【保存版】アベンジャーズ(マーベル映画)の観る順番を公開順、時系列順にまとめてみた

ついに、アベンジャーズの完結編にあたる『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開されましたね!

おそらく、過去のマーベル映画をちゃんと観てないと、分からないキャラクターや伏線があったので、疑問を感じた方も多いと思います。

そこで今回は、アベンジャーズ(マーベル映画)を観たいけど、どの作品から観ればいいの?どの順番で観ればいいの?

という疑問を感じている人のために、マーベル映画の時系列を整理しつつ、おすすめの順番をまとめてみました!




▼『アベンジャーズ』シリーズとは?

まず、マーベル映画を観る上での知っておくべき情報が2つあるので、先にご紹介しておきますね!

1つ目は、全ての作品は同じ世界観であり、複数の独立したシリーズが一時的に、1つのストーリーを共有、進行させるクロスオーバー作品であること。

2つ目は、2008年〜2020年の間に24作品の公開を予定しており、各作品は3つのフェイズ(章)に分けられていること。

そして、各作品が共有、進行させる1つのシリーズが『アベンジャーズ』だということです!!

そのため、アベンジャーズにはたくさんのマーベルヒーロー(例えば、アイアンマンキャプテン・アメリカマイティ・ソーハルクスパイダーマンブラックパンサーなど)が登場します♪

なんとなくマーベル映画とアベンジャーズの関係性がご理解いただけたでしょうか?

それでは実際に、マーベル映画を公開順にまとめていきますね!

▼マーベル映画一覧(公開順)

―――【フェイズ1】―――

(1)『アイアンマン

▼あらすじ

軍需企業スターク社のCEOにして、天才発明家のトニー・スタークは、アフガニスタンでアメリカ軍に対して新兵器「ジェリコ」のお披露目に訪れていた。

しかし、その帰路でトニーはテロ組織に襲われ、彼らの本拠地である洞窟に連れて行かれ、拉致されてしまう。そこにはトニーより前に捕虜となっていた物理学者のインセンがいた。

そして、捕虜となったトニーは、テロ組織のために新兵器「ジェリコ」の開発を強制される。

だが、テロ組織の兵器開発に協力しても、協力しなくても、最終的には殺される可能性が高いことから、トニーはインセンと共に「ジェリコ」の開発を装いつつ、戦闘用パワードスーツの開発を進めるのであった。

開発の最終段階でテロ組織にバレてしまうが、インセンが命懸けで時間稼ぎをしてくれたおかげでトニーはパワードスーツを完成させ、敵地からの脱出に成功するのであった。

そうして奇跡的に生還したトニーだったが、スターク社が開発した兵器がテロ組織に使用されていたことにショックを受けていた。

トニーはその償いをすべく、テロ撲滅に命を捧げることを決断し、パワードスーツを装着したヒーロー『アイアンマン』として活動を始める!

公開日:2008年5月2日

監督:ジョン・ファヴロー

興行収入:約644億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:4.0/5点

映画.com:3.8/5点

Rotten Tomatoes:91/100%

IMDb:7.9/10点

(2)『インクレディブル・ハルク

▼あらすじ

科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父・ロス将軍の命令を受け、人体への放射線抵抗の研究していた。

ところが、実験中に事故が発生し、ブルースは多量のガンマ線を浴びてしまい、怒りを感じて心拍数が上がると、凶暴な人格と緑色の巨体『ハルク』に変身する特殊体質となってしまう。

ブルースは『ハルク』を軍事利用しようとする軍の追跡を逃れ、ブラジルに身を隠して治療薬開発と細胞の解明に専念する。

しかし、ふとした出来事からブルースの居場所が割れてしまい、ロス将軍によって送り込まれた特殊部隊員ブロンスキーらに包囲されてしまい、追い詰められたブルースは巨人へと変身し、部隊を壊滅させてしまう。

その後、ブルースはべティの助けを借りて、協力者の「ブルー」ことサミュエル・スターンズの元へたどり着き、遂に肉体を元に戻すことに成功するが、その直後に追いついたロス将軍の部隊に捉えられてしまう。

一方、ハルクの反撃から唯一生き残ったブロンスキーは、あの怪物が兵士強化実験の成れの果てであることを知り、自らも肉体を強化するために実験に志願し、もう一人のハルク『アボミネーション」』へと変身して町で暴れ始める。

このことから、ブルースはパニックに陥る町を守るため、自らの意思で再びハルクへと変身する!

