク)の親友であるウォーマシン(ローディ)の俳優、経歴、武器、出演作品についてご紹介します!



▼基本情報

ヒーロー名:ウォーマシン(War Machine)
本名:ジェームズ・ローズ(James Rhodes)

アメリカ空軍のパイロット。階級は中佐。アイアンマンことトニー・スタークの親友。

トニーが作ったパワードスーツに改良を施した”ウォーマシン”を着用し、アメリカのために働いている。

ソコヴィアでのウルトロンとの最終決戦を経て、再編された『アベンジャーズ』の一員となる。

▼ウォーマシンの俳優

アイアンマン(2008年公開)

俳優:テレンス・ハワード

アイアンマン2以降

俳優:ドン・チードル

日本語吹き替え:高木渉

▼ウォーマシンの経歴(原作コミック)

・ジェームズローズは米国海兵隊の中尉として東南アジアで任務についていた

・戦闘によりローズが乗るヘリは撃ち落とされ、ジャングルに墜落する

・そのジャングルでパワードスーツを着て監獄から脱獄したアイアンマン(トニースターク)と初めて出会う

・そして、アイアンマンと共に待ち伏せしていたベトナム兵を倒し、敵のロケット基地を発見、破壊する

・その後、アメリカに帰ったローズはスタークから彼の個人パイロットとしてスカウトされ、スタークインターナショナルのチーフ航空エンジニアになる

・会社の経営が悪化し、アルコール中毒になったスタークに代わり、アイアンマンのスーツを着て、ヒーロー活動をする

・スタークが立ち直り、再びアイアンマンとして活動し始めてからもローズはスタークの補助を続けた

・スターク生きていたという意外な事実にショックを受け、ローズは彼のもとを離れ、二人の友情は壊れる

・しかし、ローズを殺すようにプログラムされたバトルドロイドに対抗するため、スタークはローズが常にスーツを着ることを望んだ

・結局、ローズはスーツを着ることにして、『ウォーマシン』と名付け、アベンジャーズの西海岸支部に加わった

▼豆知識

・S.H.I.E.L.Dからスタークの技術を保護するために、余分なアイアンマンのスーツを海に沈めた

・独身で結婚していない

スタークに代わりアイアンマンとなるローズ

▼ウォーマシンの武器(原作コミック)

・ヘルメット搭載⇒レーザーサイト

・ガントレット搭載⇒火炎投射装置

・肩搭載⇒30mmパームリピューサー、ミサイルボックスランチャー、電動小型銃

・その他⇒火炎爆弾、消火剤、催涙ガス、低視界センサーなど

▼ウォーマシンの出演作品

アイアンマン(2008年公開)

アイアンマン2(2010年公開)

アイアンマン3(2013年公開)

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年公開)

キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー(2016年公開)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年公開)

キャプテン・マーベル(2019年公開)

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年公開)



コメントを残す