公開日:2008年6月13日

監督:ルイ・レテリエ

興行収入:約290億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.3/5点

映画.com:3.3/5点

Rotten Tomatoes:70/100%

IMDb:6.7/10点

(3)『アイアンマン2

▼あらすじ

トニーが自ら『アイアンマン』であることを公表してから半年、トニーはヒーローとして世界各地で起こるテロや紛争の解決を続けていた。

しかし、政府は恐るべき戦闘力を誇るアイアンマンのパワードスーツを個人が所有することに脅威を感じ、パワードスーツを政府に明け渡すことを要請するのであった。

トニーは要請を拒否するが、彼はアーマーの動力源にして、生命維持装置でもあるアーク・リアクターの動力源「パラジウム」が放出する毒素によって体を蝕まれつつあった。

そのため、トニーはスターク社のCEOを秘書のペッパーに譲り、後世に自身のテクノロジーを伝える博覧会「スターク・エキスポ」を盛大に開催するのであった。

しかし、トニーの亡き父に恨みを抱く謎の男“ウィップラッシュ”が現れ、トニーの命を狙ってくる!

公開日:2010年5月7日

監督:ジョン・ファヴロー

興行収入:約687億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.6/5点

映画.com:3.6/5点

Rotten Tomatoes:71/100%

IMDb:7.0/10点

(4)『マイティ・ソー

▼あらすじ

神々の国『アスガルド』の王・オーディンの息子・ソーは無敵の強さを誇り、勇猛な戦士であった。

だが、あまりの傲慢さゆえにオーディンの怒りに触れ、ソーは最強の武器“ムジョルニア”と全ての力を奪われ、地球へ追放されてしまう。

地球でソーは天文学者のジェーンらと出会い、人間の弱さや痛みに触れ、徐々に真の強さを学んでいくのであった。

だがその頃、ソーの義弟ロキの陰謀によってアスガルドは危機に瀕し、さらに恐るべき敵がソーを抹殺すべく、地球に迫ろうとしていた!?

公開日:2011年5月6日

監督:ケネス・ブラナー

興行収入:約495億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.5/5点

映画.com:3.5/5点

Rotten Tomatoes:76/100%

IMDb:7.0/10点

(5)『キャプテンアメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

▼あらすじ

第二次世界大戦中の1942年。強い愛国心を持つ青年スティーブ・ロジャースは兵士に志願していたが、ひ弱な体を理由に何度も入隊を拒否されていた。

戦略科学予備軍(SSR)の科学者であるエイブラハム・アースキン博士はスティーブの強い意志を知り、彼をSSRが行う「スーパーソルジャー計画」の被験者とするのであった。

実験は成功し、スティーブは超人的な身体を手に入れる。そして、超人兵士となったスティーブは、米国上院議員ブラントの依頼で星条旗をモチーフにしたコスチュームを着用し『キャプテン・アメリカ』という軍のマスコットキャラとして活動することになる。

その後、スティーブは自分の存在意義を改めて見つめ直し、親友のバッキーを敵の基地から救ったことをきっかけに、ナチスの影で暗躍する悪の組織ヒドラとの戦いに挑む!

公開日:2011年7月22日

監督:ジョー・ジョンストン

興行収入:約408億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.6/5点

映画.com:3.5/5点

Rotten Tomatoes:74/100%

IMDb:6.9/10点

(6)『アベンジャーズ

▼あらすじ

S.H.I.E.L.D.の研究施設にて、セルヴィグ博士が四次元キューブの研究をしていると、キューブは突然に活性化し始め、そこにワームホールが開いてロキが現れる。

ロキは四次元キューブを強奪すると、セルヴィグ博士とホークアイをマインドコントロールして配下に加え、逃走するのであった。

この危機を前に、S.H.I.E.L.D.の長官フューリーはスーパーヒーローたちの最強チーム『アベンジャーズ』を結成することを決め、5人のスーパーヒーロー(キャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソー、ハルク、ブラック・ウィドウ)が集結する!

しかし、集結させられたスーパーヒーローたちは考えの違いから、ひとつのチームとして戦うことができないでいた。

『アベンジャーズ』がお互いの足を引っ張っている一方、ロキはキューブの力でニューヨーク上空に巨大なワームホールを作り、チタウリの軍団を地球に侵攻させるのであった!

人類史上最大の敵を前に、果たして『アベンジャーズ』は地球を救うことができるのか?

公開日:2012年5月4日

監督:ジョス・ウェドン

興行収入:約1672億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.9/5点

映画.com:3.8/5点

Rotten Tomatoes:91/100%

IMDb:8.1/10点

 

―――【フェイズ2】―――

(7)『アイアンマン3

▼あらすじ

1999年の大晦日、トニー・スタークはスイスのパーティーで知り合った植物学者マヤ・ハンセンの部屋に向かう途中、シンクタンクA.I.M.の創設者である科学者・アルドリッチ・キリアンから商談を持ちかけられるが、軽くあしらってキリアンに屈辱を与える。

時は流れ、ニューヨークでのアベンジャーズの戦いから7ヶ月後、チタウリとの戦いで死にかけた経験から、アイアンマンことトニー・スタークは、深刻なPTSDと不眠症に陥り、パワードスーツへ依存するようになっていた。

その頃、アメリカ国内では、爆破テロを行っては犯行声明を流すテロリスト『マンダリン』が問題視されていた。

トニーの親友にして、アメリカ軍の大佐・ローディは、大統領の命令を受け、マンダリンの捜査を行っていたが、周囲に全く爆弾の痕跡を残さないことから、実行犯を特定できずにいた。

そんなある日、ペッパーの元にキリアンが現れる。キリアンはペッパーに、人間の脳の未使用領域を利用して人の能力を向上させる「エクストリミス」という研究を行っていることを打ち明け、その研究を共同で行おうと提案するが、研究が軍事利用される可能性からペッパーは断るのであった。

キリアンの同行者を不審に感じたハッピーは彼らを尾行し、同行者が謎のスーツケースを浮浪者に渡す現場を押さえるが、そのスーツケースに入っていた薬品を浮浪者が摂取した直後、高熱を発しながら爆発を引き起こし、ハッピーは重傷を負って昏睡状態となってしまう。

この事件がマンダリンの犯行であることを知ったトニーは、ハッピーの敵を討つため、マンダリンに宣戦布告をする!

宣戦布告後、トニーの自宅は謎の軍事ヘリの襲撃を受け、パワードスーツもろとも崩壊していく…。

絶体絶命の状況でトニーはマンダリンとどう戦うのか!?そして、謎の薬品の正体とは何なのか?キリアンとマンダリンの関係とは?

公開日:2013年4月26日

監督:シェーン・ブラック

興行収入:約1337億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.8/5点

映画.com:3.8/5点

Rotten Tomatoes:78/100%

IMDb:7.2/10点

(8)『マイティ・ソー/ダーク・ワールド

▼あらすじ

宇宙が誕生した時、ダークエルフのリーダー・マレキスは、インフィニティ・ストーンの中の一つである、エーテル(リアリティ・ストーン)を使い、宇宙を再び永遠の闇に戻そうとした。

アスガルドの先々代王にして、オーディンの父・ボーは、アスガルド軍を率いてマレキスに応戦し、何とかエーテルを奪い取る事に成功する。そして、エーテルはアスガルドの地中深くに封印されたのであった。

時は流れ、ニューヨークでのアベンジャーズの戦いから1年後、惑星直列の影響により世界各地で重力異常が発生していた。ソーの恋人にして、天文物理学者のジェーンは、ロンドンの廃墟で重力異常の調査をしている過程でアスガルドの地下にテレポートしてしまう。

そして、アスガルドの地下で封印されていた『エーテル』という液体状の物質を吸収してしまう。

ソーは様々な惑星の争いを治めるために奮闘していたが、ヘイムダルからジェーンが地球から消えた旨を聞き、再び地球に戻っていたジェーンをアスガルドに彼女を連れていき、彼女の身体を調べるのであった。

一方、エーテルの力を感じたマレキスが目覚めていた。そして、エーテルを吸収したジェーンがアスガルドにいる事を知ったマレキスは、腹心のアルグリムをアスガルドに送り込み、アスガルドに攻め込む!

公開日:2013年10月30日

監督:アラン・テイラー

興行収入:約709億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.6/5点

映画.com:3.6/5点

Rotten Tomatoes:76/100%

IMDb:6.9/10点

(9)『キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー

▼あらすじ

ニューヨークでのアベンジャーズの戦いから2年後キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースはS.H.I.E.L.D.の長官・フューリーの下でヒーロー活動をしていた。

そんなある日、S.H.I.E.L.D.の船舶が海賊に占拠される事件が発生する。スティーブとナターシャ(ブラック・ウィドウ)は対テロ作戦部隊S.T.R.I.K.E.チームと共に人質の救出へ向かう。

スティーブたちは無事に人質を救出することに成功するのだが、その任務中にナターシャが船のコンピュータからデータを取り込んでいるところをスティーブは見つける。

そして、彼女がフューリーから別の命令を受けていることを知り、スティーブはチームの中に別の目的を持ったメンバーがいることに不満を抱くのであった。

スティーブはS.H.I.E.L.D.本部へと帰還し、フューリーからスパイ衛星によって敵を捉え、3隻のヘリキャリアーによって先制攻撃する『インサイト計画』の説明を受ける。

フューリーはこの計画に賛同しつつも違和感を持ったため、ナターシャに密かに計画のデータを持ち帰るよう指示したのだった。

そして、データが解析できないことを不審に思ったフューリーは、世界安全保障委員会のアレクサンダー・ピアースに計画の延期を要求する。

しかしその後、スティーブ、ナターシャ、フューリーの3人は突然に反逆の疑いをかけられ、仲間であったはずのS.H.I.E.L.D.から命を狙われる!

S.H.I.E.L.D.の包囲網を逃れ、逃亡者となったスティーブたちであったが、彼らの前に謎の暗殺者”ウィンター・ソルジャー”が立ちはだかる!

誰が味方なのか?そして、真の敵は誰なのか?キャプテン・アメリカの正義をかけた戦いが始まる!

公開日:2014年3月26日

監督:ルッソ兄弟

興行収入:約786億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:4.1/5点

映画.com:4.0/5点

Rotten Tomatoes:92/100%

IMDb:7.8/10点

(10)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

▼あらすじ

2014年、宇宙海賊ラヴェジャーズの一員であったスター・ロードことピーター・クイルは、依頼を受けて惑星モラグに保管されていた『オーブ』を盗み出す。

クイルはノバ帝国の首都惑星ザンダーでオーブを売ろうとするが、そこにオーブを狙う美しくも危険な暗殺者ガモーラ、クイルに賭けられた賞金を狙う賞金稼ぎのロケットとグルートが鉢合わせし、4人が争っているうちにノバ軍警察が現れ、全員逮捕されてしまう。

ノバ軍が管理するキルン刑務所に投獄されたクイルたちは、「オーブの買い手がいる」というガモーラの話しから、お互いに協力して脱獄を成功させ、ガモーラの取引相手がいるという惑星ノーウェアに移動するのであった。

そこで、銀河でも有数の収集家タニリーア・ティヴァンことコレクターと会い、クイルたちは『オーブ』の正体がインフィニティ・ストーンの一つ『パワー・ストーン』であることを知る。

しかし、この話しを盗み盗み聞きしていたコレクターの使用人カリーナがパワー・ストーンに触れてしまい、コレクターの館を吹き飛ばす大爆発を引き起こしてしまう。

さらにその後、ドラックスが妻子の復讐のためにロナンをノーウェアに呼び寄せてしまい、クイル達はロナンとその兵に襲われ、『オーブ』を奪われてしまう。

そして、『オーブ』を手に入れたロナンは、オーブから『パワー・ストーン』をを取り出してコズミックハンマーに組み込むと、宇宙船を率いてザンダー星に攻め入るのであった!

この危機を前に、クイルたち宇宙の荒くれ者はどう立ち向かうのか!?

公開日:2014年8月1日

監督:ジェームズ・ガン

興行収入:約851億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.9/5点

映画.com:3.9/5点

Rotten Tomatoes:92/100%

IMDb:8.1/10点

(11)『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

▼あらすじ

ニューヨークでの戦いの末、ロキから回収したセプターは、S.H.I.E.L.D.によって管理と分析が行われていた。しかし、S.H.I.E.L.D.に潜入していたヒドラの残党によってセプターは奪われ、バロン・フォン・ストラッカーによって研究されていた。

この情報を入手したアベンジャーズは、ストラッカーの研究施設を襲撃し、セプターの回収に成功する。だが、この時にアイアンマンことトニー・スタークは、ストラッカーによって人体実験を受けた超能力者ワンダ・マキシモフによって、地球外の敵との戦いでアベンジャーズが全滅する幻覚を見せられていた。

その後、トニーは一時的にセプターの分析を申し出て、以前から構想していた人工知能による完璧な平和維持システム『ウルトロン計画』をアベンジャーズの他メンバーに黙って実行しようとするのであった。

その結果、ウルトロンは暴走し、「人類こそが地球を脅かす唯一の存在であり、人類を滅ぼすことが究極の平和に繋がる」という恐ろしい考えを持ってしまう。

そして、ウルトロンは進化と増殖を続け、人類を滅亡させるために恐るべき計画を実行する!アベンジャーズは人類滅亡の危機を防ぐことができるのか!?

公開日:2015年5月1日

監督:ジョス・ウェドン

興行収入:約1547億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.7/5点

映画.com:3.8/5点

Rotten Tomatoes:83/100%

IMDb:7.3/10点

(12)『アントマン

▼あらすじ

ソコヴィアでのアベンジャーズの戦いから数ヶ月後、3年前に窃盗罪で服役していたスコット・ラングは、刑期を終えて出所した。

スコットは愛する娘キャシーのため、更生を誓って再出発するのだが、前科がある彼に世間の風当たりは厳しく、職に就くことができても、前科が知られた途端にクビにされてしまう。

ついには、養育費の未払いを理由に、キャシーと会うことまで禁止されてしまうのであった。

そして、どん底に追い込まれたスコットは、昔の仲間と合流し、とある富豪が屋敷を留守にしているとの情報を得て、再び犯罪の道へと戻ってしまう。

屋敷へ潜入し、金庫を開けたスコットは、そこで金属のヘルメットと革のスーツから成る奇妙なコスチュームを発見し、盗み出すだった。

スコットは戦利品が金でなかったことに落胆しつつ、とりあえずコスチュームを着てみると、その途端、彼の身体はアリのようなサイズに縮小する!

なんとか元のサイズにスコットは戻り、コスチュームを屋敷に返しに行くが、その時にはすでに警察に犯行を察知されており、あえなく逮捕されてしまう。

そして、スコットの身柄を引き取りに来たのは、盗みに入った屋敷の主にして、天才科学者と名高いハンク・ピム博士であった。

潜入技術に長けた人材を求めていたピム博士は、実はわざと屋敷を空けて侵入者の来訪を待っており、スコットの手腕を見込んだピム博士は、彼に身長わずか1.5cmのヒーロー『アントマン』になってほしいと依頼する。

最愛の娘のために特訓を開始したスコットは、本当のヒーローとなり、人生のセカンド・チャンスをつかむことができるのか!?

『アントマン』となった彼の前に身体縮小スーツを軍事利用しようとしている敵が立ちはだかる!

公開日:2015年7月17日

監督:ペイトン・リード

興行収入:約572億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.9/5点

映画.com:3.8/5点

Rotten Tomatoes:86/100%

IMDb:7.3/10点

 

―――【フェイズ3】―――

(13)『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

▼あらすじ

ソコヴィアでのアベンジャーズの戦いから1年後、ヒドラの残党・ラムロウによるテロ計画を阻止するため、スティーブ(キャプテン・アメリカ)率いるアベンジャーズはナイジェリアの都市ラゴスに出撃する。

しかし、追い詰められたラムロウは、キャプテンを道連れに自爆を図り、それをワンダ(スカーレット・ウイッチ)が阻止しようとして、一般市民に犠牲者が出てしまう。

アベンジャーズはこの件で国際社会から批判を浴び、アベンジャーズが国連の管理下に置かれることを規定した『ソコヴィア協定』への署名を求められるのであった。

真っ先にトニー(アイアンマン)が協定に署名する一方、スティーブは国連の管理下に置かれると、「自分たちで判断して行動できなくなり、行動の責任が失われてしまう」ことから、『ソコヴィア協定』への署名を頑なに拒否する。

その後、ウィーンにて『ソコヴィア協定』の署名式が執り行われ、アベンジャーズからはナターシャ(ブラック・ウィドウ)が出席する。しかし、式典の最中に爆破テロが発生し、演説中だったワカンダ王国の国王が死亡してしまう。

そして、監視カメラの映像には、スティーブのかつての親友にして、ヒドラによって洗脳された暗殺者バッキー・バーンズ(ウィンター・ソルジャー)が映っており、バッキーは犯人として国際指名手配を受ける。

アベンジャーズは『ソコヴィア協定』によって勝手な行動をとることができなくなっていたのだが、スティーブは相棒のサム(ファルコン)と共にバッキーを追っ手から守るため、早速協定を破るのであった。

そして、アベンジャーズは二つに割れ、スティーブはトニーたち協定賛成派と衝突する!

公開日:2016年4月27日

監督:ルッソ兄弟

興行収入:約1269億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:4.1/5点

映画.com:3.9/5点

Rotten Tomatoes:89/100%

IMDb:7.8/10点

(14)『ドクター・ストレンジ』

▼あらすじ

スティーヴン・ストレンジは、ニューヨークの病院で天才神経外科医として順風満帆な生活を送っていた。

しかしある日、ストレンジは自動車事故を起こし、命は助かるものの、両手に酷い損傷を負ってしまう。

外科医であることに強いプライドを持っていたストレンジは、両手を治すためにありとあらゆる方法を試すが上手くいかず、ついには財産を使い果たし、唯一寄り添ってくれていた元恋人からも見放されてしまう。

絶望していたストレンジだが、ある日、「下半身不随になった男がある施設に行った後、平然と歩けるようになった」という噂を聞き、その男に会いに行くと、噂は本当で男は「カマー・タージで奇跡を賜った」と話す。

そして、ストレンジは最後の望みをかけてネパールのカトマンズへ向かうのであった。

カマー・タージでストレンジはエンシェントワンという女性に出会い、両手の治療を頼むが拒否され、代わりに魔術を教えられる。

その後、厳しい修行を経て魔術師となったストレンジは、世界を滅亡から救うため、闇の魔術師との戦いに巻き込まれていく!

公開日:2016年11月4日

監督:スコット・デリクソン

興行収入:約746億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.7/5点

映画.com:3.5/5点

Rotten Tomatoes:86/100%

IMDb:7.5/10点

(15)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

▼あらすじ

惑星ザンダーでのロナンとの戦い以降、クイル、ガモーラ、ドラックス、ロケット、グルートの5人は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』として、宇宙の平和を守るためにヒーロー活動をしていた。ガーディアンズは惑星ソヴリンの女王アイーシャからの依頼で、宇宙怪獣アビリスクからアニュラクス・バッテリーの施設を守る仕事に従事する。

仕事に成功したガーディアンズは、行方をくらませていたガモーラの妹ネビュラの身柄を引き取り、惑星ザンダーに送り届けて報奨金を受け取ろうと考える。

だが、惑星ソヴリンを出発したところで、ロケットがアニュラクス・バッテリーを盗んでいたことが判明し、ガーディアンズの宇宙船はソヴリンの艦隊に襲撃されてしまう。

ガーディアンズは反撃するも追い込まれ、絶体絶命の危機に陥った時、謎の宇宙船が現れてソヴリンの艦隊を撃破し、ガーディアンズの宇宙船は何とか惑星ベアハートに不時着する。

そして、彼らを助けた宇宙船から現れた老齢の男性・エゴは自らがクイルの父であると打ち明け、世話係のマンティスと共に、ガーディアンズ一行を自らの星に招待するのであった。

クイルとガモーラ、ドラックスはエゴの招待を受け、宇宙船の修理とネビュラの監視をロケットとグルートに任せ、エゴの星へ向かう。

星を所有しているというエゴの正体とは?そして、クイルを探していた理由とは何なのか?そこには恐るべき目的が隠されていた!?

公開日:2017年5月5日

監督:ジェームズ・ガン

興行収入:約950億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:4.3/5点

映画.com:4.1/5点

Rotten Tomatoes:87/100%

IMDb:7.7/10点

(16)『スパイダーマン・ホームカミング

▼あらすじ

ニューヨークでのアベンジャーズの戦い後、残骸処理会社を経営するエイドリアン・トゥームスは戦闘の余韻で発生した瓦礫を撤去する仕事を任されていたのだが、トニー・スターク(アイアンマン)と政府が設立したダメージコントロールによって仕事を奪われてしまう。

突如、仕事を失い、行き詰まったトゥームスは政府に未提出だったチタウリの残骸を再利用して武器を作り、それを密売することで利益を得ようと考えるのであった。

それから8年後、クイーンズに住む高校生のピーター・パーカーは、『ソコヴィア協定』を巡るアベンジャーズ同士の衝突の直前、トニーにスカウトされ、彼によって開発されたハイテクスーツを着用して戦いに参加する。

その後、ピーターは高校生活を送りながら、放課後は親愛なる隣人『スパイダーマン』として、クイーンズで街の犯罪を阻止する活動を行っていた。

そんなある日、ピーターはトゥームスの部下が密売を行っている現場に遭遇し、犯人たちを追跡して捕らえようとしたところを、ウィング・スーツで飛来したトゥームスに阻止されてしまう。

さらに、ピーターは上空から落とされ、湖に落水したところをトニーに遠隔操作されたアイアンマンによって助けられる。

その後、ピーターは運航中のフェリー内で行われる武器の取引現場を押さえようとするのだが、そこにもトゥームスが現れ、戦闘の余波でフェリーが沈没する寸前になってしまう。

ピーターは蜘蛛の糸で沈没を防ごうとするが、後一歩のところで失敗し、アイアンマンスーツを装着したトニーによって再び助けられるのであった。

トニーは独断専行の結果、自らと人々の命を危険にさらしたピーターからスーツを没収し、大人しくしているよう言うのだが、その一方でトゥームスはかつて無い程に大胆な計画を実行しようとしていた!

ハイテクスーツもトニーの手助けもない状況でピーターはトゥームスの計画を阻止することができるのか!?

公開日:2017年7月7日

監督:ジョン・ワッツ

興行収入:約969億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.7/5点

映画.com:3.7/5点

Rotten Tomatoes:88/100%

IMDb:7.5/10点

(17)『マイティ・ソー/バトルロイヤル

▼あらすじ

ソコヴィアでのアベンジャーズの戦いから2年後、炎の悪魔の国・ムスペルヘイムにて、ソーは神々の国アスガルドの滅亡(ラグナロク)を語る炎の巨人スルトに捕らえられていた。その後、ソーはなんとか拘束を解き、スルトを撃退してその兜をアスガルドへと持ち帰るのであった。

しかし、虹の橋(ビフレスト)の番人がヘイムダルからスカージに変わり、広場にはロキの像が立てられ、オーディンは芝居を見物をしているなど、アスガルドの様子がおかしいことにソーは気付く。そして、マレキスとの戦いで死んだと思っていたロキがオーディンに成り代わっていたことを暴くのであった。

ソーはロキにオーディンの居場所を問い詰めたところ、ロキによって地球にいることが判明し、ソーはロキを連れて地球に向かう。

二人はドクター・ストレンジの案内でオーディンと再会し、ソーはオーディンにアスガルドへの帰ることを提案するのだが、オーディンは自身の死期が近づいていることから拒否するのであった。

死の間際、オーディンは『ソーには死を司る女神・ヘラという姉がいること』、『ヘラの邪悪な心を危険視し、アスガルドの遥か彼方の異次元へと追放・幽閉していたこと』、そして『自分が死ねば、ヘラが解き放たれてしまう』という衝撃の事実を告げるのだった。

その後、ヘラを止めるようソーとロキに言葉をかけると、オーディンは二人の前で光となって消滅してしまう。そして、オーディンの死によってヘラが解き放たれ、彼女はアスガルドを支配しようと行動に移すのであった。

ソーとロキは最凶の敵ヘラを倒すことができるのか!?そして、ラグナロクとは一体何が起こるのか?

公開日:2017年11月3日

監督:タイカ・ワイティティ

興行収入:約940億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:4.0/5点

映画.com:3.8/5点

Rotten Tomatoes:87/100%

IMDb:7.9/10点

(18)『ブラックパンサー』

▼あらすじ

遥か昔、地球のアフリカにヴィブラニウムと呼ばれる鉱石でできた隕石が落ちてきた。やがて、その地で5つの部族が戦争を始め、一人の戦士がヴィブラニウムの影響を受けたハーブを摂取したことで、超人的な身体能力を得て『ブラックパンサー』となった。そして、彼の下にジャバリ族を除く4つの部族が集まり、ワカンダ国となったのであった。

時は流れ、アフリカの秘境にありながら、ワカンダは世界のどの国もが作れないような最新テクノロジーを持つ超文明国となっていた。

『ソコヴィア協定』の署名式で発生した爆破テロによって、ワカンダ国王であった父を失い、急遽、王位を継いだティ・チャラは、この国の秘密を守る使命を背負うことになる。

ある日、ティ・チャラの前に前国王の弟・ウンジョブがアメリカ人女性との間に儲けた一人息子エリック(ウンジャダカ)が現れ、父・ウンジョブの悲願である黒人の社会的立場向上のため、ワカンダのテクノロジーによる世界征服を企み、ティ・チャラに王位をかけた決闘を挑むのであった!

ティ・チャラは祖国ワカンダを!そして世界を守ることができるのか!?

公開日:2018年2月16日

監督:ライアン・クーグラー

興行収入:約1483億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.6/5点

映画.com:3.6/5点

Rotten Tomatoes:79/100%

IMDb:7.3/10点

(19)『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

▼あらすじ

『インフィニティ・ストーン』とは、宇宙誕生以前に存在した6つの特異点が、大爆発によって宇宙が生まれた時に残骸となり、6つのエネルギーの結晶へと姿を変えたもの。6つの結晶は、それぞれ『スペースストーン、マインドストーン、リアリティストーン、タイムストーン、パワーストーン、ソウルストーン』と呼ばれ、異なるパワーを秘めており、6つすべてを手に入れると、全宇宙を滅ぼす無限大の力を得ることができると言われている。

そのインフィニティ・ストーンを狙う宇宙で最凶最悪の敵サノス。サノスの野望を阻止するため、アベンジャーズ、スパイダーマン、ドクター・ストレンジ、ブラックパンサー、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーといったスーパーヒーロー達が集結し、人類の命運を賭けた壮絶な戦いに挑む!

アズガルドが滅んだ後、ロキはソーが率いるアスガルドの民を乗せた避難民船に同行し、地球に向かっていた。しかし、その道中で避難民船はサノスに強襲され、ロキはソーの命を助けるためにサノスへと四次元キューブ(スペース・ストーン)を渡した後、殺されてしまうのであった。

その後、サノスは惑星ノーウェアでコレクターからリアリティ・ストーンを奪い、遅れて到着したガーディアンズを待ち伏せし、ガーディアンズを個別に撃破した後、ソウル・ストーンの在りかを突き止めるため、ガモーラを連れ去るのであった。

そして、次々とインフィニティ・ストーンを手に入れたサノスは、最後のストーン(マインド・ストーン)を求めて、艦隊を率いて地球に攻め込むのであった!

果たして彼らは地球を、そして人類を救えるのか!?

公開日:2018年4月27日

監督:ルッソ兄弟

興行収入:約2255億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:4.2/5点

映画.com:4.1/5点

Rotten Tomatoes:91/100%

IMDb:8.5/10点

(20)『アントマン&ワスプ』

▼あらすじ

1987年、ハンク・ピムの妻にして初代ワスプことジャネット・ヴァン・ダインは、ハンクとの任務中、ソ連の核ミサイルを停止させるために限界まで縮小し、量子の世界に取り残されてしまった。

それから28年後、ハンクと娘のホープは長い間、ジャネットの死を悼み続けていた。そして、新たに仲間となったスコット・ラング(二代目アントマン)が量子の世界から帰還することに成功たことから、彼らは再びジャネットを取り戻すための研究に没頭するのであった。

しかし、『ソコヴィア協定』を巡るアベンジャーズ同士の衝突にスコットが巻き込まれ、『ソコヴィア協定』に違反したことでスコットは逮捕されてしまう。

スコットはドイツ政府と司法取引を行い、アメリカへ帰国した後は自宅に軟禁され、FBIの監視下にあった。

そして、2年に及ぶ軟禁生活が終わりを告げる頃、スコットは量子の世界でジャネットに関する夢を見て、軟禁されてから絶縁状態となっていたハンクに連絡を取るのであった。

スコットが見たのははただの夢なのか?それともジャネットの探索に役立つヒントなのか!?

公開日:2018年7月6日

監督:ペイトン・リード

興行収入:約685億円

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.9/5点

映画.com:3.7/5点

Rotten Tomatoes:76/100%

IMDb:7.1/10点

(21)『キャプテン・マーベル

▼あらすじ

1995年、クリー帝国で目覚める前の記憶を失っていたヴァースは、クリー帝国の精鋭部隊”スターフォース”のメンバーとして活動していた。

ある日、”スターフォース”は敵対するスクラル人たちの情報を得るため、敵地に潜入していた工作員を救助する任務を与えられるが、その工作員からの救助信号はスクラル人の司令官タロスが仕掛けた罠であった。

”スターフォース”は大勢のスクラル人による待ち伏せを受け、ヴァースは捕らえられてしまう。ヴァースはなんとかスクラル人の宇宙船から脱出するのだが、地球に不時着してしまう。

そして、ヴァースは地球で国際平和維持組織『S.H.I.E.L.D.』のエージェントであるニック・フューリーと出会い、彼女の失った記憶を取り戻す旅に出るのであった。

公開日:2019年3月15日

監督:アンナ・ボーデン、ライアン・フレック

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.9/5点

映画.com:3.8/5点

Rotten Tomatoes:56/100%

IMDb:7.1/10点

(22)『アベンジャーズ/エンドゲーム

▼あらすじ

宇宙の均衡を保つため、無限の力を持つインフィニティ・ガントレットを使い、全生命の半数を消滅させたサノス。

それから5年後、サノスは目的を果たしたことから、自らインフィニティ・ストーンを破壊していた・・・。

ヒーローたちも愛する者を失い、打ちひしがれていた。しかし、悲しみの中から不屈の闘志を持って、アベンジャーズは再び立ち上がる!

アベンジャーズは消えた人々を生き返らせるため、過去にタイムトラベルしてインフィニティ・ストーンを集めるミッションに挑む!

そして、再びサノスとの戦いに挑む!

公開日:2019年4月26日

監督:ルッソ兄弟

 

▼レビューサイトでの評価

Yahoo!映画:3.8/5点

映画.com:4.3/5点

Rotten Tomatoes:88/100%

IMDb:8.8/10点

※2019年4月時点で22作品が公開されています。

※公開済み22作品のうち、アベンジャーズシリーズは4作品です。


次に、実際の作品内での時系列順にまとめていきますね!

▼時系列順のマーベル映画

  1. 『キャプテンアメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年公開)
  2. 『キャプテン・マーベル』(2019年公開)
  3. 『アイアンマン』(2008年公開)
  4. 『アイアンマン2』(2010年公開)
  5. 『インクレディブル・ハルク』(2008年公開)
  6. 『マイティ・ソー』(2011年公開)
  7. 『アベンジャーズ』(2012年公開)
  8. 『アイアンマン3』(2013年公開)
  9. 『マイティ・ソー/ダークワールド』(2013年公開)
  10. 『キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー』(2014年公開)
  11. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年公開)
  12. 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年公開)
  13. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年公開)
  14. 『アントマン』(2015年公開)
  15. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年公開)
  16. 『ドクター・ストレンジ』(2016年公開)
  17. 『スパイダーマン・ホームカミング』(2017年公開)
  18. 『ブラックパンサー』(2018年公開)
  19. 『マイティ・ソー/バトルロイヤル』(2017年公開)
  20. 『アントマン&ワスプ』(2018年公開)
  21. 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年公開)
  22. 『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年公開)

いかがですか?

ポイントとしては、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』が作品内の時系列では一番最初なことです!

なので、マーベル映画をこの順番で観ていただけると、『アベンジャーズ』シリーズをより楽しく観ることができると思います!

「でも、22作品も観る時間がない!」という人にはシリーズ別で観ていき、お気に入りのキャラクターを見つけるのもおすすめです!

ぜひ観て欲しいシリーズとしては、

・キャプテンアメリカ3部作

・マイティソー3部作

・アベンジャーズ4部作

の10作品です!

▼マーベル映画の評価ランキング

【1位】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』評価86.3/100点

【2位】『アベンジャーズ/エンドゲーム』評価85.7点/100点

【3位】『キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー』評価83.7点/100点

【3位】『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』評価83.7点/100点

【5位】『アベンジャーズ』評価83.0点/100点

【6位】『アイアンマン』評価82.7点/100点

【6位】『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』評価82.7点/100点

【8位】『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』評価82.3点/100点

【9位】『マイティ・ソー/バトルロイヤル』評価81.3点/100点

【10位】『スパイダーマン・ホームカミング』評価79.0点/100点

【11位】『アントマン』評価78.7点/100点

【12位】『ドクター・ストレンジ』評価77.7点/100点

【13位】『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』評価77.0点/100点

【14位】『アイアンマン3』評価75.3点/100点

【15位】『ブラックパンサー』評価74.7点/100点

【16位】『アントマン&ワスプ』評価74.3点/100点

【17位】『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』評価72.3点/100点

【18位】『マイティ・ソー』評価72.0点/100点

【19位】『キャプテンアメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』評価71.3点/100点

【20位】『アイアンマン2』評価71.0点/100点

【21位】『キャプテン・マーベル』評価68.0点/100点

【22位】『インクレディブル・ハルク』評価67.7点/100点

※点数はYahoo!映画、映画.com、Rotten Tomatoes、IMDbでの評価をもとに算出しております。

▼今後公開予定のマーベル映画

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年7月5日公開予定)



コメントを残す